フロンターレU18 – 阪南大学高校 / プレミアリーグプレーオフ


12月12日は、広島広域公園第一球技場へ。

プリンスリーグ関東で初優勝を果たした川崎フロンターレU-18は、初のプレミアリーグ昇格を懸け、プレミアリーグプレーオフに臨みました。

プレミアリーグプレーオフには、各地区のプリンスリーグの上位、計18チームが出場。3チームずつ6ブロックに分かれてトーナメントを行い、6チームがプレミアリーグに昇格することができます。

フロンターレは1回戦をシードされ2回戦からの登場に。コンサドーレ札幌U-18との1回戦を勝利した、プリンスリーグ関西2位の阪南大学高校と対戦することになりました。


【川崎フロンターレU-18 プレミアリーグプレーオフ2回戦 vs 阪南大学高校】

12月12日(日)午前11時キックオフ 広島広域公園第一球技場 くもり

 

フロンターレの先発は、GKキャプテンの1青山海、最終ラインは右から2高畠捷、15高井幸大、20松長根悠仁、6田中慶汰、ボランチは5田鎖勇作、18大関友翔、右MF8秋葉拡人、左MF32岡野一恭平、前線には10五十嵐太陽、9田中幹大。


阪南大学高校の先発は、GK12山形慈温、最終ラインは右から4今西一志、19櫻本亜依万、8西田祐悟、3保田成琉、ボランチは7櫻井文陽、10稲垣大耀、右MF2松本楓悟、左MF25田中大翔、前線には22石川己純、キャプテンの18鈴木章斗。



うっすらと雲がかかる一方で、晴れ間も見える広島広域公園第一球技場。

メインスタンドからは、両チームの選手の家族らが見守り、バックスタンドには多くのフロンターレサポーターが駆けつけ、幕を出し太鼓や手拍子などで選手たちを励ますなか、試合は始まりました。



立ち上がりはフロンターレ。自陣でフリーキックを得ると、青山が入れたボールを田中幹大が競り、収めた五十嵐は、左に展開。岡野一につながり、ふたたび受けた五十嵐、田鎖とつながり、田鎖は左へ展開。田中慶汰のクロスは、山形にセーブされたものの、いい距離感で人を懸けた攻めを見せていきます。


一方の阪南大学高校も、裏を突くパスからフロンターレのゴールをうかがいに。4分には、左サイドを突くパスに、石川が抜け出しそうになりますが、高井がしっかり対応。

フロンターレはそこから攻めに転じ、高井が田中幹大を前に走らせ、セカンドボールをものにした田鎖は左へ展開。五十嵐を走らせ、相手陣内で時間をつくろうとしていきます。


阪南大学高校も、5分には、エリア外右へ飛び出した田中がボールをおさめ、仕掛けようとしていきますが、松長根が粘り強く対応。最後は田中のファールに。


6分には、今度はフロンターレ。左サイドでのスローインを田中幹大が左サイドの高い位置で残し、受けた岡野一が仕掛け、クロスを入れていきますが、山形がセーブ。


8分には、阪南大学高校、櫻井のパスに、石川がエリア外右へ。シュートを打ちますが、枠はとらえられず。


9分には、フロンターレ、下がり目で受けた五十嵐、中央の大関とつながり、大関の左サイドの裏を突くパスに、岡野一が反応しますが、オフサイド。ともにゴール前での場面をつくりだす活発な時間が続いていきます。




阪南大学高校は、エリア前にきわどい浮き球を入れ、混戦の場面を作り出していきますが、高井や松長根がしっかり競り、青山が最後は安定したセービングを披露。

11分には、阪南大学高校、中央でマイボールにしたところから、エリア右へスルーパス。石川が抜け出しそうになりますが、高井がカバーし、右コーナーキックに。

櫻井が右足でボールを入れると、鈴木が頭で合わせますが、青山がセーブ。13分には、さらに右サイドからの仕掛けで迫る阪南大学高校。リターンをエリア右で受けた櫻井がシュートを打ちますが、青山がまたもセーブしていきます。


阪南大学高校が、フロンターレのエリア前に迫る時間は続き、右サイドの裏を突くパスを入れていきますが、青山がカバー。さらに阪南大学高校の出足がフロンターレを上回り、フロンターレとしては、なかなかボールを動かせない時間が続きますが、最後のところで田鎖や大関らがしっかり競り、高井や松長根も体を張り、しのいでいきます。


