フロンターレU18 – 東京ヴェルディユース / プリンスリーグ関東第3節


川崎フロンターレが、等々力陸上競技場にて、サンフレッチェ広島とのJ1リーグ第10節に臨んだ4月18日、富士通スタジアム川崎では、プリンスリーグ関東第3節が行われ、川崎フロンターレU-18が東京ヴェルディユースと対戦しました。

 

 

開幕戦で桐生第一に3-2で勝利したフロンターレは、第2節の帝京戦を入江流星の2試合連続ゴールを守りきり、2連勝。一方、昨年のプリンスリーグ関東を制したヴェルディは開幕から2連敗という状況で、この日の試合を迎えました。

 

 

【川崎フロンターレU-18 プリンスリーグ関東第3節 vs 東京ヴェルディユース】

4月18日(日)午後3時キックオフ 富士通スタジアム川崎 晴れ 300人

 

フロンターレの先発は、GKキャプテンの1青山海、最終ラインは右から2高畠捷、15高井幸大、17浅岡飛夢、20松長根悠仁、ボランチは5田鎖勇作、6田中慶汰、右MF7入江流星、左MF9田中幹大、前線には8秋葉拡人、10五十嵐太陽。

 

U-17日本代表候補の合宿に参加していた18大関友翔はメンバーに入らず、CBでの先発が続いていた田鎖がボランチ、浅岡がCBに入るという陣容に。

 

ヴェルディの先発は、GK12金木虎太朗、最終ラインは右から2青木瑠星、5原圭佑、3大下峻太、23伊藤竜海、ボランチに18江口逢寿、その前に17岩崎壮真、キャプテンの10根本鼓太郎、右に14橋本陸斗、左に11尾又雅仁、前線に9吉田崇幸。

 

 

前日、荒天だった川崎市は、すっかり天気が回復。スタジアム外の飲食ブースなどの設置に苦労するほどのやや強い風が時折吹くものの、青空が広がり、気持ちの良い陽気に。開放されたメインスタンドには、両チームの家族やサポーターらが集い、幕や太鼓のリズムで選手たちを励ますなか、試合は始まりました。

 

立ち上がり、金木や大下、原がボールにかかわりながら後ろから組み立てを図っていくヴェルディ。しかし、フロンターレは前からプレスをかけにいき、すぐにマイボールにすると、1分には左サイドのスローインを田中幹大が競り、こぼれ球を拾った五十嵐がゴールの前に浮き球のパス。これに入江が、動き出していきますが、金木がセーブ。

 

フロンターレはさらに秋葉らを起点に前からプレスをかけにいき、高い位置で入江がボールをカット。田中慶汰が右サイド、高い位置へ上がった高畠を狙い、縦にパスを入れるなどして、相手陣内で時間をつくれるように。田鎖や田中慶汰、浅岡や高井がボールを動かし、機を見て、高井がフィードを入れ、田中幹大がゴール前に飛び出し、長いボールも交えて、揺さぶりをかけていきます。

 

4分にはゴール前へのルーズボールを粘り強く追っていき、エリア外左で拾った秋葉がミドルシュートを打ちますが、これは右へ。直後には、ヴェルディ、下がり目で前を向いた根本が右サイド突くパスを出し、橋本を走らせていきますが、松長根がカバー。田中幹大につなげ、攻めに結びつけていきます。

 

再びボールを動かしていくフロンターレは、5分には浅岡のフィードを田中幹大が日立市のサイドでおさめ、サイドを変えて入江が右クロス。遠いサイド、五十嵐が折り返すと、エリア内に秋葉、田中幹大が迫りますが、ヴェルディはクリア。

 

直後には、田中幹大から左へ展開。五十嵐がエリア外左へ仕掛けていき、折り返すもヴェルディはブロック。コーナーキックはシュートには結びつかなかったものの、ヴェルディの後ろでのボール回しを狙い、高い位置で再び入江がボールをカット。秋葉が田鎖とのパス交換からエリア内への飛び出しを図るなど、攻勢を強めていきます。

 

10分には、ヴェルディ、右サイドを狙い浮き球が出ますが、松長根が田中幹大につながるように対応。田中幹大が前に持ち出し、受けた五十嵐がエリア外左へ仕掛けていき、正面へマイナスに戻すと田鎖がミドルシュート。枠はとらえられませんでしたが、いい連係を見せていきます。

 

