中京大 – 順天堂大 / 総理大臣杯2回戦


9月1日はJグリーン堺へ。夏の大学サッカー日本一を決める総理大臣杯が始まっており、この日は2回戦。Jグリーン堺S2フィールドで行われた第1試合は東海地区の第3代表、中京大と関東地区の第6代表の順天堂大が対戦。川崎フロンターレに来季加入が内定している旗手怜央と、フロンターレU -18出身の小川真輝が出場しました。

【総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント2回戦 中京大 vs 順天堂大】
9月1日(日)午前11時キックオフ Jグリーン堺S2フィールド 晴れ

1回戦では大阪経済大に2-1で勝利した中京大。先発は、GK17大西聖哉、最終ラインは右から2岸田悠佑、3秋山仁、24水口湧斗、18水口豪、ボランチは7加藤弘也、8辻泰志、右MF10東家聡樹、左MF9西口黎央、前線にはキャプテンの4加田淳哉、13藤光翔。

1回戦をシードされた順天堂大。先発は、GK1佐藤久弥、最終ラインは右から3三國スティビアエブス、23山﨑大地、5村松航太、8岡本北斗、ボランチは26寺山翼、12津島孝至、右MF14鈴木啓太郎、左MF15大谷京平、前線には18大森真吾、ゲームキャプテンの10旗手怜央。6小川真輝はベンチスタート。

うすく雲こそ立ち込めているものの、湿り気を帯び厳しい蒸し暑さのあるJグリーン堺。ゴール裏では中京大のメンバー外の選手たちがにぎやかに応援をするなか、試合は始まりました。

前半先にゴールへ迫ったのは順天堂。2分には旗手から右へ展開。高い位置、鈴木が折り返すと正面で旗手がシュート。中京大の体を張った守備に阻まれたもののチャンスをつくっていきます。

一方の中京大は左SBの水口豪のロングスローからチャンスメーク。4分には水口豪が入れたボール、エリア左で藤光が拾いますが、順天堂の守備が阻み、左コーナーキックに。加藤が右足で入れたボール、遠いサイドで秋山が折り返しますが、ボールは佐藤がセーブ。

後ろから組み立てを図り、機会をうかがう順天堂。しかし、中京大は東家らの寄せが速く、ボールを奪ったところから加藤が藤光を狙い縦パスを入れ、そこからコーナーキックを得て、加藤の精度の良いボールからゴールへ迫るなどする時間が続いていきます。

順天堂も8分には自陣から仕掛けた旗手が一気にエリア前に。しかし、ミドルシュートは枠外。さらに津島のサイドを変えるボールを、右サイドで鈴木がおさめ、打開を図ろうとする順天堂。しかし、中京大は西口がこちらも厳しい寄せを見せて、前に生かせず。

なかなか攻めにつなげられずにいた順天堂。しかし、16分、旗手が高い位置でボールをカット。ドリブルで仕掛け、正面の大谷、正面やや右へ走り込んだ鈴木へ渡り、鈴木がシュートを放つとこれが決まり、0-1。先制点は順天堂へ。

追いかける展開となった中京大は19分には右サイドで東家がボールをカット。東家のパスに正面へ走り込んだ西口がシュートを打つも上に。中京大がエリア前に迫る場面は続き、22分には加田の縦パスに、藤光がエリア左へ。順天堂は村松の粘り強い守備でシュートにはいかせず。なかなか前に出られない順天堂は旗手がパス交換から正面へ抜け出そうとするも、中京大の加藤がよくカバー。

給水タイムをはさんでも、流れは中京大へ。27分には水口豪の左サイドでのロングスロー、エリア左で水口湧斗がシュート。しかし、佐藤がすばらしい反応を見せ、ゴールとはさせず

さらに31分には加田から右へ展開。東家に渡り、正面でリターンを受けた岸田が浮き球を入れると、エリア内で順天堂にファールがあり、中京大はPKを得ます。キッカーは西口。これをゴール右へ決めて、1-1。中京大が追いつきます。

