桐蔭横浜大 – 東北選抜 / 全日本大学サッカー新人戦グループリーグ第3節


12月20日は流通経済大学サッカー場へ。大学1年生、2年生を対象とした全国大会、全日本大学サッカー新人戦が17日から行われており、この日は予選リーグの最終節。川崎フロンターレU-18出身のGK早坂勇希が登録されている桐蔭横浜大と、同じくU-18出身、仙台大のDF伊従啓太郎がいる東北選抜が対戦しました。

 

新人戦には、全国の大学や選抜チーム計12チームが出場しており、4チームずつ3グループに分かれ、予選リーグを行い、各グループの首位と、2位の最上位が決勝トーナメントへ進むことができます。

 

桐蔭横浜大は1勝1敗で勝てば、決勝トーナメントへ進む可能性があり、東北選抜は、2敗でこの大会の最終戦となりました。

 

【全日本大学サッカー新人戦予選リーグ第3節 桐蔭横浜大 vs 東北選抜】

12月20日(木)午後2時半キックオフ 流通経済大サッカー場 晴れ

 

両チームと同じグループCの同じグループ、関西大が福山大を5-0で下したのに続いての試合。

 

桐蔭横浜の先発は、GK1早坂勇希、最終ラインは右から17中村禄郎、3遠藤凌、キャプテンの4上田駿斗、6岩下航、中盤には7神垣陸、8橘田健人、5浅野嵩人、右に16宮寺優斗、左に10鳥海芳樹、前線には19篠原友哉。

 

東北選抜の先発は、GK1長谷川祐大、最終ラインは右から2吉村寿輝、6谷地朝日、5伊従啓太郎、20石川陸、中盤は18鯰田太陽、13進藤悠紀、7舘田晃太、右に8細山海斗、左に16伊藤宙、FW14青木汰百。

 

風も少なく、穏やかな天気の流通経済大サッカー場。立ち上がり、桐蔭横浜は、ラインを高め、後ろから組み立てつつ、サイドに。2分には早坂から右へ展開。高い位置から折り返すと、篠原がシュートを打つも、東北選抜はブロック。右コーナーキックに。

 

右から神垣が右足でボールを入れ、セカンドボールを拾い、攻めに出る桐蔭横浜。これに対してエリア内で、東北選抜にファールがあり、桐蔭横浜はPKを得ます。

 

キッカーは岩下。しかし、正面を狙ったシュートは、東北選抜のGK長谷川がセーブ。好守でピンチをしのでいきます。

 

なおも桐蔭横浜は、左サイドの高い位置へ岩下が顔を出し、橘田がエリア内へ斜めに仕掛けるなどしてゴールへ迫りに。篠原が中盤に下り、空いたスペースに鳥海らが積極的に飛び出していきます。

 

東北選抜もエリア近くでコンパクトに集中した守りを見せ、伊従もエリア右に進入した橘田に厳しい寄せを見せ、ボールを奪い取るなどして、好守を見せていきます。

 

試合は桐蔭横浜が、ボールを回していく時間が続き、13分には橘田のパスにエリア右へ抜け出した篠原が左へ流れら最後はエリア右から鳥海がシュート。左へそれましたが、前線の選手が流動的に動いて、ゴールへ迫りに。

 

東北選抜は途中から吉村が中盤、進藤が最終ラインの右に。吉村が中央でボールをカットし縦へ運ぶ場面をつくるものの、なかなかシュートにつなげることはできず。

 

それでも19分にはボールをカットし縦へ仕掛ける鳥海に対し、粘り強く伊従が寄せ、それを許さず。さらにエリア右に進入した宮寺が折り返しますが、伊従がエリア内で足で止め、石川につなげるようなボールを出し、落ち着いた対応を見せていきます。

 

東北選抜は、吉村が高い位置でボールをものにする場面をつくっていきますが、舘田や吉村のシュートは枠をとらえることはできず。

 

すると25分、桐蔭横浜は右からクロスを入れると、エリア右で進藤が触ったボールは、ゴール左へ。1-0。オウンゴールで桐蔭横浜が先制します。

 

桐蔭横浜は鳥海が左サイドから斜めにエリア前に仕掛け、空いたスペースを岩下が駆け上がるなどしてさらに攻勢に。27分には左コーナーキック、神垣が右足でボールを入れると遠いサイドで上田が折り返し、エリア右で篠原がボールをおさめ、最後は岩下がシュート。しかし、GK長谷川がセーブ。

 

東北選抜も鯰田がエリア左へ動き出す舘田を狙ってパスを出すも、桐蔭横浜は切り替えよく中村がカバー。伊従も左サイドへ流れた舘田にフィードを入れ、そこからリターンを受けた細山がエリア前で前を向いて、右サイドの高い位置へ上がった進藤に展開しようとしますが、岩下がカバー。

 

すると30分、追加点を挙げたのは桐蔭横浜。浮き球にエリア右に飛び出した篠原が折り返すと、エリア左で鳥海がダイレクトで打ったシュートが決まり、2-0。

 

桐蔭横浜は、ここで宮寺に代わり25木村鷹之。

 

東北選抜は、石川に代わり15緒方悠太が入り、谷地、進藤、伊従の3バック、右に細山、左に伊藤、ボランチは鯰田、吉村、前線には舘田、青木、緒方。位置を変え、打開を図りに。

 

しかし、桐蔭横浜はさらに40分、東北選抜にハンドがあったとの判定で得たPKを、鳥海が決め、3-0。さらに42分にはスルーパスに、うまくGK長谷川とCBの間に飛び出した浅野が決めて、4-0。

 

前半は4-0でタイムアップとなります。

 

後半東北選抜は、進藤に代わり3森慎之介が入り、3バックの右に。中央に谷地、左に伊従に。

 

