フロンターレU18 – 湘南ベルマーレU18 / Jユースカップ1回戦


10月5日は等々力陸上競技場へ。Jクラブユースとクラブユースの秋の日本一を決めるJユースカップが開幕し、川崎フロンターレU -18は湘南ベルマーレU -18との1回戦に臨みました。

【川崎フロンターレU -18 Jユースカップ1回戦 vs 湘南ベルマーレU -18】
10月5日(土)午後3時キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 1353人

フロンターレの先発は、GK33青山海、最終ラインは右から9宮本ディアウ勇守歩、15松永竜之介、4栗田悠巨、キャプテンの5森璃太、ボランチは8山内日向汰、18戸水利紀、右MF11有田恵人、左MF20鈴木大登、前線には26五十嵐太陽、10宮城天。

ベルマーレの先発は、GKがキャプテンの1高山汐生、最終ラインは右から4石黒友毅、22佐久間翔士、3加藤賛、右に33園田翔也、左に8奥津玲太、中盤は16横川旦陽、その前に35原直生、17田中聡、前線には9蒔田陸斗、11佐藤陸。

10月に差し掛かったにもかかわらず、強い日差しが照りつけ、厳しい暑さの等々力陸上競技場は、U -18の試合としては珍しくメインスタンドを開放。フロンターレはGゾーンに多くのサポーターが集まり、ベルマーレも大きな幕をゴール裏に張り出し、それぞれチャントやコールで選手たちを励ますなか、試合は始まりました。

立ち上がり、ゴールへ迫ったのはベルマーレ。右サイドの高い位置へ、園田が抜け出しクロスを上げるも、フロンターレは青山がパンチング。さらに中盤でセカンドボールを拾い、ベルマーレは再び右サイドからの攻めに。エリア右へ園田が抜け出すも森が粘り強く寄せブロック。ベルマーレの右コーナーキックとなり、田中が左足でボールを入れると、遠いサイドで加藤が折り返しますが、シュートにはつながらず。

さらに続くベルマーレの攻勢。3分には左サイドのスローインの流れから、蒔田がエリア外正面へ。ミドルシュートを打つも青山がセーブ。さらに中盤から右サイドを突くパスが出ると、原がエリア右へ。シュートを打つもポストに。危ない場面が続きましたが、しのいでいきます。

ラインを高めつつ、松永が鈴木を狙い、フィードを入れ、ボールを奪われても戸水がカバーし、マイボールの時間をつくっていくフロンターレ。戸水が右サイド、宮本を走らせたり、栗田が五十嵐を狙いフィードを入れたりしていき、こぼれ球もものにしてベルマーレのエリア前に迫っていきます。

11分には中央の有田から左へ。鈴木へ渡り、鈴木の縦パスに宮城がエリア左へ。シュートを打つも右へ。さらに13分には宮城がエリア右へ。切り返してエリア前にボールを送ると、左へ流れたボールを森が拾い、正面の山内へ。山内の縦パスに五十嵐がエリア右へ抜け出しシュート。高山のセーブに阻まれましたが、チャンスをつくっていきます。

ボールを奪われても高い位置で戸水が取り返し、鈴木へつなげ切り替えの良さを見せていくフロンターレ。山内の右サイドを突くパスに有田が抜け出すなどしていき、鈴木が中央でプレスバックにいき、マイボールにするなどしていきます。16分には宮本の縦パスに宮城が右サイドの高い位置へ。折り返しに、エリア正面やや左で鈴木がシュートを打ちますがベルマーレはブロック。

コーナーキックをしのいだベルマーレは、園田が仕掛けていきますが森が奪い返し、攻めにつなげさせず。さらに石黒の縦パスを戸水がカットし、フロンターレは松永や栗田がボールに触れ、宮本が右サイドの高い位置へ上がっていくなど、攻めの機会をうかがいに。ベルマーレの左サイドからの攻めに対しては、宮本が有田へつながるようなかたちで対応していきます。

