「声援」 / 2018年フロンターレ・アカデミー紹介


「美しく感動を与えるプレーをしたいです。トップチームのように優勝を目指します。10年後等々力のピッチに立てるように頑張ります。熱い声援をお願いします」(フロンターレU-12のキャプテン齊名優太選手)

「今年は関東ユース、クラブユース、高円宮杯でいい成績をとれるようチーム一丸となって頑張ります。あたたかい声援をお願いします」(フロンターレU-15のキャプテン小室愛樹選手)

「今シーズンの目標は団結です。昨年はクラブユース、Jユース、プリンスリーグで好成績を残しました。昨年を越えられるよう、チーム一丸となって努力をします。声援をお願いします」(フロンターレU-18のキャプテン高吉正真選手)

3月10日等々力陸上競技場で行われたJ1リーグ第3節、川崎フロンターレvsガンバ大阪。試合前には、フロンターレのアカデミーの各チームが紹介され、U-10からU-18までの各選手がサポーターの前に登場。監督やコーチも見守るなかで行われた3人のキャプテンの挨拶は、それぞれチームへのサポートを呼び掛ける言葉で締めくくられたことが、印象に残りました。

U-15のリーグ戦である関東ユース(U-15)サッカーリーグが始まり、4月にはU-18のプリンスリーグやU-12のダノンネーションズカップなど、大きな大会が始まります。トップチームと同様に、フロンターレのエンブレムを胸にサッカーへ取り組む選手たち。試合会場に足を運び、声をかけることがきっと大きな力になると思います。

お時間があれば、ぜひ川崎の将来を担う選手たちの試合へ。多くのサポーターの声援が、選手の背中を押すことになれば、幸いです。

フロンターレU-12のキャプテン齊名優太選手

フロンターレU-15のキャプテン小室愛樹選手
フロンターレU-18のキャプテン高吉正真選手

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です