4分には桐蔭横浜、早坂から左へ。左サイドからエリア右にボールが渡り、浅野がうまく抜け出し、シュート。しかし、右へ。東北選抜も直後には青木のパスにエリア右へ、吉村が飛び出していきますが、早坂がすばやく前へ出てシュートは打たせず。

 

すばやくリスタートした早坂は、左サイドに精度のよいボールを送り、浅野の決定的なシュートにつなげるなど、攻撃の起点に。エリア前に受けにさがってきた神垣に速い縦パスを入れ、組み立てにも携わっていきます。

 

7分には東北選抜、右サイド、高い位置の吉村からエリア正面でボールを受けた鯰田がゴール左をとらえたミドルシュート。しかし、早坂が好セーブを見せ、得点は許さず。

 

東北選抜も、青木や緒方が前でよく絡み、伊従も前へ持ち出し、縦パスを入れるなどしていきますが、桐蔭横浜は橘田や神垣が中央でよくボールをものにして、そこから攻撃へ。伊従や谷地の粘り強い守りに阻まれましたが、さらにゴールを狙いにいきます。

 

15分、桐蔭横浜は浅野に代わり22千葉東泰共。

 

東北選抜も18分には舘田に代わり11江幡俊介。

 

20分には、東北選抜。伊従が持ち上がり、縦へボールを入れていくと、最後はエリア右へ抜け出した細山が1対1に。しかし、ここでも早坂の好守で得点は許さず。

 

桐蔭横浜は、26分には篠原に代わり9松本幹太。

 

やや攻められる時間が続いていた桐蔭横浜でしたが、29分にはエリア外正面からの神垣のフリーキックから岩下が決めて、5-0に。

 

さらに直後には千葉東の縦パスにエリア右に抜け出した松本がニアを狙い、シュート。枠をとらえることはできませんでしたが、決勝トーナメントへ進むためには、少しでも得点の欲しい桐蔭横浜の攻撃が加速していきます。

 

東北選抜も中央で鯰田がボールをカットするなどしていきますが、桐蔭横浜は千葉東や橘田がボールを奪い返し、そこから攻めに。34分には橘田のスルーパスに抜け出した松本のシュートが決まり、6-0。

 

東北選抜の選手が痛み、試合が止まると主審に「時間を止めて」と求めるなど、少しでも得点の機会を増やしていこうとする桐蔭横浜の選手たち。37分には木村がファールを受け、フリーキックを得ると、遠いサイドでの折り返しから最後はニアで千葉東が押し込み、7-0。40分には木村のエリア内への斜めの仕掛けからゴールに迫ると、最後は岩下のシュートが決まり、8-0。

 

42分には東北選抜は、伊藤に代わり9佐々木渓人。桐蔭横浜は橘田に代わり20圓道将良。

 

試合はタイムアップ。8-0。桐蔭横浜が勝利をおさめました。

 

前半4-0 後半4-0 計8-0

得点:オウンゴール、鳥海芳樹2=PK1、浅野嵩人、岩下航2、千葉東泰共、松本幹太(桐蔭横浜)

 

桐蔭横浜の先発:1早坂勇希、17中村禄郎、3遠藤凌、4上田駿斗(c)、6岩下航、7神垣陸、8橘田健人、5浅野嵩人、16宮寺優斗、10鳥海芳樹、19篠原友哉

交代:宮寺→25木村鷹之 浅野→22千葉東泰共 篠原→9松本幹太 橘田→20圓道将良

控え:21冨吉優斗 2河内渉真 12高橋圭汰 13佐々木大樹 24田中匠 

 

東北選抜の先発:1長谷川祐大、2吉村寿輝、6谷地朝日、5伊従啓太郎、20石川陸、18鯰田太陽、13進藤悠紀、7舘田晃太、8細山海斗、16伊藤宙、14青木汰百

交代:石川→15緒方悠太 進藤→3森慎之介 舘田→11江幡俊介 伊藤→9佐々木渓人

 

この結果、桐蔭横浜は2勝1敗、勝ち点6、得点12、失点6、得失点差+6で2位の最上位となり、決勝トーナメントへ進むことに。RKUフットボールフィールドで21日午後0時行われる準決勝では、関西大と対戦することになりました。

 

U-12からU-18までフロンターレで育った早坂、伊従にとっては明暗の分かれる結果に。それでも早坂が好セーブや、磨きのかかった精度のよいフィードで、最終ラインからチームをもりたてれば、伊従も選抜チームで布陣も変化する難しさのあるなかで何度もボールを奪い取り、縦へパスを入れたりするなど、好プレーを見せていたことが、とてもうれしくなる試合となりました。

 

それぞれのこれからをとても楽しみにしています。

 

(文中敬称略)

早坂勇希選手
伊従啓太郎選手

試合を前にベンチメンバーとタッチをかわす桐蔭横浜の先発メンバー
試合を前に監督の話を聞く東北選抜の選手たち

円陣を組む桐蔭横浜の選手たち
東北選抜の選手たち
伊従啓太郎選手
立ち上がり、桐蔭横浜の岩下航選手のPKを、東北選抜のGK長谷川祐大選手が止める
早坂勇希選手
オウンゴールで桐蔭横浜大が先制する

鳥海芳樹選手が決め、2-0

鳥海芳樹選手のPKで突き放す
後半へ

伊従啓太郎選手
早坂勇希選手
すばやい飛び出しで得点を許さず

U-12時代から対戦したレイソル出身の鯰田太陽選手のシュートを、好セーブで防ぐ

エリア前、粘り強く守る伊従啓太郎選手
好守を見せる早坂勇希選手
伊従啓太郎選手
桐蔭横浜がゴールを重ねる

早坂勇希選手

8-0でタイムアップ
東北選抜としては悔しい結果に

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です