浅岡や田鎖、田中慶汰や高井がテンポよく左右にボールを動かして、攻撃の糸口をさぐるフロンターレ。13分には、ボールを失ったところ、自陣に戻った五十嵐が奪い返し、中央の田中慶汰から田中幹大とつなぎ、左に開いた田中幹大はエリア右へ浮き球のパス。金木に阻まれたものの、入江が飛び出していき、おびやかしていきます。

 

直後には、右サイド、入江が高畠とのパス交換から高い位置へ。入江のパスに秋葉がエリア右へ飛び出しますが、金木がセーブ。15分には、田中慶汰がボールを中央でカット。そのパスに秋葉がエリア右へ。折り返しはヴェルディ守備陣も集中した対応を見せて、シュートには結びつかなかったものの、なおも相手陣内でプレーを重ねていくフロンターレ。

 

16分には、田中幹大が自陣で頭で競ったボールを、秋葉が粘り強く追っていきマイボールに。秋葉はエリア外正面、田中慶汰に展開。田中慶汰のミドルシュートはブロック。直後には、ヴェルディ、左サイド、尾又が縦に仕掛けエリア左へ進入しますが、浅岡がカバー。さらに伊藤のフィードから揺さぶりをかけていきますが、浅岡が田中幹大につながるようにして対応していきます。

 

右サイドに展開し、起点をつくろうとしていくヴェルディに対して、松長根や田鎖、田中幹大が囲い込むように、球際に厳しく対応するなど、フロンターレはいい距離感で対峙。ファールを受けてフリーキックを得ると、すばやくリスタート。高畠の右クロスに五十嵐、秋葉がエリア内へ飛び出していくなど、切り替えの良さで上回っていきます。

 

ややパスのずれが重なったヴェルディも、22分には尾又が仕掛けて、左クロスを入れるとニアに飛び出した岩崎がシュートを打ちますが、これは左へ。

 

23分にはフロンターレ、高畠から田中慶汰、田中慶汰から中央、秋葉へつながり、秋葉のパスに田中幹大がエリア左へ。切れ込んでシュートを打つもヴェルディはブロック。右コーナーキックとなり、秋葉が右足で入れたボール、走り込んだ高井が触れ、遠いサイド、浅岡が迫りますが、さわることはできず。

 

ヴェルディは直後、金木からのボールを、中央でおさめた根本が縦に仕掛け、右へ展開。受けた橋本が仕掛けて、エリア外右、ミドルシュートを打ちますが、右へ。さらに原や大下、伊藤がボールを回していこうとするヴェルディ。しかし、フロンターレは、田中慶汰がボールをカット。入江を右サイドの高い位置へ走らせ、フロンターレボールのスローインに。

高畠のスローインに、エリア右へ飛び出した田中慶汰は、折り返すことはできませんでしたが、なおも前から連動してプレスをかけ、五十嵐もプレスバックからボールをものに。ヴェルディの右サイドを狙った浮き球に対しても、松長根が田中幹大につながるように対応するなど、フロンターレは攻撃の芽を摘んでいきます。

 

34分にはヴェルディ、右サイド、橋本がエリア右へ仕掛けていこうとしますが、松長根が粘り強く対応して、それをさせず。フロンターレボールとなり、中央の秋葉が左サイドを突くパスを送ると、抜け出したのは、五十嵐。寄せてきた原をかいくぐるようにして左足でシュートを打つと、ボールはゴールのなかへ。1-0。ついに先制したのはフロンターレ。

 

なおも前からのプレスで奪いにいき、さらには入江が自陣のエリア右近くに戻り、ヴェルディの攻めに対応するなど、距離感よくプレーしていくフロンターレ。38分には、中央で高井が粘り強く寄せにいき、ボールを奪い取り、エリア右を突くパスを出すと、抜け出したのは入江。シュートを打つと、これも決まり、2-0。開幕から3試合連続となる入江のゴールでフロンターレは突き放します。

 

ヴェルディは中央への縦パスからエリア右を突くボールを入れ、岩崎が飛び出して、チャンスをつくろうとしていきますが、松長根がよくしぼり、それをさせず。40分には、再びフロンターレ、田中慶汰がボールを奪い、受けた五十嵐から左へ展開。田中幹大のパスにエリア左へ松長根が飛び出すも、ヴェルディの寄せに遭いシュートまでは至らず。

 

41分にはヴェルディ、根本がエリア右を突くパスを出すと、青山が飛び出し、処理しきれなかったところ、吉田がシュートを打ちますが、高井がゴール前で好カバー。好守でしのいでいくフロンターレに対し、ヴェルディは、エリア外正面やや左でファールを受け、フリーキックを得ると、こぼれ球を拾ったキッカーの根本がミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