18分には、フロンターレ、青山のフィードを田中幹大が競り、正面へ秋葉が抜け出しそうに。ここで阪南大学高校にファールがあり、エリア外正面でのフリーキックを得ます。


キッカーの秋葉は、右足で直接狙うも、ワンタッチあり、左コーナーキックに。秋葉がボールを入れると、ニア寄りで高井が合わせますが、阪南大学高校はブロック。



阪南大学高校も20分には、エリア前での競り合いから、正面へ田中が抜け出そうとしますが、高畠がカバー。決定的な場面をつくらせず、しのいでいきます。



飲水タイム明け、フロンターレは田鎖から右、秋葉、高畠とつながるなど、相手陣内で時間をつくれるように。24分には、五十嵐が競り、おさめた秋葉のパスに、岡野一が正面へ。シュートは阪南大学高校の体を張った守りに阻まれたものの、いい距離感でチャンスをつくっていきます。


25分には、右サイドからの攻めに。高畠が高い位置へ上がり、ボールはエリア外右、五十嵐へ。五十嵐が仕掛ける姿勢を見せ、パスを送ると、正面やや右、秋葉がシュートを打ちますが、上に。

26分には、左サイドでボールをカット。五十嵐がエリア外左へ仕掛け、シュートを打ちますが、阪南大学高校はブロック。


29分には今度は阪南大学高校、鈴木がおさめ、右へ展開。今西が高い位置へ。クロスに遠いサイドで稲場が反応しますが、ヘディングシュートはわずかに上。しかし、阪南大学高校も、連係のとれた攻めからおびやかしていきます。


30分にはさらに阪南大学高校、エリア外左でボールを奪った田中が、ゴール前に仕掛け、折り返しますが、エリア内で大関がブロック。


さらにフロンターレにファールがあり、阪南大学高校がエリア外左でフリーキックを得ますが、これをしのいだフロンターレは、五十嵐が田中幹大を前に走らせ、右サイドでのスローインに。

スローインから入ったボールを、大関がうまくおさめ、切り返して左に展開。田中慶汰につなげ、岡野一とのパス交換から田中慶汰は高い位置へ。ここでも阪南大学高校の守りに阻まれたものの、時間をつくっていきます。


大関や田鎖が多くボールに触れられるようになり、五十嵐も下がり目でかかわりあいながら時間をつくっていくフロンターレ。38分には、阪南大学高校、縦パスに、石川が正面へ抜け出しそうになりますが、松長根がクリア。


直後にはフロンターレ、田中幹大が浮き球を競り、おさめた大関のスルーパスに岡野一が抜け出しそうになりますが、惜しくも通らず。

さらに岡野一が高い位置で厳しくプレスにいき、自分たちのスローインにし、大関の縦パスをうまく間で秋葉が受けるなどしていきます。

41分には、高井の縦パスをうまく右サイド寄りのスペースで受けた五十嵐から右へ展開。高畠へつながり、クロスを入れるも、阪南大学高校はブロック。


43分には、松長根の縦パスを正面で受けた秋葉から右へ。高畠の折り返しに、エリア内、田中幹大が迫るも、山形がセーブ。直後には、秋葉の浮き球を、高い位置で田中幹大がおさめ、そのパスに秋葉がエリア右へ。シュートはここでもブロックされたものの、チャンスをつくっていきます。


44分には、五十嵐のパスを起点に、岡野一がエリア左へ。仕掛けていき、シュートを打つも阪南大学高校はブロック。

セカンドボールをものにしたフロンターレは、大関の右サイドを突くパスに、高畠が抜け出し、折り返し。正面やや右、五十嵐がシュートを打ちますが、ここでも阪南大学高校はブロック。


アディショナルタイムは1分。田鎖から左へ展開すると、岡野一のクロスに、遠いサイド、高畠が飛び込みますが、さわることはできず。前半は0-0でタイムアップとなります。






後半、五十嵐のパスをおさめた田中幹大が左に展開し、仕掛けた岡野一がクロスを入れるなど、相手エリアに迫っていくフロンターレ。1分には、五十嵐がボールを競り、正面へ抜け出した田中幹大がシュートを打ちますが上に。