22分に取られた給水タイムをはさんで、相手陣内でプレーを重ねていくフロンターレ。松永の縦パスを有田がダイレクトでさばいて右の宮本へ展開したり、宮城とのパス交換から有田がエリア前に抜け出すなどしていき、こぼれ球を右サイドで拾った宮本から左の森に展開、中央を経由して再び右サイド高い位置の宮本へつなげるなど、ピッチの両サイドを使っていきます。

29分には松永の縦パスを受けた戸水から右へ展開。宮本、有田とつないで有田がエリア右から折り返すもベルマーレはクリア。ベルマーレは左サイドの奥津が縦へ仕掛けようとしていきますが、有田が奪い返し、攻めにつなげらせず。

32分には山内が右サイドの裏を突くパスを出すと、宮城がセカンドボールをエリア外で拾い、エリア右、五十嵐を狙い、パスを出しますが、ベルマーレの守備が阻んでいきます。

一方のベルマーレも34分には中央で原がカット。一気にエリア前に。しかし、シュートは栗田がブロック。ここからベルマーレはボールをカットし、そこからフロンターレのゴールをおびやかす場面をつくりますが、フロンターレはエリア前に人をかけて守りに。

39分にはベルマーレ、原が高い位置でボールをカットし、エリア右へ。シュートを打つもポストに。さらに40分には左サイドのスローインの流れから、エリア外正面、加藤がミドルシュートを打つも上に。原が前に、蒔田が下がり目に位置を入れ替え、中盤からのパスに、石黒が右サイドの高い位置へ抜け出すなど、ベルマーレの攻勢は続きますが、森が粘り強く寄せにいき、流れを切りに。

45分には右コーナーキック、田中が左足でボールを入れると、遠いサイドで園田が合わせますが左へ。前半は0-0でタイムアップとなります。

 

後半最初にチャンスをつかんだのはベルマーレ。3分には左サイドでボールを奪ったところから原がエリア正面左へ。しかし、フロンターレは青山が粘り強く寄せにいき、シュートは左へ。

さらにボールをカットしたところから攻めに出ようとするベルマーレ。しかし、フロンターレは右クロスを松永が跳ね返し、鈴木へつなげ、鈴木から右へ開いた五十嵐へ渡して、攻めに転じていきます。

6分には中央の宮城から右へ。宮本が高い位置で折り返すも、高山がセーブ。

8分にはベルマーレ、右サイドを蒔田が仕掛けてファールを受けてフリーキックに。セカンドボールを拾い、右クロスを入れていきますが、青山がセーブ。

フロンターレもマイボールにすると、左サイドで宮城、鈴木、森が細かくパスを回して人をかけた攻めに持ち込んでいきます。13分にはベルマーレ、左から奥津が仕掛け、中央の田中からエリア外正面、横川へ。横川はミドルシュートを打つも上に。

山内、有田と縦へつなぎ、戸水から左の鈴木へつなげようとしたり、鈴木が左サイドから中央へ切れ込み、セカンドボールを拾った山内が縦パスを入れたりし、ボールを奪われても宮城が高い位置で取り返すなど、マイボールの時間を増やしていくフロンターレ。

16分、左サイド、森がエリア前に浮き球を入れると抜け出したのは宮城。1対1となり、シュートを放つとボールはゴールのなかへ。1-0。先制点はフロンターレへ。

直後にはベルマーレ、右サイドからの攻めに。エリア外右、蒔田がシュートを打ちますが、青山がこれをわずかにさわり阻む好セーブ。さらに19分にはエリア外右でフリーキックを得たベルマーレ。田中がエリア前に入れると、正面へ佐久間が抜け出しますがさわることはできず。

直後にはフロンターレ、山内の右サイドを突くパスに、有田が抜け出し、エリア外右へ。折り返しに、正面で宮城がシュートを打つもブロック。さらに左サイド、森のパスに宮城が左サイドの高い位置へ。中央へ戻すと山内のパスに、五十嵐が高い位置へ走り出すもラインを割り、シュートとはならず。

