フロンターレU18 – 横浜FCユース / プリンスリーグ関東第2節


4月15日は横浜FC・LEOCトレーニングセンターへ。前節山梨学院高校に4-0で勝利し、プリンスリーグ関東の開幕戦を勝利で飾った川崎フロンターレU-18は、横浜FCとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 プリンスリーグ関東第2節 vs 横浜FCユース】
4月15日(土)午後2時キックオフ 横浜FC・LEOCトレーニングセンター 晴れ

フロンターレの先発はGK1早坂勇希、DFは右から5小川真輝、34高吉正真、3新井秀明、11デューク・カルロス、ボランチはキャプテン10村田聖樹、15池谷祐輔、右MF26横田大祐、左MF20上野綜太、FW9山田新、18宮代大聖。前節先制点を決めた13大曽根広汰は体調不良のため、また7桝谷岳良はJリーグ選抜に選ばれたため、ともにメンバー外に。

横浜FCユースの先発はGK1加茂剛。DFは右からキャプテン7橋本健人、3伊藤柾、5神山京右、15藤本裕也、中盤の底に25井上惇、2列目は右から8三木結斗、6白川浩人、23平松功輝、19宮本大椰、FW11高田稜平。

晴天に恵まれながらも強い風が時折吹き付ける中、始まった試合。横浜FCユースはサイドを起点に立ち上がりから攻勢に。左サイドから平松が宮本との連係でフロンターレのゴールへ迫り、また最終ラインの伊藤がサイドの裏のスペースへフィードを入れてきますが、小川真輝がこれに対応。フロンターレは高吉、新井が高い位置にラインを上げてコンパクトに。6分にはカウンターから高田がエリア前へ抜け出しますが、高吉がこれに対応。また、新井も横浜FCの前線へ入れるボールにしっかり対応し、しのいでいきます。9分にはフロンターレは、上野が左サイドをドリブルで仕掛けて前へ。コーナーキックを得ると、一度はしのがれたものの、再び得た左からのコーナーキック、小川真輝が入れたボールをエリア右で拾ったのは、デューク。左足を振り抜くと、ゴールネットが揺れます。1-0。先制点はフロンターレへ。

フロンターレは直後にもさらに右サイドへ展開すると、横田がドリブルで仕掛けてエリア右へパス。これに山田が抜け出してシュートを打つも上へ。それでもフロンターレは距離感良く、井上や平松に白川、高田がかかわって中盤でパスを回そうとする横浜FCに対して、村田や池谷らがよくボールを奪って攻撃につなげていきます。

15分には池谷のパスに宮代がエリア右抜け出し、シュートを打つもブロック。さらに池谷の縦パスにエリア右、またも宮代が抜けるもここもシュートは決められず。

直後にはエリア前、横浜FCの白川がうまくボールを受けて前を向こうとしますが、フロンターレは人数をかけて囲い込み、ボールを奪取。さらに橋本の右裏へのパス、白川が抜け出しますが、ここもしっかり戻ってシュートにはつなげさせず。時には村田も最終ラインの前でねばり強い守備を見せて、高田からボールを奪うなど、体を張ったプレーが続いていきます。22分には横田が右からサイドチェンジし、左サイドの上野へ。上野のパスにデュークが左サイドの高い位置へ抜け出しますが、ここは横浜FCの選手がクリア。

逆に横浜FCも中盤でのパス回しから右サイドへ展開。エリア右へ迫りますが、デュークが切り替えよく戻り、三木に体を寄せボールを奪いきり、シュートには至らせず。

27分には池谷の縦パスにエリア左、上野が抜け出してエリア右へパス。宮代がシュートを打ち、さらにこぼれたボール、横田もシュートを打ちますが横浜FCの体を張った守備。追加点とはならず。

