U15川崎ブレイブサンダース – 横浜ビー・コルセアーズU15 A / 神奈川県U15リーグ ゲーム1


一週間前の強烈な台風が過ぎ去った神奈川県西部は小田原で,今年度の神奈川県U15バスケットボールリーグが開催されました。U15川崎ブレイブサンダースは初戦から強豪の横浜ビー・コルセアーズとの対戦となりました。

神奈川県U15バスケットボールリーグ
U15川崎ブレイブサンダース – 横浜ビー・コルセアーズU15 A
2019/10/20(日)10:00 県立西湘地区体育センター

U15川崎ブレイブサンダースのスターターは1 小泉駿之介,4 鬼頭佑育,8 吉井界澄,16 大矢陽希,17 水品皓暉。

1Q,立ち上がりの硬さからか両チームスコアを奪うことができないなか7:15,川崎は4 鬼頭のスティールから17 水品を経由して1 小泉がレイアップシュートを決め先制します。対する横浜は17がミドルジャンパーを沈め2-2。
6:27,川崎は良いディフェンスから相手のターンオーバーを誘い,またも鬼頭がスティール。ファストブレイクを16 大矢が決め4-2。バスケットカウントで得たフリースローは決まりませんが,立ち上がりの硬さはなくなります。
5:47,8 吉井が両チーム通じて最初の3ptを決め7-2とすると,横浜は30がミドルドライブから巧みなユーロステップを決め7-4とします。この間,川崎は3 岩城爽太,5 中尾優斗を投入。
5:00,横浜は12のスティールからファストブレイク,17のプルアップジャンパーで7-8と逆転すると,4:10には30が3ptを決め7-11。対する川崎は吉井が角度のないところからレイアップを決め9-11と食らいつきます。3:50,川崎は10 後藤直也を投入。しかし横浜35に3ptを決められ9-14となったところで川崎が最初のタイムアウトを取ります。
タイムアウト明け,5 中尾がペイントエリア内でのうまいステップからジャンパーを決めると,2:34,3 岩城がねばりのディフェンスで相手に得点させません。膠着状態ののち,川崎は7 熊谷智紀を投入しますが両チームなかなか得点は伸びません。ようやく1:40,横浜80がゴール下を決めると中尾がミドルジャンパーをお返しし13-16とします。
終盤,横浜は17のファストブレイク,80のミドルジャンパーとエンドドライブで得点し,13-22と点差が開いてしまします。

2Q,川崎は6 三谷蓮斗を投入。開始直後,川崎は大矢が1on1を制したドライブでアタックしますがファウルで止められます。フリースローの2投目を落としてしまいますが,三谷がしっかりとリバウンドを掴みセカンドチャンスを作り出します。
7:05,横浜は28の3ptでこのクォーター初得点。対する川崎は熊谷のスティールから大矢がゴール下のシュートを確実に決めて16-25。しかしすぐに横浜31にフリースローで返され16-27。更に横浜86にファストブレイクでレイアップを決められれば,川崎は三谷がゴール下でねばってシュートをねじ込み18-29。
5:13,中尾がミドルジャンパーを決め20-29としますが,横浜は59が同じくミドルジャンパーを決め20-31。両チーム一歩も引かず攻防を繰り返します。3:53,川崎は三谷がミドルドライブを決めるとこれにファウル。フリースローは決められませんが,得点は止まりません。しかし3:42,横浜は82がフリースローを1本決めると,2本目のオフェンスリバウンドから59が3ptを沈め22-35。得点差が2桁に開いてしまったところで川崎は2回目のタイムアウトを取りました。
タイムアウト明け,小泉との連携から大矢が3ptを決め点差を詰めると,横浜はすかさず28が3ptで応酬。しかし川崎は吉井のスティールからレイアップは決まりませんが,詰めていた大矢がセカンドチャンスをしっかり決め27-39。横浜はファストブレイク,フリースローで加点するも,前半最後の攻撃は川崎が吉井の3ptを成功させ30-43で終えます。

後半に先手を取ったのは川崎。16 大矢がうまく切れ込んで放ったミドルジャンパーは外れますが,その流れから8 吉井が深い位置からミドルジャンパーを決め32-45。横浜はすかさず30のスティールから35がゴール下のシュートを決めれば,川崎は5 中尾が得意のフローターを決めて34-45。
5:30,吉井のドライブからのフローターが決まって久しぶりに点差を一桁とするも,すぐに横浜は30が3ptを決めて36-48と突き放します。大矢のドライブはファウルで止められますが,フリースローを決めます。対する横浜は30が巧みなユーロステップでレイアップを決めれば,川崎はまたも大矢が3ptを沈め40-50。大矢はこのシュートで自身の得点を二桁の12点とします。
4:10,横浜80に3ptを決められますが,川崎は7 熊谷がミドルドライブからのレイアップを決めて42-53。しかしすぐさま横浜12に得点を返されてしまいます。
2:25,横浜35にゴール下を決められると,続けて80のエンドドライブ,12のゴール下と連続で決められ42-61。1分ほどでぐっと点差を広げられてしまいます。
なかなかスコアの伸びない時間帯,3Qも残すところ1:40,川崎は17 水品がこの日初めての3ptを決め45-61とすると,その直後のタイムアウト明けに投入された15 田辺永士が最初のシュートで3ptを決め48-61。一気に点差を戻します。しかし横浜は12のファストブレイク,17のミドルジャンパーなどで加点し48-67。終盤に投入された川崎2 石川大成がそのまま残り試合は最終クォーターへ。

4Q,開始早々川崎が仕掛けます。17 水品の巧みなパスからバックドアで相手の背後を取った6 三谷がゴール下でらくらくと決め50-67。幸先よいスタートに見えましたが,ここから横浜が怒涛の攻撃を仕掛けてきます。6:24,横浜は82のゴール下で口火を切ると,59のフリースロー,82のファストブレイクが決まり,更にバスケットカウントのボーナススローも決め50-74。ここから82,28,59,99がファストブレイクを中心としたあらゆる攻撃でスコアを伸ばし,終わってみれば24点のラン。その間,最後まで川崎のスコアは止まったままでした。

3Qまではなんとか食らいついた初戦でしたが,終わってみれば大差をつけられての敗戦。強い相手にも最後まで顔を下げずに戦った姿は次の試合へつながるものでした。最後まで手を抜かず戦いきってくれた横浜ビー・コルセアーズU15 Aの姿も素晴らしかったです。

写真はなつこさんに撮っていただきました!

1q 13-22
2q 17-21
3q 18-24
4q 2-27

合計 50-94

5 中尾優斗 選手。美しいフォロースルー
17 水品皓暉 選手。スターティングガード
9 大津光合 選手
5 中尾優斗 選手
4 鬼頭佑育 選手。突破力が魅力
7 熊谷智紀 選手
16 大矢陽希 選手。オールラウンダー
15 田辺永士 選手。苦しいところで決めた
19 吉岡麟太郎 選手。強気に奮闘
17 水品皓暉 選手
タイムアウト
6 三谷蓮斗 選手。成長中のビッグマン
10 後藤直也 選手。パワフル
2 石川大成 選手
後半へ
0 安彦海音 選手
5 中尾優斗 選手
3 岩城爽太 選手
8 吉井界澄 選手。頼りになる

1 小泉駿之介 選手。テクニシャン
5 中尾優斗 選手。アクロバティック
10 後藤直也 選手
6 三谷蓮斗 選手
19 吉岡麟太郎 選手
3 岩城爽太 選手。跳ぶ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です