フロンターレU18 – JFAアカデミー福島 / JYPSL 2019


2月2日、時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンドで行われたジャパンユースプーマスーパーリーグ。川崎フロンターレU-18は北越戦に続いて、前週は25分ハーフで対戦したJFAアカデミー福島との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグ vs JFAアカデミー福島】
2月2日(土)午後3時54分キックオフ 時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンド3 晴れ 30分ハーフ

フロンターレの先発は、GK33藤田航大、最終ラインは右から5森璃太、15道間雄生、2栗田悠巨、27神橋良汰、ボランチは32山内日向汰、25戸水利紀、右MF23常安澪、左MF7中島大成、FW11有田恵人、18宮城天。宮崎県綾町で行われていたトップチームのキャンプに参加していた宮城は、今大会初出場。

次第に日が落ちて、だんだんと寒さも増していくなか始まった試合。立ち上がりからゴールの前に迫ったのはJFAアカデミー福島。2分には左サイドからの攻勢で右コーナーキックに。6が左足でボールを入れると、遠いサイドで15が飛び込みますが、さわることはできず。

一方のフロンターレは、栗田が高い位置へ、宮城を走らせるようなボールを入れ、打開を図りに。中島が中央でマイボールにし、そこから右サイドへ動き出した常安に展開するなどして攻撃へつなげようとし、JFAアカデミー福島のボール時には宮城や有田、中島が高い位置で連動してプレスをかけ、ボールを奪い取りに。

3分にはJFAアカデミー福島、最終ラインのフィードに9がエリア前に抜け出しますが、藤田が前に出てセーブ。シュートは打たせず。

しかし、6分、先制点はJFAアカデミー福島へ。左サイドから28が縦パスを入れると、エリア前でうまく受けた10がシュート。これが決まり、1-0。

フロンターレは、10が時折中盤に落ち、ボールを中央で動かしながらさらに攻めの機会をうかがいにいくJFAアカデミー福島に対して、戸水がボールをカットしたり、中島も中央へ寄り、プレスをかけにいくなどしていきますが、なかなか攻撃へはつなげることができない場面が続いていきます。

7分には山内がボールをカット。エリア前に仕掛けていく宮城を狙いパスを出そうとしますが、JFAアカデミー福島に奪い返され、シュートにはつなげられず。

後ろから藤田もかかわり、ボールを回していこうとするフロンターレでしたが、9分、高い位置でJFAアカデミー福島の10がボールをカット。シュートに持ち込むとこれが決まり、0-2。

さらに高い位置でうまく連動してボールを奪い、そこからシュートへつなげようとしていくJFAアカデミー福島。フロンターレは、シュート右サイド、高い位置へ抜け出した15に対して神橋がカバーするなどして、しのいでいきます。

すると12分、フロンターレは山内が常安にいったんボールを預けたところから右サイドの高い位置へ、そのまま、エリア右、あまり角度のないところへ仕掛けていき、シュートを打つとゴールネットを揺らして、1-2。1点差に。

追撃のゴールが生まれたフロンターレでしたが、マイボールの時間をつくったのはJFAアカデミー福島。GK12も加わり、後ろからの組み立てを図り、ラインは高めて押し込みに。15分には左サイドからエリア前に仕掛けた15がシュートを打ちますが、藤田がセーブ。さらに28のスルーパスにエリア左へ6が抜け出そうとしますが、森がクリア。左コーナーキックとなり、6が入れたボール、ニアで4が合わせるも右へ。

フロンターレも20分には、藤田、戸水と中央でつなぎ、右へ。森のパスからエリア右、常安が抜け出すも、JFAアカデミー福島の守備に阻まれ、右コーナーキックに。宮城が右足でボールを入れると、こぼれたボールをエリア内、栗田が拾い、再び右へ。宮城のクロスに遠いサイドで神橋が合わせますが、GK12がセーブ。

さらにフロンターレは、道間のパスに森が高い位置へ抜け出し右クロスに持ち込もうとしたり、常安が高い位置でボールをものにして、エリア前に仕掛けていこうとしますが、なかなか決定的な場面をつくることはできず。

それでもJFAアカデミー福島の攻めに対して、道間がブロックしたり、コーナーキックから枠をとらえたシュートは神橋がクリアするなどして、追加点は許さず。前半は1-2でタイムアップとなります。