ここで横浜FCは早くも宮本を下げて10飯澤良介がピッチへ。30分にはその飯澤が右サイドへ顔を出してクロスを上げますがこれは早坂がキャッチ。さらに32分にはサイドへ展開し、エリア前でリターンを受けた平松がミドルシュート。しかし、上へ。横浜FCは2列目から裏へ、平松が積極的に顔を出しますが、村田やデュークがカバー。さらに白川から左サイドへ展開し、飯澤が仕掛けるも小川真輝がクリア。下がって高田がボールを受けようとすると、池谷や村田が一斉に奪いにいき、起点をつくらせず。デュークや上野が横浜FCの三木や橋本の攻勢にも対処。45分にはエリア内、高田に抜け出されますが、新井が寄せてシュートを打たせず。前半は1-0。タイムアップとなります。

後半は立ち上がり、最終ラインをコンパクトに全体を押し上げ、横浜FCが前へ出てきますが、宮代も中盤まで下がってプレッシャーをかけるなどして、逆に攻撃につなげていくと、4分には小川真輝の右コーナーキック、新井が飛び込みますが、惜しくも触ることはできず。

さらに6分には上野が宮代とのパス交換からエリア左へ進入。シュートを打つも上へ。フロンターレはさらに細かくパスを回してリズムをつかんでいくと7分、小川真輝が右サイドからエリア右へ縦パス。これを受けた宮代がうまく前を向いたことで横浜FCの選手を外して、GK加茂と1対1に。シュートを放つと、ボールはゴールの中へ。2-0。突き放します。

12分にはさらに宮代が前線でうまくボールをおさめて左へ展開。上野が仕掛けますが、ここは横浜FCの選手に阻まれてシュートには至らず。

横浜FCは15分には飯澤に代わり18川野太壱がFWに。直後には右サイドから左へ展開し、飯澤が仕掛けますが、小川真輝がしっかり対処。エリア内へ近づかせず。さらに直後にもエリア内左へ飯澤が進入しますが、うまく小川真輝が寄せ、倒れた飯澤にはファールを誘ったとして、イエローカードが提示されます。

しっかり前線の選手も守備に戻って、切り替えの良さを見せてきたフロンターレでしたが、20分近くになると次第に運動量が落ちて、ボールを奪ったところから攻撃へ転じることがなかなかできなくなります。18分にはエリア前でファールを与えて、横浜FCの三木が左足でうまく巻いたフリーキックをゴール右隅へ放ちますが、ここは早坂がしっかりキャッチ。直後にもエリア左でファール。ここも三木がファーへ合わさせるようなボールを入れてきますが、ラインを割ってシュートには至らず。さらに21分、飯澤のパスにエリア内、平松が抜け出しますが、ここは高吉が寄せてシュートには至らせず。22分にはまたもエリア前でファールを与えると、三木がエリア内へボールを入れてきますが、新井がクリア。23分には橋本の右からのアーリークロス、エリア内で平松が落としたボール、ダイレクトで白川がシュート。枠をとらえますが、早坂がしっかりキャッチ。

しのいできたフロンターレでしたが、25分エリア内、横浜FCの人数をかけた攻勢、エリア右へボールがこぼれると三木のシュートがオウンゴールにつながり、2-1。1点差とされてしまいます。ここで横浜FCは白川に代わってフロンターレU-15出身の14安永玲央がピッチへ。さらに続く横浜FCの攻勢。27分には縦パスからエリア右、井上が抜け出すも早坂が前へ出てシュートは打たせず。

フロンターレも直後にはようやく高吉が縦へパスを入れて横田へ。横田が宮代とのパス交換からエリア右へ進入しますが、ここはGK加茂の方が前へ出るのが速くシュートには至らず。さらにエリア前、橋本がパス交換からするすると抜け出し、シュート。ここはワンタッチあり、決まらず。しかし、動きが落ちたフロンターレはなかなか横浜FCの選手をつかまえることができず。「一人一人責任をもってやろう」。キャプテンの村田が声をかけます。