 

なおもボールを回そうとしていくヴェルディに対し、田中慶汰がよくボールをカットしそれをさせないフロンターレ。青山や高井、浅岡らがボールを動かす時間もつくっていきます。

 

アディショナルタイムに入り、46分にはフロンターレ、田中慶汰がボールをカット。そのパスに、五十嵐がエリア外正面へ。シュートはブロックされ、右コーナーキックに。秋葉が右足でボールを入れると、頭で合わせたのは高井。ネットを揺らして、3-0。高井の初ゴールで、フロンターレはさらに突き放し、前半はタイムアップ。3-0でハーフタイムとなります。

 

 

後半、フロンターレは交代はなし。一方のヴェルディは、吉田に代わり20新鉄兵、伊藤に代わり16佐藤陽輝。最終ラインは右から青木、原、佐藤、大下、岩崎がやや下がり目で江口と組み、右に橋本、左に尾又、前線に根本、新というようなかたちに。

 

立ち上がり、ゴールに迫ったのはフロンターレ。五十嵐がボールをおさめ、右へ展開。駆け上がった高畠がクロス。遠いサイド、田中幹大が拾い、さらに高い位置へ松長根が上がっていきますが、ヴェルディはカット。それでもフロンターレはすぐさま寄せにいき、前にはいかせずに対応していきます。

 

フロンターレは、さらにヴェルディゴール前に向かっていくルーズボールを、秋葉が追っていき、五十嵐から高畠へつなげると、中央へ上がった高畠はエリア外正面でミドルシュート。これは左へそれたものの、前半と同様に、ゴールへ向かう姿勢を続けていくフロンターレ。直後には、中央で田鎖がボールをカット。五十嵐へつなげ、五十嵐の浮き球のパスに入江がエリア右へ飛び出し。これは入江がファールを取られたものの、チャンスをつくっていきます。 

 

4分には、さらに田中慶汰から受けた浅岡が前に持ち出し、左サイドの高い位置を突くパスを出すと、抜け出した松長根がゴール前へ折り返しのボール。これはブロックされ、今度はヴェルディ、根本が左サイドの高い位置へ。クロスは遠いサイドへ向かうも松長根がクリア。すぐさま自陣に戻り、切り替えよく対応していきます。

 

入江や高畠、田鎖や秋葉が囲い込むようにしてボールを奪い、相手陣内でも入江がボールを奪いにいくなど、球際に厳しく、プレーを重ねていくフロンターレ。ヴェルディが攻める場面では、田中幹大が自陣のエリア近くでクロスに対して、対応していくなど、献身的にプレーを続けていきます。

 

11分には、秋葉から田中慶汰とつないで、田中慶汰は左サイドの高い位置を突くパスを出すと、松長根がまたも折り返しますが、ヴェルディも集中力を持ってこれに対応。今度は尾又にボールが渡り、尾又は左サイド、上がった大下につなげようとしますが、入江が戻り、これに対応。直後にはフロンターレ、五十嵐がボールをカット。右へ展開すると、高畠のクロスのこぼれ球を正面で拾った松長根がミドルシュートを打ちますが、上に。

 

ヴェルディも右からの攻めに持ち込み、折り返しますが、高井がカバーし右コーナーキックに。ヴェルディはショートコーナーを選択し、大下が頭で合わせますが、右へ。

 

ヴェルディはここで尾又に代わり13瀬川サーシャ、岩崎に代わり22足立稀渚。瀬川が左に張り、根本が前線、橋本が右、江口の前に新、足立というようなかたちに。それでもゴールに迫るのはフロンターレ。18分には右サイド、田中慶汰、高畠、入江とテンポ良くボールを動かし、最後はエリア右へ抜け出した秋葉がシュートを打ちますが、上に。

 

さらに田中慶汰のパスを起点に、五十嵐が正面へ。シュートがブロックされたところ、拾った田中幹大がエリア左でシュートを打ちますが、これは上に。追加点にこそならなかったものの、立て続けに迫っていきます。

 

一方のヴェルディは瀬川が左サイドからパス交換を交えて、エリア右へ。これにはフロンターレ、必死に足を伸ばし、最後には青山がセーブ。さらにボールを動かし、瀬川がエリア外正面へ。エリア内に浮き球を入れていきますが、青山がセーブ。すばやくリスタートした青山は左サイドを駆け上がった五十嵐へつなげ、守備から攻めにつなげる姿勢を見せていきます。