追いつかれた順天堂は山﨑のフィードに、左サイドから中央へ斜めに大谷が動き出すなどして揺さぶりに。37分には三國の右クロス、旗手が頭で合わせるも中京大はブロック。さらにボールを拾った旗手はエリア左でうまく切り返してシュート。しかし、ポストをたたき決まらず。

直後には中京大、秋山が縦へパスを入れると正面で加田がシュートを打つも右へ。

ロスタイムは2分。46分には順天堂、大谷から左へ展開。鈴木がクロスを入れるもシュートにはつながらず。この際に旗手が右足をいためてピッチの外へ。少し時間がとまったため伸びたロスタイム、48分には中京大。速攻から左コーナーキックを得ると、水口豪が左足で入れたボール、遠いサイドで藤光が合わせるも佐藤がセーブ。前半は1-1でタイムアップとなります。

後半順天堂は旗手に代わり9浮田健誠が入ってのスタート。4分には中京大、水口豪がロングスローを入れると、正面で加藤が頭で競り、ボールはエリア左へ。混戦となりますが、順天堂は粘り強く守りしのいでいきます。

順天堂は三國が中央へ持ち出す動きで変化をつけながら前に。5分には三國の縦パスにエリア左へ寺山が飛び出しますが、水口湧斗が寄せ、シュートは打てず。中京大も、順天堂が後ろでボールを回そうとする場面で、前からプレスをかけ、8分には、後半から藤光と入れ代わり、前線へポジションを移していた東家が、ボールを奪いエリア左へ。しかし、村松が阻み、シュートは打てず。さらに右サイドのスローインの流れから藤光がエリア右へ進入しますが、山﨑が体を入れ、シュートは打たせず。

一方の順天堂もうまくサイドでフリーの場面をつくり10分にはエリア左へ大谷が抜け出しシュート。しかし、中京大の体を張った守備に遭い、枠へは飛ばせず。中京大も直後には左クロス、遠いサイドで藤光がシュートを打ちますが、ここでも順天堂の好守。ともにゴール前での場面をつくりながら、それを守備が上回る場面が続いていきます。

11分には中京大は藤光に代わり28佐塚洋介。

順天堂は鈴木が中央へ寄り、寺山や津島とかかわりながら三國が上がるスペースをつくり、12分には三國が右サイドを上がり、クロスを上げると遠いサイドで大谷がシュート。中京大のブロックで左コーナーキックとなり、津島が入れたボール、浮田が合わせるもここでも中京大はブロック。さらにセカンドボールを拾った順天堂は、浮き球を浮田が競り、エリア左で津島がシュートを打ちますが上に。

サイドからの攻めで迫る順天堂。16分には大谷の左サイドからの浮き球、正面で頭で合わせたのは浮田。距離のややあるところからのヘディングシュートでしたが、これがゴールネットを揺らして1-2。ついに順天堂がリード。

中京大はここで加藤に代わり16村田大介。

さらに迫る順天堂。鈴木が中央でボールをものにするなどして、そこから攻めにつなげていくと、19分には鈴木の右クロスに大森が飛び込みますが、大西がセーブ。中京大も大西のフィードを東家がおさめ、エリア左へ西口が抜け出しますが、三國が寄せてゴールキックに。

順天堂はGKの佐藤も右サイドの三國へ正確に配球するなどして、後ろから組み立てを図り、24分には村松のフィードに、鈴木が右サイドへ流れ、リターンを受けた浮田が右クロスを上げると、大森が頭で合わせてボールはゴールの中へ。1-3。

中京大は東家に代わり11久保藤次郎。秋山に代わり19高畑勇人が入り右SB、水口湧斗が右のCB、岸田が左のCBへ。26分には中京大も、佐藤のパスを水口豪がカット。佐藤がゴール前に戻りきれていなかったところで、水口豪の浮き球に西口がシュート。しかし、村松がカバーしこれをクリア。

