フロンターレU15 – レイソルU15 / メトロポリタンリーグ


カレンダーどおりならば三連休の最終日にあたる10月12日は日立柏グラウンドへ。まず行われたのはフロンターレU-15の2年生たちの公式戦メトロポリタンリーグ。非常にいい天気にも恵まれたなかでの試合となりました。

【川崎フロンターレU-15 メトロポリタンリーグvs柏レイソルU-15】
10月12日(月)午後2時2分キックオフ 日立柏グラウンド 晴れ

試合を前にしたフロンターレU-15の選手たち
試合を前にしたフロンターレU-15の選手たち

フロンターレのスタメンはGK21安福祐一、DFは右から34有山佑汰、37道間雄生、27澤田泰大、24山崎健翔、ボランチは29安田捷人、ゲームキャプテン26小澤星夜、トップ下に22黒川海翔、右MF30有田恵人、左MF32山内日向汰、FW38ディアウ勇守歩。本来は35が背番号の道間はこの日も37のユニホーム。

立ち上がりに仕掛けたのはレイソル。3分10番の右クロスはクリアしますがセカンドボールを拾われエリア左から6番にシュートを打たれますが安福が抑えます。

一方のフロンターレは8分有山が前線へ送ったボールをディアウがキープし最後は安田がミドルシュートを放ちますが、GKが抑えて決まらず。さらにフィードに抜け出したディアウがエリア左でキープし折り返したボールを受けた黒川がエリア前やや左からシュートを打ちますがこれもGKに。25分には高い位置でボールを奪った澤田の縦パスを起点に山内がボールを拾うとさらに前線へ送ったボールを有田が拾いシュート、さらに黒川が詰めますがこれも決まらず。

らしさあふれるうまいボール回しを見せつつもなかなかシュートを打てないでいたレイソルもCB20番の縦パスを受けた10番がうまく前を向いてエリア前正面からシュート。ここは安福が落ち着いてキャッチをしますが、ここからフロンターレは受けに回ってしまいレイソルの攻勢にさらされることに。30分には5番が左足で入れた右コーナーキックに19番が頭で合わせるもこれはバーへ。さらに33分には右サイドからのフリーキックにエリア内で合わされますが何とかクリア。終盤はひやりとする展開が続きつつも前半は0-0でタイムアップとなります。

高い位置でのプレーが目立った有山選手
高い位置でのプレーが目立った有山選手

ゲームキャプテンは小澤選手
ゲームキャプテンは小澤選手

黒川海翔選手
黒川海翔選手

安田選手は前半のみの出場
安田選手は前半のみの出場

後半のフロンターレは安田に代わり18浅倉廉が入り左MFに。山内がボランチに移ってのスタート。
立ち上がりから攻勢に出たのはレイソル。3分、高い位置でボールを奪うと10番が左から入れたボールにエリア内右詰めた8番がネットを揺らして0-1。先制はレイソル。

しかし、すぐに追い付いたのはフロンターレ。フィードに山内がエリア右へ抜けるとパス交換で崩してこぼれ球を拾ったディアウが決めて1-1。ディアウはすぐさまボールを拾ってセンターサークルへ。

先制されたがディアウ選手が同点ゴールを決めて追い付いた
先制されたがディアウ選手が同点ゴールを決めて追い付いた

7分には右クロス、ダイレクトで山内が合わせますがうまくミートできず。しかし、もしも決めてればスーパーなゴールというアイデア。

10分には勝ち越しを狙うレイソル、右コーナーキックのこぼれ球を拾った10番がエリア前正面から低い弾道のミドルシュート、これはゴール左をとらえますが安福が好セーブを見せこぼれ球も何とかクリア。16分には11番がドリブルで仕掛けるとプレスにいけずに後ろへDFたちが下がってしまいゴールへ迫られますが安福が飛び出して事なきをえます。

直後にはフロンターレも左から浅倉が仕掛けてエリア右へボールを入れると有山のクロスから黒川がシュートを放ちますがGKへ。

ここで黒川に代わり25佐藤聖真。

ともにコーナーキックからゴールへ迫る時間帯が続きましたが、ゴールは流れの中から。24分右サイドから有田が仕掛けて一人をかわしてエリア前へボールを送るとこれがGKとDFの間への好ボールとなり、詰めたのは山内。倒れながらもゴールへ流し込み2-1。

山内選手が決めて逆転
山内選手が決めて逆転

IMG_9845

ここでフロンターレは有山に代わり1年生の10戸水利紀。右MFに入り、有田が右SBに。

反撃に出たレイソル。27分にはエリア左からのフリーキック、エリア内で9番に拾われ近い位置からシュートを打たれますがライン上で澤田がクリアする好守。

直後には山内のスルーバスにディアウが抜け出して1対1になりますがレイソルのGK21番が足で止める好守を見せこぼれ球を拾った戸水のシュートはDFがブロック。突き放すことはできません。

たびたび好守を見せたフロンターレもさらにエリア左からのレイソルのフリーキック、エリア内で15番が拾いシュートを打ちますが、またも安福が好セーブ。一方のレイソルもセンターサークル付近から佐藤が仕掛けてシュートに持ち込んだところを再びGK21番が足で止める好守。終盤まで非常に引き締まった展開となり、2-1。フロンターレが勝利してのタイムアップ。

有田をはじめ前線から連動してプレスをうまくかけにいったこと、そして球際の強さも印象的な試合となりました。

ドリブルでしかける山崎健翔選手
ドリブルでしかける山崎健翔選手

左から好機をつくった浅倉選手
左から好機をつくった浅倉選手

ドリブルで仕掛ける黒川海翔選手
ドリブルで仕掛ける黒川海翔選手

1ゴールのディアウ選手
1ゴールのディアウ選手

佐藤選手は途中出場
佐藤選手は途中出場

前半0-0 後半2-1 計2-1
フロンターレの得点:ディアウ勇守歩、山内日向汰

フロンターレの先発:21安福祐一、34有山佑汰、37道間雄生、27澤田泰大、24山崎健翔、29安田捷人、26小澤星夜=cap、22黒川海翔、30有田恵人、32山内日向汰、FW38ディアウ勇守歩
交代:安田→18浅倉廉 黒川→25佐藤聖真 有山→10戸水利紀
(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です