 

フロンターレは22分、秋葉に代わり25五木田季晋。

 

飲水タイムをはさんで、五木田が前からプレスをかけていき、高い位置から奪いにいくフロンターレ。ヴェルディも、大下から瀬川につなげ、瀬川がゴールへ仕掛ていきますが、高井がカット。五十嵐へつなげ、五十嵐は右に流れた五木田、さらに五木田から入江へつなげ、守備から攻めに。また、入江のプレスバックから田中慶汰、田中慶汰から浅岡へつなげるなど、終盤へ向かっていく時間帯でも献身的にプレーを続いていきます。

 

29分にはヴェルディ、右サイドからのパス交換からエリア内へ新が飛び出しますが、高畠がカバー。そこから五十嵐、右の入江、中央の田鎖へ。ボールを粘り強くキープした田鎖は左へ展開。松長根が駆け上がっていきますがシュートにはつながらず。それでも機を見て追加点を狙う姿勢を見せていきます。

 

フロンターレは31分、入江に代わり3徳久湧大。

 

33分にはヴェルディ、パス交換から青木がエリア外右、高い位置へ上がっていきますが、浅岡がカバー。さらに中央でボールを回していこうとするヴェルディに対し、五十嵐がプレスバック。田中幹大にいったん預けて、左サイドを仕掛けて、左サイドでのスローインに。スローインから五木田がエリア内へ飛び出しますが、金木がセーブ。

 

ヴェルディのボール時にはコンパクトにして、対応していくフロンターレ。田鎖がボールを持ち上がり、前線へ動き出す五木田を狙い、スルーパスを試み、交代で入った徳久も、うまく間で受け、空いたスペースをドリブルで駆け上がるなど、ゴールへ向かう姿勢を見せていきます。

 

41分には、ヴェルディ、パス交換から青木がエリア右へ。しかし、高井が足を伸ばし、対応。さらにゴール前に浮き球を入れてくるヴェルディ。フロンターレは浅岡や田鎖がしっかり対応していきます。

 

44分、フロンターレは田中慶汰に代わり11小野寺瑠、五十嵐に代わり14大瀧螢。ヴェルディは原に代わり31池ヶ谷悠。

 

アディショナルタイムは3分。大瀧がボールを預けたところから前に飛び出し、また、小野寺が中央でボールをカットするなど、相手陣内で時間をつくろうとしていくフロンターレ。右サイド、青木を起点にしようとするパスには浅岡が対応し、それをさせず。徳久がゴール前へ仕掛けていき、ヴェルディがボールを奪ったところを大瀧がプレス。最後まで前へいく姿勢を崩さなかったフロンターレ。試合はまもなくタイムアップとなり、3-0。3連勝を飾ることになりました。

 

攻守にハードワークを重ね、高い位置からのボール奪取をゴールにつなげるなどしたことが、心に残るものがあったフロンターレ。3-0というスコアは選手たちのプレーのひとつひとつが結びついたからこそ、と感じさせられます。

 

 

前半3-0 後半0-0 計3-0

 

得点:五十嵐太陽、入江流星、高井幸大(フロンターレ)

 

 

 

フロンターレの先発:1青山海、2高畠捷、15高井幸大、17浅岡飛夢、20松長根悠仁、5田鎖勇作、6田中慶汰、7入江流星、9田中幹大、8秋葉拡人、10五十嵐太陽

 

交代:秋葉→25五木田季晋 入江→3徳久湧大 田中慶汰→11小野寺瑠 

   五十嵐→14大瀧螢

 

控え:16宮地健輔 24吹田航晟 30由井航太 31尾川丈 32岡野一恭平

 

 

 

ヴェルディの先発:12金木虎太朗、2青木瑠星、5原圭佑、3大下峻太、23伊藤竜海、18江口逢寿、17岩崎壮真、10根本鼓太郎(c)、14橋本陸斗、11尾又雅仁、9吉田崇幸

 

交代:吉田→20新鉄兵 伊藤→16佐藤陽輝 岩崎→22足立稀渚 尾又→13瀬川サーシャ

        原→31池ヶ谷悠

 

控え:1小野耀路 32高須侶歩 7福西翔太 28大久保祐希

 

(文中敬称略)

 

フロンターレとヴェルディ、それぞれのユニホームが入り口には飾られた
富士通スタジアム川崎外にはふわふわふろん太くんや飲食のブースなども設けられた
濱﨑知康選手
川口達也選手
青山海選手
秋葉拡人選手
佐原秀樹コーチ

