拓殖大 – 流通経済大 / 関東大学サッカーリーグ1部第20節


10月30日は、千葉県習志野市の第一カッターフィールドへ。



関東大学サッカーリーグ1部は第20節を迎え、第一カッターフィールドでの第1試合は、拓殖大と流通経済大が対戦。

川崎フロンターレU-15、静岡学園出身のMF浅倉廉が出場しました。



【関東大学サッカーリーグ1部第20節 拓殖大 vs 流通経済大】

10月30日(日) 午前11時キックオフ 第一カッターフィールド 晴れ

拓殖大は、ここまで8勝4分け7敗。

先発は、GK1高麗稜太、最終ラインは右から3関根大輝、20照井佑亮、キャプテンの6山下諒時、2神宮司嶺、ボランチは8小川開世、7鏑木瑞生、右に14浅倉廉、左に11加藤悠馬、トップ下10日野翔太、前線には18三浦敏邦。

フロンターレU-18出身のDF23高畠捷、MF24田鎖勇作はメンバー外。



流通経済大は、4勝5分け10敗。

先発は、GK22粟野健伸、最終ラインは右から8中島舜、23田口空我、12根本健太、25渋谷諒太、ボランチは34渡曾武蔵、6藤井海和、右に11加瀬直輝、左に20川畑優翔、トップ下14熊澤和希、前線には19宮田和純。



風もなく、穏やかな秋晴れの第一カッターフィールド。メインスタンドには、多くの選手の家族らやサッカーファンが集まる、いい雰囲気に。


声を出しての応援が解禁となり、流通経済大のメンバー外の選手らが多く集まり、チャントなどで選手を勇気づけるなか、試合は始まりました。



立ち上がり、いきなりチャンスを迎えたのは流通経済大。

1分、右サイドでのスローイン、エリア内で宮田がボールをおさめると、エリア外正面、受けた熊澤がシュート。クロスバーを叩いて決まらなかったものの、決定機をつくっていきます。


なおも、中央、下がり目でボールを熊澤が受け、そこから攻撃へつなげようとしていく流通経済大。

それに対して、拓殖大は、鏑木が厳しく寄せにいき、マイボールに。


さらに流通経済大が、浮き球に宮田が高い位置へ動き出し、セカンドボールを拾い、エリア右を突くパスで迫っていきますが、GK高麗がカバー。

次第に拓殖大が、ショートパスと、相手のプレスを剝がす技術の高さでボールを動かす時間をつくっていきます。


しかし、5分流通経済大は、右サイドからの攻めに。中島がクロスを入れると、ニアに抜け出した宮田がシュート。これが決まり、0-1。

流通経済大が先制します。



追いかける拓殖大は、中央で小川、鏑木、浅倉も関わり合い、右SBの関根が高い位置へ。いったん、エリア右に寄った浅倉に預け、正面に展開。

最後は、エリア外正面、関根が地を這うようなミドルシュート。ゴール左をとらえるも、粟野が弾き出し、左コーナーキックに。



そのコーナーキックは、流通経済大がしのぐも、拓殖大はさらに左サイド、加藤が切れのある動きから仕掛け、ふたたび左コーナーキックに。

拓殖大は、ショートコーナーを選択、神宮司が精度の高いクロスを入れていきますが、シュートにはつながらず。

それでも、セカンドボールを拾った拓殖大。エリア外右、浅倉が弧を描くような右クロス。これに対して、ワンタッチあり、右コーナーキックに。

ここでもセカンドボールをものにした拓殖大は、左に展開。神宮司がクロスを入れていくも、粟野がセーブ。


さらにボールを間に差し入れ、相手を剝がしながら、日野や浅倉が下がり目で巧みにボールを持ち出すなどして、拓殖大が前に出ていく場面が続いていき、13分には加藤が左サイドでマイボールに、そのパスに、エリア外正面、日野がミドルシュート。

