フロンターレU18 – JFAアカデミー福島 / JYPSL 2019


1月27日、時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンドで行われたジャパンユースプーマスーパーリーグ。川崎フロンターレU-18は前橋育英戦に続いて、ピッチをうさぎ島4からうさぎ島5へ移して、JFAアカデミー福島との25分ハーフの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグ vs JFAアカデミー福島】
1月27日(日)午後0時53分キックオフ 時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンド5 晴れ 25分ハーフ

フロンターレの先発は、GK16安福祐一、最終ラインは右から29内海太瑚、22松永竜之介、27神橋良汰、30岡崎玄、ボランチは20澤田泰大、25戸水利紀、右MF23常安澪、左MF26平田流衣、FW11有田恵人、17宮本ディアウ勇守歩。

松永が初めて出場したことで、トップチームのキャンプに参加した宮城天を除き、新三年生と新二年生のすべての選手がこの大会でプレーすることになりました。

青空が広がり、やや冷たい風が吹くなか、始まった試合。立ち上がり、ラインを高め、サイドにボールをつけてフロンターレのゴール前に迫っていくのはJFAアカデミー福島。2分にはエリア左、29が進入しますが、フロンターレは松永が寄せ、シュートは打たせず。GKの安福も加わり、戸水が松永や神橋とかかわって後ろからボールを動かしていきます。

6分にはさらにJFAアカデミー福島、最終ラインのフィードに抜け出した32が、右サイドからエリア内に。しかし、岡崎が寄せ、シュートは打たせず。ここから立て続けにコーナーキックを取り、JFAアカデミー福島はゴールをおびやかしていきますが、フロンターレはしのいでいきます。

常安や有田も時には中央でボールをものにするなどしてJFAアカデミー福島と対峙していくフロンターレ。松永のパスに内海が右サイドの高い位置へ顔を出すなど、次第に相手陣内での時間も増えていき、常安がエリア外右へ仕掛け、エリア内の宮本に折り返しのボールを入れたりするなど、ゴールをおびやかすプレーも出せるようになっていきます。

14分には宮本が競ったボールを拾った有田が左サイドを仕掛け、戸水とのパス交換からエリア前に。有田のパスにエリア左、平田がシュートを打ちますが、GK1がセーブ。

直後にはJFAアカデミー福島、左サイドからエリア前にボールが入ると、40がミドルシュートを打つも枠はとらえられず。

すると16分、フロンターレは戸水が中央で縦へパスを入れ、平田がJFAアカデミー福島の選手の間をすり抜けるように、縦へ仕掛け、エリア左へ。1対1となり、シュートを打つとゴール右に決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

さらに17分には戸水がJFAアカデミー福島のボールをカット、エリア左にスルーパスを出すと、抜け出したのは有田。ワンフェイントを入れ、JFAアカデミー福島の選手との駆け引きを制してシュートを打つとこれが決まり、2-0。立て続けのゴールで突き放します。

JFAアカデミー福島も右の32や中央の44、左の29を起点にゴールへ迫りますが、フロンターレは澤田や戸水が中央でボールをよくものに。20分にはフィードにエリア左、29が抜け出しますが松永が寄せ、最後はJFAアカデミー福島のファールに。粘り強く守っていきます。

23分には、フロンターレ、神橋のフィードに、平田がエリア左へ。GK1もかわしてシュートを打ちますが、枠をとらえたボールはJFAアカデミー福島のクリアに阻まれ、惜しくも決まらず。

さらにフロンターレは安福が中央の戸水に縦パスを入れ、そこからサイドへ展開したり、戸水の縦パスを、中央で受けた平田が縦へ仕掛け、エリア前の宮本にパスを送るなど、追加点を狙いに。

25分には宮本とのパス交換から有田がエリア前に。有田のパスにエリア右、常安が抜け出すもJFAアカデミー福島はクリア。前半は2-0でタイムアップとなります。

 

後半、立ち上がりから平田が左サイドから斜めに仕掛け、常安が中央に寄り、前を向いてゴールを目指しにいくフロンターレ。神橋や松永も後ろでボールを動かし、松永のパスを右サイドの内海がダイレクトではたき、常安を高い位置へ走らせるなどしていきます。