由井航太選手
尾川丈選手
青山海選手
宮地健輔選手
秋葉拡人選手
田中幹大選手
田鎖勇作選手
大瀧螢選手
入江流星選手
田中幹大選手
高畠捷選手
五十嵐太陽選手
福田開人選手
岡野一恭平選手
尾川丈選手
田中慶汰選手
入江流星選手
浅岡飛夢選手
大瀧螢選手
小野寺瑠選手
徳久湧大選手
吹田航晟選手
五木田季晋選手
尾川丈選手
試合を前に円陣を組む選手たち

先発メンバーたちを送り出す

この日は欠場した大関友翔選手のユニホームとともに写真撮影に臨んだ

コイントスに臨むキャプテンの青山海選手
円陣を組んでキックオフへ

田鎖勇作選手
松長根悠仁選手
入江流星選手
浅岡飛夢選手
高畠捷選手
青山海選手
浅岡飛夢選手
田鎖勇作選手
青山海選手
五十嵐太陽選手
田中幹大選手、田鎖勇作選手、浅岡飛夢選手
田中慶汰選手
入江流星選手
田鎖勇作選手
高畠捷選手
田鎖勇作選手
田中幹大選手
秋葉拡人選手
高畠捷選手
浅岡飛夢選手
五十嵐太陽選手
高井幸大選手
田鎖勇作選手
浅岡飛夢選手
田中慶汰選手
田中幹大選手
入江流星選手
田鎖勇作選手
秋葉拡人選手
粘り強く守っていくフロンターレ
秋葉拡人選手
田中幹大選手
コーナーキックからゴールを狙う
田中慶汰選手
青山海選手
青山海選手
入江流星選手
田中慶汰選手
高畠捷選手
松長根悠仁選手
田鎖勇作選手
高井幸大選手
太鼓と手拍子で後押しをするフロンターレのサポーター
ヴェルディのサポーターも幕を出し、選手たちを後押しした
高畠捷選手
五十嵐太陽選手

シュートは原圭佑選手の股下を通ってゴールへ決まる

厳しく寄せにいく高井幸大選手

右へ展開する
入江流星選手がシュート。2-0に

五十嵐太陽選手
松長根悠仁選手

好守でピンチをしのぐ
高井幸大選手
高畠捷選手
田中慶汰選手
田中慶汰選手
田中幹大選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手
コーナーキックから高井幸大選手がヘディングシュート

3-0になる

前半は3-0でタイムアップ

由井航太選手
小野寺瑠選手
大瀧螢選手
宮地健輔選手
尾川丈選手
五木田季晋選手
徳久湧大選手
由井航太選手
尾川丈選手
五木田季晋選手
吹田航晟選手
小野寺瑠選手
由井航太選手
岡野一恭平選手
宮地健輔選手
五木田季晋選手

青山海選手
後半へ
浅岡飛夢選手
五十嵐太陽選手
高畠捷選手
五十嵐太陽選手
高畠捷選手
松長根悠仁選手

青山海選手
青山海選手
高畠捷選手
田鎖勇作選手
入江流星選手
青山海選手
高畠捷選手
入江流星選手
田中幹大選手
松長根悠仁選手
松長根悠仁選手
田中幹大選手
松長根悠仁選手
松長根悠仁選手
高畠捷選手
秋葉拡人選手

五十嵐太陽選手
秋葉拡人選手
入江流星選手
五木田季晋選手
飲水タイムへ
田中慶汰選手
高畠捷選手
田鎖勇作選手
五木田季晋選手
高畠捷選手
田鎖勇作選手
田鎖勇作選手
入江流星選手に代わり徳久湧大選手が出場
徳久湧大選手
青山海選手
五十嵐太陽選手
五木田季晋選手
田中慶汰選手
ハードワークを続けていくフロンターレ
徳久湧大選手
五木田季晋選手
徳久湧大選手
高井幸大選手
田鎖勇作選手
高畠捷選手
田鎖勇作選手
青山海選手
高畠捷選手
徳久湧大選手
五十嵐太陽選手
田中慶汰選手
小野寺瑠選手
田鎖勇作選手
浅岡飛夢選手
大瀧螢選手
小野寺瑠選手
小野寺瑠選手
大瀧螢選手
五木田季晋選手
浅岡飛夢選手
3-0でタイムアップ

試合を見守った家族やサポーターらのもとへ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です