枠をとらえましたが、粟野がセーブ。


15分には、中央へうまく持ち出した浅倉から左へ。加藤が仕掛けて、クロスを上げると、遠いサイド、関根がヘディングシュート。しかし、わずかに右。



一方の流通経済大も、拓殖大の組み立てを狙い、15分には中央で藤井が奪うと、GK高麗が前に出ているのを見て、距離のあるところから狙いますが、高麗がセーブ。

さらに高麗が中央へつけようとするところを、熊澤がカット。エリア外正面、浮き球のシュートを打ちますが、上に。

流通経済大も、拓殖大のやろうとしているサッカーを利用するように、ゴールへ向かう時間をつくっていきます。


後ろから組み立てていこうとする拓殖大に対して、前から連動し、追い込みにいく流通経済大。

しかし、18分には、照井が、中央の三浦へ縦パスをつけると、うまく入れ替わった三浦は前に持ち出し、左へパス。

これを受けた加藤が切り返し、シュート。枠をとらえますが、粟野がセーブ。


日野が中央へ寄り、三浦が下がり目でボールをおさめ、右サイドの浅倉へつなげ、鏑木や小川、関根が中央に顔を出しながら、前に出てくる拓殖大。

しかし、流通経済大も、粘り強く対峙。

24分には、右サイドに展開すると、中島が高い位置へ。クロスに遠いサイド、宮田が抜け出し、いったんは拓殖大がボールを奪うも、正面で熊澤が奪い返し、シュート。

しかし、上に。

直後には右サイドでボールを奪うと、エリア右、抜け出した宮田がシュート。しかし、サイドネットに。


流通経済大が、守備から攻撃へ、しっかりつなげ、シュートまで持ち込む場面が続いていきます。


それでも、関根や神宮司が時には中央へ寄り、浅倉や鏑木もかかわって、ボールを動かしていくのは拓殖大。

相手陣内で時間をつくっていくと、29分には、流通経済大のGK粟野がボールをコントロールしきれなかったところを、日野がカット。

これに対して、粟野がファール。拓殖大がPKを得ます。


キッカーは日野。右に決めて、1-1。拓殖大が追いつきます。


直後には流通経済大、渡曾の右サイドの裏を突くパスに、加瀬が抜け出し、折り返すも、エリア内を小川がカバー。


33分には拓殖大、右サイド、浅倉が細かくボールを受け渡しながら、正面へ。シュートを打つも、流通経済大はブロック。

セカンドボールを拾った拓殖大、鏑木がエリア外正面でミドルシュートを打ちますが、左に。


さらにCBの山下も、流れの中で前に出ていくなどし、テンポの良くパスを出し入れしていく拓殖大。

36分には、左サイド、加藤が仕掛けて折り返し、右サイドに流れたボールを拾い、浅倉が仕掛け、折り返すも流通経済大はクリア。

右コーナーキック、日野が右足でボールを入れると、山下がヘディングシュート。ふわりとしたボールは、枠をとらえますが、粟野がかき出してゴールとはならず。


流通経済大も、拓殖大がすばやいリスタートを狙ったところを、逆手に、ボールをカットし前に出る場面をつくりますが、それを拓殖大はしのいでいくと、40分には、右サイドからの攻めに。

エリア外右、うまく前に持ち出した浅倉がミドルシュート。しかし、枠はとらえられず。

41分には、中央をうまく持ち上がった浅倉のパスに、三浦がエリア右へ。しかし、シュートはワンタッチあり、右コーナーキックに。

日野がボールを入れると、セカンドボールを拾った鏑木が正面へ迫るも、流通経済大はクリア。


43分には、流通経済大、藤井が左サイドでボールをものにし、中央の渡曾へ。渡曾のパスに、加瀬が右サイドの高い位置へ。

これはシュートにはつながらなかったものの、流通経済大が後ろでボールを持つ時間をつくり、44分には根本の浮き球に、宮田がエリア内正面へ。そのパスに川畑がエリア右へ。シュートを打つも左に。


アディショナルタイムは1分。46分には、拓殖大、浮き球に三浦がエリア外正面へ。これを粟野が飛び出して、阻もうとするも、ボールは拓殖大へ。

粟野がエリア内へ戻り切れていなかったところ、エリア外右、浅倉がミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。