さらに中央で大関、五十嵐、大関と動かし、左に展開。エリア左へ岡野一が仕掛けていきますが、阪南大学高校も粘り強く守り、ゴールキックに。


直後には、阪南大学高校、エリア外右でフリーキックを得ると、キッカーの櫻井は遠いサイドに正確なボールを入れていきますが、フロンターレも球際で負けずに競り、最後は右サイドでのスローインにしていきます。


松長根のフィードを、五十嵐が粘り強く体を入れてマイボールにするなど、長いボールも交えながら、前に出ていくフロンターレ。最終ラインの高井、松長根に田鎖や田中慶汰が加わり、後ろからの組み立ても図り、阪南大学高校が入れてくる浮き球に対しても、田中慶汰が岡野一につながるようにして対応するなどし、流れを渡さず、プレーを重ねていきます。


7分には、田鎖、大関とつながり、大関のスルーパスに、岡野一がエリア左へ。シュートはワンタッチあり、右コーナーキックに。秋葉がボールを入れると、セカンドボールを拾ったフロンターレは、高畠から左サイド、高い位置の五十嵐に正確なボールが通り、五十嵐はクロス。これに頭で合わせたのは、松長根。ボールはゴールのなかへ。1-0。

ついに先制点をものにしたのはフロンターレ。ピッチ上の選手、アップをしながら見守っていた選手たち。さらに怪我のためメンバー外であったものの、チームに帯同しサポート役に回っていた入江流星もともに喜びを分かち合います。



阪南大学高校も、直後には、立て続けにコーナーキックを得て、11分にはセカンドボールを拾い、右へ展開。クロスに、櫻本が頭で合わせると、ゴールネットを揺らしますが、オフサイドとなり、同点とはならず。


12分には、エリア外左でフロンターレにファールがあり、フリーキックに。櫻井は遠いサイドにボールを入れていきますが、フロンターレはコンパクトに。人をかけてしのいでいきます。


フロンターレはふたたび自分たちでボールを動かし、松長根のパスを、田中幹大がおさめたり、カバーした岡野一のパスを、五十嵐がおさめ、前に運んでいくなど、守備から攻めへのつながりを見せていきます。


18分、高畠のパスに右サイドの高い位置へ田中幹大が飛び出し、その折り返し、エリア右、五十嵐がシュートを打つと、ボールはゴールのなかへ。2-0。突き放したのはフロンターレ。



阪南大学高校は、石川に代わり23鮎川岳叶、田中に代わり11宮崎悠大。


フロンターレは田中幹大がよく体を張り、セカンドボールも五十嵐や大関、田鎖らがものに。流れをさらにつかんでいきます。


飲水タイムをはさんで23分には大関に代わり30由井航太。阪南大学高校は、中央に浮き球を入れ、打開を図ろうとしますが、由井が田中幹大につながるようなかたちにし、左サイドからの攻めに。

岡野一が仕掛け、エリア外左、五十嵐が折り返すと、正面で田鎖がミドルシュートを打ちますが、上に。

さらにフロンターレは前からプレスをかけマイボールに。田中幹大や五十嵐、高畠がエリアを狙う姿勢を見せながら、高い位置でボールを動かしていきます。


27分には、左サイドの高い位置へ由井が抜け出し、折り返すと、秋葉がエリア左へ。最後は阪南大学高校がクリアするも、チャンスをつくります。


阪南大学高校は29分、負傷のため、ピッチの外に出ていた櫻本に代わり24小倉颯太。


31分、フロンターレは右サイドでのスローインに。エリア外右、受けた五十嵐が速い振りでシュートを打つと、ボールはふたたびゴールのなかへ。3-0。、さらに突き放したのはフロンターレ。大きな追加点が入ります。

フロンターレは足をつった田中幹大がピッチ外へ。一時10人に。それでも阪南大学高校の裏を突くパスは、松長根がカバー。さらに左サイドの裏を突くパスには、高畠が秋葉につながるかたちで対応していきます。