すると23分、ベルマーレは右サイドからの攻めに。最後は正面で原がシュート。これが決まり、1-1。フロンターレは追いつかれることに。

フロンターレは25分、栗田に代わり34田鎖勇作。一方のベルマーレは26分、加藤に代わり36石井大生。さらに佐藤に代わり32石川玄大。

戸水のパスに有田が右サイド高い位置へ上がりクロスを上げたり、宮本のパスに山内が右サイド高い位置へ走ったりしていくフロンターレ。28分にはベルマーレ、左サイドの奥津が仕掛け、松永をひきつけて、エリア前にパスを入れますが、フロンターレは宮本がカバー。

ところが29分、再び左サイドを仕掛けた奥津がエリア左へ。シュートを放つとこれが決まり、1-2。勝ち越しのゴールはベルマーレへ。

フロンターレはここで五十嵐に代わり13常安澪。ベルマーレは原に代わり18菅原愛斗。

フロンターレは常安が縦へ仕掛け、山内のパスにエリア内へ宮城が抜け出すなどしてゴールの前に。34分には戸水のパスに森が左サイドを仕掛けて左コーナーキックを得ると、フロンターレはショートコーナーを選択。戸水から受けた山内が左クロスを上げると、遠いサイド、田鎖が合わせるも、ベルマーレはライン上でクリア。

戸水が中央でボールをカットし、常安もすばやい寄せからマイボールにするなどフロンターレはボールを持つ時間をつくり、青山が左サイドの高い位置へボールを入れると、宮城が寄せにいき、フロンターレボールのスローインにするなど、粘り強くプレーを重ねていきます。

36分には、鈴木に代わり29田中幹大が入り前線へ。常安が左MFに。

37分には右へ開いた戸水のパスを常安がおさめ、フロンターレは中央からの攻めに。山内が縦へ仕掛け、こぼれ球を拾った常安がミドルシュートを打つも上に。

38分、フロンターレは森に代わり2神橋良汰。キャプテンマークは戸水へ。攻勢を続けるフロンターレ。39分には山内から受けた常安が左サイドから切り返してエリア正面へ。シュートを打つもブロック。

41分ベルマーレは田中に代わり7村上尋哉。フロンターレは宮本に代わり27田中慶汰が入りボランチ。戸水が右SBに。

42分にはフロンターレ、有田がボールをカット、正面やや左で山内がファールを受けてフリーキックに。宮城は直接シュートを打ちますが上に。

ベルマーレは43分、菅原に代わり26宮坂駿太朗。

田中慶汰や山内がボールに触れながら攻めに出ていくフロンターレ。44分には左サイド、神橋のクロスに田中幹大が飛び込むも高山が阻み、シュートは打てず。

ロスタイムは3分。高い位置でプレーを重ねていこうとするベルマーレに対し、田鎖がボールをカット。縦へ入れ、有田が左サイドから中央へ仕掛けるなど、攻めに持ち込んでいくフロンターレ。47分、戸水が右サイドから浮き球を入れると左からエリア内へうまく抜け出したのは常安。シュートを放つとこれが決まり、2-2。フロンターレが同点に。あと少しで試合はタイムアップか、と思われたところでものにした同点ゴール。試合は前後半計20分の延長戦へ。

 

日は暮れていき、気温も下がっていくなか始まった延長前半。立ち上がりには松永、常安と縦へ入れ、ボールは神橋へ。神橋がエリア左へ浮き球を入れると、宮城が抜け出しますが、ここはベルマーレの守備に遭いシュートは打てず。

さらに右サイドで戸水がマイボールにしたり、ボールをカットした有田が縦へ仕掛けたり、迫っていくフロンターレ。田中慶汰が最終ラインに下り、田鎖が前へ持ち出し、神橋の浮き球を田中幹大がエリア左でキープしたりするなど、ベルマーレ陣内で時間を重ねていきます。

3分には山内がカット、左サイドの常安へ。常安のパスに、山内が中央へ。ミドルシュートを打つも上に。5分には右サイドで田中慶汰がカット。中央の山内、右の有田、さらに宮城へつなぎ、左へ展開。神橋とのパス交換から常安が左サイド高い位置へ。中央の山内、エリア正面やや右、有田へ。有田はシュートを打つも上に。