前半は1-1でタイムアップとなります。



後半流通経済大は、渡曾に代わり17庄司一輝。

立ち上がりは、流通経済大、下がり目の熊澤のパスに、中島が右サイドの高い位置へ。中島はエリア内へ向かっての仕掛け。

しかし、山下がクリア。

さらに流通経済大、藤井から熊澤と縦につながり、熊澤はスルーパスを試みますが、拓殖大はブロック。


流通経済大が、縦にパスを入れ、両SBもオーバーラップを繰り返すなどして前に出る時間は続き、2分には、熊澤のパスに、宮田がエリア外正面やや左へ。

シュートを打ちますが、高麗がセーブ。


さらに中央に加瀬が顔を出し、位置を入れ替えながら、前に出てくる流通経済大。宮田がうまく間で受け、そのパスに渋谷が高い位置へ。

しかし、高麗がセーブ。

攻めに転じた拓殖大は、小川から関根へつながり、右サイドで浅倉、関根、小川がボールを動かしていくと、エリア外正面やや右で流通経済大にハンドがあり、フリーキックに。

キッカーの日野は直接狙いますが、流通経済大の体を張った守りに阻まれてしまいます。


6分には流通経済大、下がり目で川畑がおさめ、渋谷が高い位置へ。いったんは拓殖大が奪うも、奪い返した流通経済大、渋谷が高い位置で折り返し。

これを拓書k大賀阻んで左コーナーキックに。


渋谷が右足でボールを入れると、ニアで田口が合わせるも左に。


9分には拓殖大、左サイドからの攻めに。加藤が仕掛け、左コーナーキックを得ると、ショートコーナーを選択。

左からクロスを入れると、遠いサイド、小川が飛び出しますが、さわることはできず。



すると11分には流通経済大、ショートパスから打開を試みる拓殖大に対し、熊澤がカット。そのパスに、加瀬がエリア内へ飛び出そうとするも、高麗がセーブ。

さらに宮田のプレスバックからマイボールにした流通経済大、右に展開し、加瀬が持ち出そうとしていきますが、神宮司がファール。神宮司にはイエローカードが提示されます。



ここで流通経済大は加瀬に代わり10齊藤聖七。



14分には拓殖大、細かくショートパスを入れていき、日野のパスに加藤がエリア外左へ。折り返すも、流通経済大はクリア。


流通経済大はカウンターに転じ、熊澤が右サイドを仕掛け、折り返し。正面の加瀬へわたり、加瀬のパスに、齊藤がエリア左へ。

シュートはワンタッチあり、右コーナーキックに。庄司が左足でボールを入れると、セカンドボールを拾った流通経済大。

右サイド、渋谷から、前に残っていた田口へ。田口が右から折り返すと、齊藤がエリア右、シュートを打つも右に。


拓殖大は、小川に代わり16安西晃輝。

直後には、その安西がエリア左へ抜け出していき、そのパスに三浦がエリア内へ。しかし、流通経済大の体を張った守りが阻んでいきます。


続く拓殖大のコーナーキック、そこからの二次攻撃をしのいだ流通経済大。

ボールを預けてから、前に出る動きで迫っていくと、20分には、熊澤のパスに、中島が右サイドの高い位置へ。そこからエリア右、川畑が抜け出すも、拓殖大はブロック。

右コーナーキックに。

コーナーキックのセカンドボールを拾い、右から攻めに持ち込んだ流通経済大は、庄司がエリア外正面やや右へ。シュートを打つも、ここでもワンタッチあり、右コーナーキックに。

庄司が遠いサイドにボールを入れると、根本のヘディングシュートは枠をとらえますが、高麗がセーブ。




拓殖大もショートパスから、加藤がエリア左へ。仕掛けていきますが、流通経済大の守りに阻まれ、エリア内へはいけず。

さらに細かいパス回しからシュートを打つ場面をつくりますが、最後には流通経済大の守りが上回っていきます。


試合はオープンな展開となり、互いにゴールの前に。

25分には、流通経済大、後半何度も高い位置へ顔を出していた中島が、エリア右へ切れ込み、シュート。しかし、左へ。

直後には拓殖大。右サイドからエリア外右へ、切れ込んだ浅倉がシュート。しかし、左へ。

それぞれゴール前で時間をつくっていきます。


流通経済大は、川畑に代わり13清水蒼太朗が入り、前線へ。すると31分、流通経済大は正面の宮田から左の齊藤へ。齊藤のパスに、エリア内へ抜け出したのは宮田。

シュートを打つとこれが決まり、1-2。流通経済大が勝ち越します。



再び追いかけることになった拓殖大は、左サイドから斜めに、加藤がエリア内への仕掛け。また、両サイドが高い位置へ、時には山下が前線へ上がるなどし、同点のゴールを狙いに。

