フロンターレU12 – FCパーシモン / 斎藤旗予選兼U-12サッカーリーグ


4月7日は、多摩川の河川敷にある古市場サッカー場へ。前日に続き、斎藤旗争奪川崎市春季少年サッカー大会の予選があり、川崎フロンターレU-12も2試合を行い、初戦はFCパーシモンとの一戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 斎藤旗争奪春季少年サッカー大会予選兼U-12サッカーリーグ vs FCパーシモン】
4月7日(日)午前8時57分キックオフ 古市場サッカー場 晴れ 15分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、中盤は5関徳晴、10平塚隼人、前線には6楠田遥希、13新堀翔。

前日に続いて暖かい陽気に恵まれ、日差しが心地よい古市場サッカー場。多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、左サイドに展開し攻めを試みようとしてくるパーシモン。フロンターレは、柏村がうまく体を入れ、マイボールにし、しのぎに。

なおも浮き球を入れてくるパーシモンに対して、フロンターレはセカンドボールを拾っていき、中央の平塚が左サイドの高い位置へ、陶山を走らせるパスを出すなどし、パーシモン陣内での時間をつくっていき、楠田が高い位置でボールをキープし、陶山が追い越す動きを見せて、厚みを出していきます。

4分にはパーシモンの12に、エリア前でボールを奪われますが、斎藤がカバーしシュートは打たせず。ピンチをしのいだフロンターレは、5分には陶山がエリア外左へ持ち込み、ゴールの前にボールを送ると、新堀、関が飛び込みますが、わずかに触ることはできず。

さらに直後には平塚がボールを拾い、スルーパスに新堀が抜け出そうとするも、パーシモンもうまく2選手が体を寄せ、最後はGK13がボールを抑えに。

どちらも攻守の切り替えの良さを表して、引き締まった展開が続き、パーシモンが24が左サイドの高い位置へ、12を走らせるパスで揺さぶれば、フロンターレもオフサイドは取られましたが、新堀のパスを受けて右へ流れた楠田のパスに、エリア前へ平塚が飛び出すなど、一進一退に。

フロンターレは、林が厳しい寄せでマイボールにするなどしていくと、8分には柏村がボールを奪い、縦へ仕掛け、エリア右へ。しかし、折り返したボールは、GK13がセーブ。

11分には、新堀のパスに陶山が左サイドの高い位置へ。しかし、折り返したボールは、ブロック。シュートまではいけず。

13分には、パーシモンも24が中央から左へ流れ、そこから人をかけての攻めにしようとしていきますが、平塚がカバー。エリア前には近づかせず。

マイボールにすると、平塚が楠田を左サイドへ走らせ、楠田が巧みにボールをキープするなどしていくフロンターレ。14分、フロンターレはエリア外左から平塚がエリア内に浮き球を入れると、処理の難しいボールに。エリア内、新堀のシュートはGK13の好守に阻まれましたが、こぼれ球を拾った関のシュートが決まり、1-0。ついに先制点はフロンターレへ。

フロンターレは、新堀とのパス交換からエリア左へ抜け出した平塚が折り返すなど、追加点を見据えながら、前半はタイムアップ。1-0でハーフタイムとなります。

後半メンバーは変えずに臨んだフロンターレ。厳しいプレスを楠田がかけ、相手陣内でボールをものにする場面を立ち上がりからつくっていきます。2分には右サイドからエリア前に仕掛けた関がシュート。GK13の頭上を抜きそうになりますが、素晴らしい反応に阻まれ、惜しくも決まらず。

これで得たコーナーキック、こぼれ球を拾った平塚が左サイドからクロスを入れるなど、ゴールへ迫る場面をつくり、林が前へ浮き球を入れ、陶山が反応良く左サイドでボールを拾うなどしていきます。

7分には、左サイドの新堀が中央へ体を向け、右へ展開すると、駆け上がった柏村が一気にエリア外右へ。シュートは枠をとらえるもGK13がセーブ。

さらに8分には柏村がボールをカットし、左へ展開。陶山が抜け出し、折り返すとエリア正面でフロンターレはファールを受けてフリーキックに。新堀が直接狙うも枠はとらえられず。

一方のパーシモンも直後にはセンターライン付近から3がミドルシュート、枠こそとらえられませんでしたが、意表を突くシュートでおびやかしに。

フロンターレも12分には左サイドのスローインから新堀がエリア外左へ。ミドルシュートは枠をとらえるもGK13が好守を見せ、追加点とはならず。さらにスローインを受けた関のスルーパスにエリア右へ新堀が抜け出るもオフサイド。さらにフロンターレは、柏村の縦パスを呼び水に左へ展開し、陶山が高い位置へ上がるなど、相手陣内でのプレーを試みに。追加点こそなりませんでしたが、試合はタイムアップとなり、1-0。勝利を飾ることになりました。

このあとの津田山FCBとの試合もフロンターレは10-0で勝利をおさめ、4戦4勝に。選手たちが少し異なるポジションでもプレーし、結果だけではなく、これからに向けての大きな積み重ねも得ていることをうかがわせます。

前半1-0 後半0-0 計1-0
得点:関徳晴

フロンターレの先発:16斎藤准也、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、10平塚隼人、6楠田遥希、13新堀翔(c)
控え:1井澤明己 8吉田志生 9佐々木雄基 11ステンパールカ大翔 14奥田悠真 20小川翔太

試合を前にした選手たち

コイントスに臨む新堀翔選手

林駿佑選手
柏村涼太選手
平塚隼人選手
陶山響選手

斎藤准也選手
楠田遥希選手
柏村涼太選手
関徳晴選手が決め、先制点はフロンターレへ

ハーフタイムの選手たち
斎藤准也選手
陶山響選手
関徳晴選手
楠田遥希選手
林駿佑選手
斎藤准也選手

関徳晴選手がシュート

新堀翔選手がシュート
1-0でタイムアップ

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です