33分には岡野一に代わり23川口達也、田中幹大に代わり25五木田季晋。

34分には、田中慶汰がボールを競ると、秋葉が正面へ抜け出しそうになりますが、山形がセーブ。

フロンターレは、さらに中央で由井が浮き球に対して、よく対応。五十嵐も下がり目に下りて、ボールをおさめ、前に秋葉や五木田を走らせるなど、相手陣内で時間をつくっていきます。

阪南大学高校はサイドに展開し、ドリブルからチャンスをつくろうとしますが、田中慶汰が粘り強く対応。ゴールキックに。終盤に入っても、強度は落ちず、プレーを続けていきます。


40分には、セカンドボールを拾った川口が縦に仕掛け、相手のディフェンスをかいくぐり、一気にエリア内へ。最後は山形に阻まれたものの、個の力も交え、チャンスをつくっていきます。


阪南大学高校は、松本に代わり17菊川泰河。前の選手を代えていきますが、フロンターレは、松長根や高井が体をよく張り、起点をつくらせず、時間を重ねていきます。


43分には、五木田が競ったボールを、川口が拾い、エリア右を突くパス。秋葉が抜け出しそうになりますが、山形がセーブ。


直後には、阪南大学高校、櫻井が正面へ。その縦パスに鈴木が反応しますが、田鎖がカバーしていきます。


アディショナルタイムは4分。

 

浮き球に対しては、青山がしっかり対応。左サイドの高い位置で五十嵐や川口、五木田が回し、正面へ川口が抜け出しそうになったり、さらに右サイドに流れた五木田のリターンを、正面で受けた五十嵐のスルーパスに、エリア内へ由井が抜け出しそうになったりと、フロンターレは次のゴールも狙い続けていきます。


48分、フロンターレは五十嵐に代わり34岡崎寅太郎。

49分には、左サイドでスローインを受けた岡崎がエリア左へ仕掛けていきますが、山形がセーブ。さらに五木田や岡崎が高い位置でプレス。攻守にプレーを重ね、試合はタイムアップ。


これこそ川崎フロンターレU-18と思わされるサッカーで、プレミアリーグ昇格をつかみ取りました。


今年だけではなく、これまでフロンターレアカデミーにかかわってきた選手やスタッフが積み重ねてきたものが、ついに実った、と感じさせられる悲願の昇格。

きっと来年以降も、これまで積み重ねてきた過去から未来への「つながり」をもって、ピッチの上で素晴らしい、フロンターレらしいサッカーを表現してくれるはず、と思います。


初めての大きな舞台で、どんな試合を見せていくのか、とても楽しみにしています。

そして、最後のシーズンに大きなものを残していった三年生たちのこれからも、とても楽しみにしています。


前半0-0 後半3-0 計3-0


得点:松長根悠仁、五十嵐太陽2 (フロンターレ)


フロンターレの先発:1田中幹大(c)、2高畠捷、15高井幸大、20松長根悠仁、6田中慶汰、5田鎖勇作、18大関友翔、8秋葉拡人、32岡野一恭平、10五十嵐太陽、9田中幹大

交代:大関→30由井航太 岡野一→23川口達也 田中幹大→25五木田季晋 五十嵐→34岡崎寅太郎

控え:33濱𥔎知康 17浅岡飛夢 14大瀧螢 


阪南大学高校の先発:12山形慈温、4今西一志、19櫻本亜依万、8西田祐悟、3保田成琉、7櫻井文陽、10稲垣大耀、2松本楓悟、25田中大翔、22石川己純、18鈴木章斗(c)

交代:石川→23鮎川岳叶 田中→11宮崎悠大 櫻本→24小倉颯太 松本→17菊川泰河

控え:21松本健汰 6稲垣塁 16辰巳悠河





試合後、キャプテンの青山海、2ゴール1アシストの五十嵐太陽、先制ゴールの松長根悠仁の3選手に話を聞きました。その言葉を紹介したいと思います。

 

GK1 青山海選手 (3年)


 ・今日は30分くらいまでは押し込まれていて、苦しい時間もあったと思います。どうでしたか?