さらに田鎖が縦パスを入れると、常安が左から中央へ仕掛け、常安のパスに有田がエリア左へ。シュートを打つも高山がセーブ。8分には常安がセカンドボールを拾い、山内へつないで山内のパスに、宮城がエリア右へ。シュートを打つも高山がセーブ。延長前半はタイムアップ。2-2のまま延長後半へ。

 

延長後半立ち上がりには、宮城がエリア内でボールをカット。エリア左あまり角度のないところからシュートを打つも枠はとらえられず。一方のベルマーレも2分には右サイドから持ち込むと、正面で奥津がシュートを打つも上に。

4分にはさらにカウンターへ持ち込んだベルマーレ。エリア正面やや左、奥津がシュートを打つも青山が阻み、左コーナーキックに。村上がセカンドボールを拾い、縦パスを受けた奥津が仕掛けるも戸水がブロック。再び左コーナーキックとなりますが、フロンターレは青山がセーブし、しのいでいきます。

田中幹大を狙い、左クロスを入れるなどし、攻めに持ち込んでいくフロンターレ。6分には中央から山内、常安と縦に入れ、エリア左、有田へ。有田は中央へ仕掛けるもベルマーレの守備も体を張り、阻んでいきます。

さらに後ろで田鎖、松永、戸水と回し、縦パスを受けた有田がエリア右へ仕掛けるなどしていくフロンターレ。9分には神橋の縦パスに、宮城がエリア左へ。ベルマーレのブロックに遭い!左コーナーキックに。コーナーキックはシュートには結びつかず、フロンターレはセカンドボールを拾うも、コーナーキックの際、ベルマーレのエリア内で松永が足をつり、担架で外へ。

ロスタイムは1分。フロンターレが1人少なくなったところをベルマーレは奥津が仕掛け、エリア前に。しかし、フロンターレは宮城が自陣のエリア近くでカバーするなど、コンパクトに。攻めをしのいで延長後半はタイムアップ。

 

日はすっかり落ち、空には月も顔を出した等々力陸上競技場。勝ち上がりを決めるPK戦。先攻はフロンターレ。後攻はベルマーレ。フロンターレは1人目の戸水が止められるも、ベルマーレの1人目、石黒のシュートを青山が決める好セーブ。

2人目、フロンターレは常安、ベルマーレも決めて1-1。さらに3人目、フロンターレは山内、ベルマーレも村上が決めて、2-2。フロンターレの4人目、田中幹大が決め、3-2。そして、ベルマーレの4人目、奥津のシュートを、またもや青山が見事に止めてフロンターレはリード。フロンターレの5人目は宮城。これを決めて、PK戦はここで決着。4-2。

フロンターレは2回戦へ。逆転をされながらも、最後の最後で追いつく粘り強さ、そして気持ちの強さをチーム全体で見せ、見事に勝ち上がりをつかみ取りました。

前半0-0 後半2-2 延長前半0-0 延長後半0-0 計2-2
得点:宮城天、常安澪(フロンターレ) 原直生、奥津玲太(ベルマーレ)

フロンターレの先発:33青山海、9宮本ディアウ勇守歩、15松永竜之介、4栗田悠巨、5森璃太(c)、8山内日向汰、18戸水利紀、11有田恵人、20鈴木大登、26五十嵐太陽、10宮城天
交代:栗田→34田鎖勇作 五十嵐→13常安澪 鈴木→29田中幹大 森→2神橋良汰 宮本→27田中慶汰
控え:21川合我空 6澤田泰大

ベルマーレの先発:1高山汐生(c)、4石黒友毅、22佐久間翔士、3加藤賛、33園田翔也、8奥津玲太、16横川旦陽、35原直生、17田中聡、9蒔田陸斗、11佐藤陸
交代:加藤→36石井大生 原→18菅原愛斗 佐藤→32石川玄大  田中→7村上尋哉 菅原→26岩永光太郎
控え:21田村亜廉 39宮坂駿太朗

(文中敬称略)

写真はかんちさんからもいただきました。ありがとうございます!