27分には西口がエリア左、久保を狙い浮き球を入れると、セカンドボールを拾った西口がエリア左へ。シュートを打つも上に。

順天堂は29分、津島に代わり19鬼島和希。すると31分、追加点は順天堂へ。浮田とのパス交換から正面へ抜け出した鬼島が1対1に。シュートを放つと、これが決まり、1-4。たたみかける順天堂はさらに寺山のパスからエリア右へ抜け出した大森がシュートを決めて1-5。

順天堂は33分には山﨑に代わり13尾崎駿大。35分には三國に代わり6小川真輝。

点差が開いても前に出てゴールを狙いにいく中京大。岸田が右クロスを入れるも順天堂は小川が遠いサイドへ流れたボールをしっかり競り、さらに右サイドを崩してエリア内へ入ったボールは村松がクリア。

順天堂は38分、さらに交代。大谷に代わり11塩浜遼。

浮田がやや下がり目で、時にはボールを受けながらそこから攻めに出ていく順天堂。小川も高い位置へ上がり、クロスを入れようとし、それがブロックされて得た右コーナーキックのキッカーを務めるなど、さらにゴールを狙うなかで、攻撃でもプレーを重ねていきます。

ロスタイムは3分。48分には寺山のパスに、浮田が左サイドへ流れ、折り返すとエリア右で大森がシュート。大西が防いで右コーナーキックに。小川がボールを入れると、セカンドボールを拾った順天堂は大森のパスに、浮田がエリア内へ。シュートは上へ外れましたが、ここで試合はタイムアップ。1-5。順天堂が勝ち進むことになりました。

フロンターレのサポーターとしては前半で交代となった旗手の怪我は心配なところ。また、十数分間ではありましたが、大学ではじめて全国大会に出場し、攻守にしっかりプレーを重ねていく小川を見られたことはとても嬉しくなるものでした。

3回戦は関東大学サッカーリーグ1部で首位を走る明治大と対戦する順天堂。優勝候補にも名前が挙がる好チームとの試合で、小川にも活躍の機会が来ますように。チームとともに躍進していくことを願っています。

前半1-1 後半0-4 計1-5
得点:西口黎央=PK(中京大) 鈴木啓太郎、浮田健誠、大森真吾2、鬼島和希(順天堂)

中京大の先発:17大西聖哉、2岸田悠佑、3秋山仁、24水口湧斗、18水口豪、7加藤弘也、8辻泰志、10東家聡樹、9西口黎央、4加田淳哉(c)、13藤光翔
交代:藤光→28佐塚洋介 加藤→16村田大介 秋山→19高畑勇人 東家→11久保藤次郎
控え:1大野智也 20名執龍 15川畑相 29川尻裕史 21兵藤健斗

順天堂大の先発:1佐藤久弥、3三國スティビアエブス、23山﨑大地、5村松航太、8岡本北斗、26寺山翼、12津島孝至、14鈴木啓太郎、15大谷京平、18大森真吾、10旗手怜央(c)
交代:旗手→9浮田健誠 津島→19鬼島和希 山﨑→13尾崎駿大 三國→6小川真輝 大谷→11塩浜遼
控え:1高田謙 2渡邉康平 7杉山直宏 17白井海斗

(文中敬称略)

旗手怜央選手
小川真輝選手はベンチスタート

前半は中京大にもゴール前での場面が多かった

旗手怜央選手

鈴木啓太郎選手が決めて順天堂が先制する

PKを西口黎央選手が決めて1-1
旗手怜央選手は前半のみの出場となった
小川真輝選手
後半へ

浮田健誠選手がヘディングシュート
順天堂が勝ち越し

大森真吾選手が決めて突き放す

鬼島和希選手が決めて1-4

途中出場の小川真輝選手。クロスにもしっかり対応
小川真輝選手
コーナーキックのキッカーも務めた

順天堂が5-1で勝利

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です