そうですね、前半、ベンチも含め、いい形で試合に入ったと思うんですけど、ゴールというところに結びつかなくて苦しい時間が続いたんですけど、ゼロで抑えるというところは守備陣、フィールド陣と話し合って。

ゼロで抑えたので、そこは前半、良かったと思います。

 ・そんななかで、後半いいかたちで先制できました。


相手は1戦先に戦っていて、疲れてくるというのもあるので。「行けるぞ、行けるぞ」という声が出ていたので。それが1点につながって。2点、3点に行けたので良かったと思います。

 
 ・今日は多くのサポーターが来ていました。

天皇杯もあるのに、半分くらい駆けつけてくれたと聞いたので。それほど期待されているというか。プレミア昇格ということは凄いことだと思いますし、そこに応えられたのは良かったかな、と思います。


 ・フロンターレから離れて大学でサッカーを続けるということで、これからに向けて。

ここでフロンターレでの生活は終わりになって、また来年から大学でサッカーをして、4年後、また勇希さん、早坂さんみたいに戻ってこれるように頑張っていきたいと思います。


 ・来年からプレミアリーグで戦う後輩たちに。

まず今日の喜びは良いことだと思います。

片道切符にならないように、来年残留じゃなくて、上も狙えるように。頑張ってほしいと思います。


FW10 五十嵐太陽選手 (3年)


 ・おめでとうございます。途中苦しい時間もあったと思うんですが、どんなことを考えながらプレーしていましたか?

本当に前半の最初らへんは押し込まれて。

自分たちのサッカーができないなかで、相手の疲れもあるかわかんないんですけど、自分が間で受けられるようになって。そこから自分たちのサッカーができるようになって。

後半は自分たちのサッカーができて、3点取れて良かったと思います。



 ・2ゴール、1アシスト。自分のプレーに関してはどうでしたか?


1年間本当に結果にこだわるという目標があって、自分の中でやってきたんですけど、それが最後の試合で、プレミアリーグ昇格という大事な試合で、自分がチームに貢献できたので、良かったと思います。


 ・フロンターレのアカデミーから卒業してトップチームに行きますが、改めて来年の目標などはありますか?

今、日本一のチームですし、そのなかでできるというのは貴重なことだと思います。でも先輩たちを見習っているだけじゃなく、自分が試合に絡んでいけるよう、頑張っていきたいです。


 ・今日は多くのサポーターが来ていました。この前のあいさつのときに、(2015年の)ダノンのときにサポーターが来ていたことを語っていました。あのときのサポーターもいたと思います。

トップチームの試合があるなかで、こっちに応援に来てくれて。本当に自分たちの力になりましたし、熱い応援で鼓舞してくれて。ありがとうございます。


 ・来年プレミアリーグで戦う後輩たちに。

初めての舞台で緊張もプレッシャーもあると思うんですけど。自分たちのやってきたことを信じて頑張ってほしいです。


DF20 松長根悠仁選手(2年)


 ・おめでとうございます。

ありがとうございます。

 ・前半は苦しい時間もあったと思うんですが、どんなことを考えながらプレーしていましたか?

相手は2戦目なので、疲れている、というのはみんなで話していたので。前半ゼロでしのいで、後半相手が疲れてくるとことで決めるというふうにやっていたので。その通りにできて良かったです。


 ・苦しいなかでも落ち着いてプレーをしていた。


高井と2人でちゃんと話しながらできて。ゼロで終われて良かったです。



 ・先制のゴールについては。

太陽に入ったときに、クロスが入ってきそうと思ったので。オフサイドには気を付けて。いいボールが来たので、本当に合わせるだけだったので。

 ・ゴールを決めたときの気持ちは。

今までミスばっかりしていて、迷惑かけていたので。ちゃんと決められて良かったです。


 ・今日は多くのサポーターが来ていましたが。

監督からもサポーターの人がわざわざ来てくれて、そういう人たちのために戦え、というふうに試合前に話していたので。サポーターの人たちの前で戦えて良かったです。


 ・来年は最終学年となります。来年に向けて。

自分と大関、高井は試合に出ていたので。その3人でちゃんと引っ張って。来年プレミア1年目で優勝して、チャンピオンシップでも勝って日本一になりたいです。




(文中敬称略)

 