後半フロンターレは常安に代わり20澤田泰大が入り、ボランチに。山内はトップ下へ。

立ち上がり、戸水のパスに宮城が左サイドから仕掛けていくなど、攻勢に出るフロンターレ。GKの藤田が入れた浮き球を山内が中央で競り、森がボールを拾ってそこから縦へ入れていくなど、ボールを回す時間をつくっていきます。

3分にはエリア左へ中島が仕掛け、シュート。しかし、GK12がセーブ。

さらに栗田のフィードに宮城が左サイドへ動き出すなどしていくフロンターレ。左へ流れた宮城と入れ替わるように中島がエリア前に顔を出したり、有田も中央に位置するなどポジションチェンジも交えながら攻めに出ていきます。

7分にはJFAアカデミー福島、コーナーキックを得ますが、フロンターレは神橋がエリア近くでボールをカット。パスを受けた宮城が高い位置へ仕掛けていき、守備から攻撃へつなげようとしていきます。

しかし、10分JFAアカデミー福島は、28がボールをカットし、右に展開。右から2が折り返すと、エリア内、うまくボールを受けた15がシュート。ゴールへ決まり、1-3。

フロンターレは中央で戸水や澤田がボールを動かそうとしますが、JFAアカデミー福島の寄せが厳しく、ボールを奪われたところからゴールへ迫られるように。栗田がフィードを入れ、有田を高い位置へ、走らせるなどしていきますがなかなか、JFAアカデミー福島のエリア前には近づけず。

18分にはフロンターレの縦パスをカットしたJFAアカデミー福島。右に展開し、右クロスにエリア内、9が合わせるも道間が寄せ、枠へは飛ばさせず。さらに20分にはパス交換からエリア右、8が抜け出すも道間が寄せ、最後は藤田がセーブ。

21分にはフロンターレ、山内、宮城、澤田が連動してプレスをかけ、ボールをものに。エリア外正面、宮城のミドルシュートは枠をとらえますがGK12がセーブ。さらに有田が中央でボールをカット。縦へ仕掛けて、エリア前に迫りますが、JFAアカデミー福島の戻りが速く、ブロック。

直後にはJFAアカデミー福島、高い位置でボールをカット、28が左クロスを上げるも、エリア内に戻った神橋がクリア。

しのいだフロンターレは、戸水がボールを奪い、パスを受けた有田が高い位置へ。左に展開し、中島がエリア左へ。そのパスにエリア右、山内が抜け出し、エリア内に仕掛けていきますが、JFAアカデミー福島の守備に遭い、シュートは打てず。

さらにボールをカットしたところから攻めに出ていくフロンターレ。28分には山内のパスにエリア右へ抜け出した有田がシュート。ゴール左をとらえますが、GK12がセーブ。

試合は1-3でタイムアップとなりました。

前半1-2 後半0-1 計1-3
得点:山内日向汰

フロンターレの先発:33藤田航大、5森璃太、15道間雄生、2栗田悠巨、27神橋良汰、32山内日向汰、25戸水利紀、23常安澪、7中島大成、11有田恵人、18宮城天
交代:常安→20澤田泰大

(文中敬称略)

 

試合を前にした選手たち
トップチームのキャンプに参加していた宮城天選手も合流

円陣を組む選手やスタッフ

川合我空選手は副審を務めた

フロンターレの先発メンバー
藤田航大選手
宮城天選手
常安澪選手
戸水利紀選手
中島大成選手
道間雄生選手
神橋良汰選手
森璃太選手
常安澪選手
山内日向汰選手が前へ

1-2に

有田恵人選手
神橋良汰選手が頭で合わせる
GKがセーブ
栗田悠巨選手
常安澪選手
前半は1-2
有田恵人選手
澤田泰大選手
栗田悠巨選手
藤田航大選手
戸水利紀選手

 

山内日向汰選手
栗田悠巨選手
道間雄生選手
森璃太選手
戸水利紀選手
神橋良汰選手
藤田航大選手
宮城天選手がシュート
有田恵人選手
森璃太選手
有田恵人選手がシュート
GKに阻まれゴールとはならず
中島大成選手
1-3でタイムアップ

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です