試合を前に家族やサポーターのもとへ
青山海選手、藤田航大選手、川合我空選手、安福祐一選手
川合我空選手
青山海選手

森璃太選手
10月3日に宮城天選手はフロンターレのトップチームへの昇格が発表されたばかり

栗田悠巨選手
川合我空選手
有田恵人選手
神橋良汰選手
常安澪選手
澤田泰大選手
ベルマーレも大きな幕を掲げ選手たちを励ました
ボールパーソンを務めたフロンターレU-12の選手たち
フロンターレサッカースクールの選手たちがエスコートキッズを務めた

円陣を組む選手たち

青山海選手
森璃太選手
森璃太選手
五十嵐太陽選手
立ち上がりはベルマーレが攻勢に
宮本ディアウ勇守歩選手
山内日向汰選手
鈴木大登選手
山内日向汰選手
森璃太選手
青山海選手
戸水利紀選手
松永竜之介選手
宮本ディアウ勇守歩選手
宮城天選手
松永竜之介選手
戸水利紀選手
五十嵐太陽選手

森璃太選手
鈴木大登選手
森璃太選手
青山海選手
宮本ディアウ勇守歩選手
給水タイムへ
山内日向汰選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
鈴木大登選手

戸水利紀選手
森璃太選手
鈴木大登選手
栗田悠巨選手
ハーフタイムへ
田鎖勇作選手
翌日にトップチームの対戦も控えており、双方のマスコットが等々力に姿を現した

後半へ
宮本ディアウ勇守歩選手
五十嵐太陽選手
鈴木大登選手
有田恵人選手

五十嵐太陽選手
山内日向汰選手

 

宮本ディアウ勇守歩選手
競り合う選手たち

有田恵人選手
後半はメンバー外の選手たちも応援に加わった
松永竜之介選手
鈴木大登選手
山内日向汰選手
宮城天選手

浮き球に宮城天選手がゴールの前に

ゴールを決めて1-0

有田恵人選手
宮城天選手

ベルマーレが追いつく
試合は1-1に
宮城天選手
戸水利紀選手
宮本ディアウ勇守歩選手
戸水利紀選手
山内日向汰選手
1-2。ベルマーレがリード
常安澪選手
常安澪選手
宮城天選手
山内日向汰選手
宮本ディアウ勇守歩選手

 

山内日向汰選手

宮城天選手
田鎖勇作選手がヘディングシュート

ライン上でベルマーレは阻む
戸水利紀選手
神橋良汰選手
田中慶汰選手

フリーキックでゴールを狙う宮城天選手
有田恵人選手
田中幹大選手
田中幹大選手
田中慶汰選手
常安澪選手が抜け出す

2-2。土壇場で同点に

 

試合は延長戦へ
円陣を組む選手やスタッフ
青山海選手
田中幹大選手
常安澪選手

田鎖勇作選手

神橋良汰選手
田中慶汰選手

山内日向汰選手
神橋良汰選手
戸水利紀選手
有田恵人選手

延長後半へ
宮城天選手
宮城天選手
山内日向汰選手

山内日向汰選手
山内日向汰選手
青山海選手がセーブ

田中慶汰選手
戸水利紀選手
宮城天選手

足をつった松永竜之介選手をベルマーレの選手が助ける場面もあった
田鎖勇作選手

PK戦へ

青山海選手

戸水利紀選手

青山海選手

見事に止める

常安澪選手
山内日向汰選手

止めることはできなかったところでも青山海選手はよくシュートに反応を見せた

田中幹大選手

青山海選手

3-2。フロンターレがリード
宮城天選手

4-2。勝ち上がったのはフロンターレ

フロンターレが2回戦へ
試合が終わりすっかり日が暮れた等々力陸上競技場
声援を送ったサポーターたちと喜びを分かち合う選手たち

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です