青山海選手
濱﨑知康選手
サポーターたちが駆け付けたバックスタンド。多くの幕が出された

大瀧螢選手
浅岡飛夢選手
濱﨑知康選手
試合を前にバックスタンドのサポーターたちのもとへ

「行くぞ プレミア!! 川崎魂!!」
高畠捷選手
田中幹大選手
秋葉拡人選手
秋葉拡人選手
五十嵐太陽選手
田鎖勇作選手

由井航太選手
五木田季晋選手
大関友翔選手
川口達也選手
岡崎寅太郎選手
大瀧螢選手


フロンターレの先発メンバー
コイントスに臨む青山海選手

青山海選手
青山海選手
岡野一恭平選手
岡野一恭平選手
松長根悠仁選手
高井幸大選手
田中慶汰選手

田鎖勇作選手
高井幸大選手
岡野一恭平選手
五十嵐太陽選手
岡野一恭平選手
青山海選手
高畠捷選手

高畠捷選手
高井幸大選手
高畠捷選手
秋葉拡人選手
青山海選手
青山海選手
秋葉拡人選手

秋葉拡人選手
田中慶汰選手
高畠捷選手
高井幸大選手
五十嵐太陽選手
大関友翔選手
大関友翔選手
青山海選手
田中幹大選手

青山海選手
高井幸大選手

田中幹大選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手
田中幹大選手
田中幹大選手
大関友翔選手
田鎖勇作選手
田鎖勇作選手

田中慶汰選手
田中慶汰選手

岡野一恭平選手
田中慶汰選手
秋葉拡人選手
高畠捷選手
高井幸大選手

田中幹大選手
青山海選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手

大関友翔選手
秋葉拡人選手
高畠捷選手
松長根悠仁選手

高畠捷選手
高畠捷選手
秋葉拡人選手
田中幹大選手
岡野一恭平選手

大関友翔選手
田鎖勇作選手
高畠捷選手
前半は0-0
後半へ

五十嵐太陽選手
田中幹大選手
岡野一恭平選手
田中幹大選手
高畠捷選手
田鎖勇作選手
田中慶汰選手
五十嵐太陽選手
岡野一恭平選手

五十嵐太陽選手
秋葉拡人選手
田中慶汰選手
高畠捷選手
岡野一恭平選手
五十嵐太陽選手がクロスを入れる

松長根悠仁選手が決め先制点はフロンターレへ

怪我のためサポート役を務めた入江流星選手とも喜びを分かち合う

五十嵐太陽選手

岡野一恭平選手
大関友翔選手
田中幹大選手

五十嵐太陽選手が決め2-0

アシストの田中幹大選手と喜びを分かち合う

岡野一恭平選手、田中慶汰選手
田中慶汰選手
飲水タイム、入江流星選手も水筒を渡す

由井航太選手
由井航太選手
田中幹大選手

田中幹大選手
田鎖勇作選手がシュート
田中幹大選手

由井航太選手

秋葉拡人選手
高畠捷選手
五十嵐太陽選手が決め3-0

高畠捷選手
高畠捷選手
秋葉拡人選手
高井幸大選手
川口達也選手
由井航太選手
青山海選手
交代で下がった田中幹大選手を入江流星選手が迎える

由井航太選手、川口達也選手

由井航太選手
田中慶汰選手
高畠捷選手
川口達也選手

五木田季晋選手
由井航太選手
五木田季晋選手
川口達也選手
五十嵐太陽選手
川口達也選手がシュート
五木田季晋選手

五十嵐太陽選手
由井航太選手、松長根悠仁選手
五十嵐太陽選手に代わり岡崎寅太郎選手がピッチへ
五十嵐太陽選手を長橋康弘監督が迎える
岡崎寅太郎選手

高井幸大選手
3-0でタイムアップ

喜びを表す選手たち

サポーターのもとへ

試合に出場した3年生たち
五十嵐太陽選手
家族とともに
スタッフも加わり写真におさまる

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

フロンターレU18 – 阪南大学高校 / プレミアリーグプレーオフ」への1件のフィードバック

  1. 初プレミア昇格は大変嬉しい事です。おめでとうございます。今回広島に行けた選手は20人。これが高校三年生最後の試合でしたが、広島行きから外れた選手もいました。そんな中、自分で広島に出向いた入江選手が、本当は自分もピッチに立ちたかったでしょうに、献身的に仲間のサポートをする姿に感動しました。彼の純粋な応援も勝利を導いた事と思います。大学でも頑張って下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です