4分には神橋、澤田と縦へつながり、宮本とのパス交換から常安がエリア内に。しかし、オフサイドとなり、シュートは打てず。

澤田や戸水が時には後ろまで落ち、内海や岡崎がやや高い位置へ上がり、コンパクトに前へ出ていくフロンターレ。神橋の浮き球のパスに、エリア内へ宮本や平田が動き出すなど、長いボールもまじえて、ゴールを狙っていきます。

JFAアカデミー福島のパスを神橋がカットし、そこから縦へつけるなど攻守の切り替えのよさを出していくフロンターレ。9分、澤田がボールをカットし、エリア左へ展開すると、抜け出したのは有田。シュートを打つとボールはゴールの中へ。3-0。守備から攻撃へ、見事につながったかたちでフロンターレは突き放します。

しかし、12分にはJFAアカデミー福島、右サイドの高い位置へ、21が抜け出し、右コーナーキックに。44が左足でボールを入れるとこれが直接決まり、3-1。

ここからJFAアカデミー福島がラインを高め、中央でボールを動かしながら右サイドの21が高い位置へ、抜け出すなどして攻勢に出る時間が続いてきます。

17分、JFAアカデミー福島は40がエリア外右へ。エリア内に折り返すと、29がダイレクトで放ったシュートが決まり、3-2。

さらに19分にはフロンターレが攻めに出てきたところを突いてJFAアカデミー福島はカウンターへ。32が右から折り返したボール、途中出場の17が正面で決めて、3-3。試合は振り出しへ。

追い付かれたフロンターレは、中央で澤田がボールをカットし、そこから有田の仕掛けにつなげるなどして攻めに。

JFAアカデミー福島にボールがわたっても松永や神橋に加え、戸水もエリア前でセカンドボールをものにするなどして、粘り強く対応していきます。

有田や常安もJFAアカデミー福島の陣内でマイボールにし、右へ平田が流れるなどゴールに迫っていくフロンターレ。24分、戸水のパスにエリア前やや左に抜け出した平田がファールを受け、フリーキックに。

キッカーは神橋。左足で直接狙うもわずかに左へ。試合はここでタイムアップとなり、3-3。

攻守の切り替えの良さから3つのゴールが生まれたこと、またリードを広げながらも追い付かれたところからギアを再び上げ、決定的な場面をつくれたことも、これからにつながるものになると思います。

前半2-0 後半1-3 計3-3
得点:平田流衣、有田恵人2

フロンターレの先発:16安福祐一、29内海太瑚、22松永竜之介、27神橋良汰、30岡崎玄、20澤田泰大、25戸水利紀、23常安澪、26平田流衣、11有田恵人、17宮本ディアウ勇守歩

(文中敬称略)

試合に臨む選手たち

いざ試合へ
岡崎玄選手
松永竜之介選手
戸水利紀選手
平田流衣選手
宮本ディアウ勇守歩選手
神橋良汰選手
松永竜之介選手

安福祐一選手
安福祐一選手
澤田泰大選手
松永竜之介選手
常安澪選手
平田流衣選手
岡崎玄選手
有田恵人選手
有田恵人選手
戸水利紀選手
平田流衣選手がシュート
先制点はフロンターレへ
平田流衣選手

有田恵人選手が決め2-0
有田恵人選手
神橋良汰選手
安福祐一選手
岡崎玄選手
内海太瑚選手
常安澪選手
宮本ディアウ勇守歩選手
浦上壮史GKコーチが安福祐一選手に声をかける
後半へ
神橋良汰選手
常安澪選手
松永竜之介選手
有田恵人選手
内海太瑚選手
有田恵人選手がシュート
3-0に

常安澪選手
内海太瑚選手
神橋良汰選手
松永竜之介選手
宮本ディアウ勇守歩選手
安福祐一選手
戸水利紀選手
平田流衣選手
常安澪選手
澤田泰大選手
神橋良汰選手がフリーキックを蹴る
わずかに左へ
タイムアップとなり言葉をかける有田恵人選手

試合を見守った家族やサポーターのもとへ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です