36分には、正面でのパス交換から、浅倉がエリア前に。シュートを打つも、流通経済大はブロック。

さらに右サイド、浅倉が縦パスを入れると、エリア内。三浦が反転からシュート。ボールはクロスバーへ。どよめきを呼び起こします。


37分には、正面で鏑木がシュート。流通経済大が阻んだところ、浅倉のパスに関根が右サイドの高い位置へ。折り返すも、流通経済大はブロック。


38分流通経済大は、中島に代わり15光廣健利。


後ろから組み立てて、ショートパスから前に出ていこうとする拓殖大。

しかし、39分そこを突いて、流通経済大は、正面でボールをカット。エリア正面、抜け出した清水がシュートを打つとゴール左に決まり、1-3。

突き放したのは流通経済大。



清水を前線に残し、拓殖大に対し、構えていく流通経済大。拓殖大は前線で三浦がキープ。そこから攻めに持ち込もうとしていきます。


拓殖大は42分、鏑木に代わり30酒匂駿太が入り、前線へ。攻撃に人数をかけていくと、44分には、右サイド、浅倉のパスに、酒匂がエリア右へ。シュートを打ちますが、枠はとらえられず。

さらに左サイドから中央へ加藤が持ち出し、浮き球のパスに、三浦がエリア内へ迫りますが、流通経済大はクリア。


アディショナルタイムは4分。

46分には流通経済大、エリア外正面でボールをカットすると、齋藤がエリア外左でシュートを打ちますが、右に。

47分には拓殖大。中央で受けた浅倉が、流通経済大の選手を振り切り、正面へ。スルーパスに、エリア左、加藤が抜け出しますが、流通経済大の守りの前にシュートは打てず。


流通経済大は、藤井に代わり9金原朝陽。


ブロックを組む流通経済大に対し、正面で日野がおさめ、左で受けた加藤が切れ込んで仕掛けるなどする拓殖大でしたが、ゴールにはつながらず。

試合はタイムアップ。1-3。

勝利したのは流通経済大となりました。


拓殖大は勝利には届きませんでしたが、テンポの良いショートパスと、小気味の良い仕掛けからゴールに迫るそのスタイルは魅力的。

残り2試合となったリーグ戦で結果を残し、全国でもそのサッカーを見たい、と思わされるものがありました。


見る人を魅了するプレーを重ねていった浅倉、また、1年目から出場の機会もつかんでいる田鎖や高畠のこれからの活躍をとても楽しみにしています。


前半1-1 後半0-2 計1-3

得点:日野翔太=PK(拓殖大) 宮田和純2、清水蒼太朗(流通経済大)


拓殖大の先発:1高麗稜太 3関根大輝 20照井佑亮 6山下諒時(c) 2神宮司嶺 7鏑木瑞生 8小川開世 14浅倉廉 10日野翔太 11加藤悠馬 18三浦敏邦

交代:小川→16安西晃輝 鏑木→30酒匂駿太

控え:12梅澤亘 4鹿股翼 13小長谷勇希 22名畑秀宇 15木村俊太 29下口竜空 33吉成優




流通経済大の先発:22粟野健伸 8中島舜 23田口空我 12根本健太 25渋谷諒太 34渡曾武蔵 6藤井海和 14熊澤和希(c) 11加瀬直輝 20川畑優翔 19宮田和純


交代:渡曾→17庄司一輝 加瀬→10齊藤聖七 川畑→13清水蒼太朗 藤井→9金原朝陽

控え:21廣田公明 35齋藤優太 27松永颯太 32小林心


(文中敬称略)

拓殖大の浅倉廉選手

流通経済大は多くの幕を出し、選手を後押し

拓殖大の先発メンバー
コイントスに臨む山下諒時選手と熊澤和希選手

拓殖大のGK高麗稜太選手
宮田和純選手が決めて流通経済大が先制

SC相模原加入内定が発表されたばかりの拓殖大、山下諒時選手

浅倉廉選手がクロスを入れる

左サイドから何度も仕掛けた拓殖大、加藤悠馬選手
浅倉廉選手

PKを日野翔太選手が決め拓殖大が追いつく

流通経済大も右サイドからチャンスを生むが、小川開世選手がカバー
ゴールに迫る浅倉廉選手
高麗稜太選手がセーブ
競り合いが続いていく

前半は1-1
後半へ

FC東京深川時代にはフロンターレからハットトリックを決めたこともある宮田和純選手
浅倉廉選手

フリーキックからゴールを狙う日野翔太選手

浅倉廉選手

拓殖大の右SB関根大輝選手。中央にも顔を出し、攻撃を活性化させた
浅倉廉選手がシュート

勝ち越しのゴールは流通経済大へ
宮田和純選手が決めた

1-3。清水蒼太朗選手が決めて突き放す

浅倉廉選手

流通経済大の守りが上回る

1-3でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です