32分には山田に代わり、14古屋雄帆がピッチへ。前から宮代、横田らと連動してプレスをかけていきます。それでも続く横浜FCの攻勢。33分には橋本の右クロスを平松が落とし、エリア右、藤本がシュートを打つも新井がブロック。さらに平松が仕掛けて左サイドへ展開。飯澤が抜け出しますが、村田と小川真輝が挟み込んでエリア内へは近づかせず。38分委はセンターライン付近からの三木のフリーキック、エリア内で折り返されますが、ここはクリア。

38分には横浜FCは井上に代えて9板東律が入りFWに。橋本が中盤へ上がって、あらに攻撃に厚みを持たせていきます。
それに対してフロンターレは上野に代わって4伊従啓太郎を入れ、相手ボール時には、最終ラインは小川真輝、伊従、高吉、新井、デュークと5バックにして対処。
42分には橋本の右クロス、エリア左、飯澤が折り返しますが、早坂がそのボールをキャッチ。さらにエリア前、川野にボールを入れて横浜FCは迫るも伊従と村田が囲い込んで対処。ロスタイムにも藤本が高い位置へ上がるなどして、横浜FCは攻勢をかけてきますが、池谷や横田が力を振り絞って自陣に戻って起点をつくらせず。

試合はついにタイムアップ。2-1。昨年のプリンスリーグでは、アウェーでは数的優位に立ちながらも引き分け、ホームでは0-2で敗戦。今年の新人戦決勝でも0-1で敗れ、苦杯を喫した横浜FCに対して、フロンターレは勝利を収めました。

前半1-0 後半1-1 計2-1
得点:デューク・カルロス、宮代大聖(川崎)オウンゴール(横浜FC)

フロンターレの先発:1早坂勇希、5小川真輝、34高吉正真、3新井秀明、11デューク・カルロス、10村田聖樹(c)、15池谷祐輔、26横田大祐、20上野綜太、9山田新、18宮代大聖
交代:山田→14古屋雄帆 上野→4伊従啓太郎
控え:16安福祐一 2養日幹大 23島崎元 8奥山璃空 25古岡佑斗 30山内日向汰 36黒川海翔

横浜FCユースの先発:1加茂剛。7橋本健人(c)、3伊藤柾、5神山京右、15藤本裕也、25井上惇、8三木結斗、6白川浩人、23平松功輝、19宮本大椰、FW11高田稜平
交代:宮本→10飯澤良介 高田→18川野太壱 白川→14安永玲央 井上→9板東律

フロンターレはプリンスリーグ関東、開幕から2連勝とし、首位に。運動量が落ち苦しい時間帯がこの日はありましたが、昨年と同様、最後のところではやらせないねばり強さが印象的です。

次節は4月22日午後1時半キックオフ。等々力第一サッカー場にて、三菱養和SCユースとの試合に臨みます。

(文中敬称略)

早坂勇希選手

養日幹大選手
古岡佑斗選手
山内日向汰選手
円陣を組む

早坂勇希選手
新井秀明選手
上野綜太選手
デューク・カルロス選手
コーナーキックのこぼれ球を拾いデューク・カルロス選手が決める

山田新選手
新井秀明選手
横田大祐選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
村田聖樹選手
新井秀明選手
池谷祐輔選手
高吉正真選手

高吉正真選手
池谷祐輔選手
宮代大聖選手
早坂勇希選手
宮代大聖選手
新井秀明選手

池谷祐輔選手
小川真輝選手
前半は1-0

奥山璃空選手
黒川海翔選手
伊従啓太郎選手
後半へ
横田大祐選手
宮代大聖選手
高吉正真選手
横田大祐選手

宮代大聖選手
新井秀明選手
見事にゴールを決めて飛び上がる

横田大祐選手
フロンターレU-15出身、横浜FCユースの安永玲央選手
古屋雄帆選手
高吉正真選手
伊従啓太郎選手

体を張った守備でしのぐ
古屋雄帆選手
村田聖樹選手
横田大祐選手
2-1でタイムアップ
猛攻に苦しむもしのぎきった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です