東京国際大 – 桐蔭横浜大 / 全日本大学サッカー選手権3回戦


12月18日は、流通経済大龍ケ崎フィールドへ。

全日本大学サッカー選手権大会は、3回戦を迎え、東京国際大と桐蔭横浜大が対戦。

川崎フロンターレU-18出身、桐蔭横浜大の山田新、高吉正真、山内日向汰の3選手も試合に臨みました。

【全日本大学サッカー選手権大会3回戦 東京国際大 vs 桐蔭横浜大】

12月18日(日)午前11時キックオフ 流通経済大龍ケ崎フィールド 晴れのちくもり、一時雨

関東第2代表、2回戦で高松大に3-0で勝利した東京国際大。

先発は、GK21林祥太郎、最終ラインは右から4久保田真央、28松本翔、キャプテンの3山原康太郎、5秋元拓巳、ボランチは27靍見拳士朗、6熊坂光希、右MF24竹間永和、左MF19八木橋俊介、前線には10落合陸、9佐川洸介。

関東第4代表、2回戦では北海道教育大岩見沢校に3-1で勝利した桐蔭横浜大。

先発は、GK1北村海チディ、最終ラインは右から2羽田一平、ゲームキャプテンの3中野就斗、4吉田和暉、13田中大生、ボランチは5高吉正真、8山内日向汰、右MF12楠大樹、左MF10
水野颯太、前線には9山田新、11寺沼星文。

2回戦で同点ゴールを決めた山田、また、高吉、山内がそろってメンバーに名前をつらねました。

 

前夜の雨はすっかり上がり、青空の広がった流通経済大龍ケ崎フィールド、メインスタンドには、選手の家族ら、また、サッカーファンが集まり、バックスタンドでは両チームのメンバー外の選手らがにぎやかに声を出して、声援を送る。非常にいい雰囲気のなか、試合は始まりました。

 

立ち上がり、球際に厳しく競り合う両チーム。そんななか、東京国際大が立て続けにフリーキックを得て、3分にはセンターラインやや左寄り、山原が正面へボールを入れると、佐川が競ったボールに、エリア内、落合、八木橋が飛び出しますが、北村がセーブ。

シュートにはつながらず。

一方の桐蔭横浜大は、4分右サイドでスローインを得ると、楠はエリア内へロングスロー。右コーナーキックに。

右コーナーキック、山内が右足でマイナスに、エリア正面へグラウンダーのボールを入れると、水野がシュート。

東京国際大の体を張った守備に阻まれたものの、サインプレーからゴールを狙っていきます。

試合は、次第に出足の良さ、守備から攻撃へのつながりで桐蔭横浜大が前に出る場面をつくり、8分には、水野が左サイドを仕掛け、左コーナーキックに。

山内がボールを入れると、セカンドボールを拾った桐蔭横浜大は、楠のパスに、水野がエリア左へ。そして、そのパスに山内がエリア左へ。

最後は東京国際大の守りが阻みましたが、相手ゴールに近づいていきます。

 

GKの北村の正確なキックを、山田がおさめ、そこから右サイド、楠の仕掛けにつなげるなどしていく桐蔭横浜大。

東京国際大も、ボールをカットしたところから、前線、落合へつなげ、落合は左から突破を図りますが、中野がカバー。

最後は落合のファールとなります。

 

東京国際大は、13分には、右サイド、開いた久保田がクロス。遠いサイドにいいボールが入りますが、シュートにはつながらず。

さらに、浮き球に、熊坂がエリア内へ飛び出すなど、厚みを出していきますが、桐蔭横浜大は、山田が中央の低い位置まで下がるなど、コンパクトにして対応し、決定的なチャンスをつくらせずに対応していきます。

16分には、寺沼がボールをおさめ、山内のパスに、水野が高い位置へ。その仕掛けは東京国際大が阻み、左コーナーキックに。

コーナーキックをしのいだ東京国際大は、竹間が中央を持ち上がっていきますが、山田がカバー。守備でも、献身的にプレーし、攻撃の芽を摘んでいきます。

 

中央の山内の右サイドを突くパスを受けた楠がおさめ、前に持ち上がり、コーナーキックを得るなど、高い位置でのプレーを続けていく桐蔭横浜大。

最終ラインの中野が、東京国際大の縦パスを出足よくカット。そこから右の楠へつなげ、攻撃へのつながりを見せていきます。

21分には、高吉のフィードに、右サイドへ山田が流れ、ボールは正面の山内へ。山内は前に仕掛けるも、東京国際大の守りが阻み、シュートまっでは行けず。

さらに桐蔭横浜大は、山田のリターンを受けた山内から左に展開し、水野が前に仕掛ける姿勢を見せ、そのパスに、田中がエリア内へ飛び出すなど、東京国際大のゴールをおびやかしていきます。

26分には、桐蔭横浜大、吉田から右サイド、楠へ。楠は羽田とのパス交換から高い位置へ。エリア内へ仕掛けていきますが、東京国際大の守りが阻み、ゴールキックに。

28分には東京国際大、竹間がカット。そのまま前に持ち出そうとしていきますが、またも山田がプレスバックで取り返す好プレー。

さらに正面へ浮き球を入れ、攻撃の糸口を探りに来る東京国際大。しかし、桐蔭横浜大は羽田がしぼって、カバー。

ふたたびマイボールにした桐蔭横浜大、高吉の右サイドを突くパスを楠がおさめ、それを東京国際大がカットし、そこから前に持ち込もうとしても、戻りの速さを見せていきます。

35分には、山内がパス交換からエリア内へ。跳ね返されたところ、田中が浮き球を入れると、正面で寺沼がおさめ、リターンを受けた山内が正面へ。

ここでも、東京国際大の人をかけた守りの前に、シュートは打てませんでしたが、ゴール前でプレーを続けていきます。

37分には、東京国際大、エリア外正面で桐蔭横浜大にファールがあり、フリーキックに。

キッカーの靍見は右足で直接狙いますが、枠はとらえられず。

 

山内、楠、山田がかかわりあい、時には水野が中央へ顔を出すなどしながら、前に出でていく桐蔭横浜大。

40分には、田中から山田、山田から山内とつながり、山内のパスに、山田が左サイドの高い位置へ。エリア内へ折り返すも、林がセーブ。

こぼれたボールは右サイドへ流れ、今度は楠が速いボールをゴールの前に入れ、ニアで水野がシュートを打ちますが、東京国際大の体を張った守りに遭い、得点とはならず。

さらにセカンドボールを拾った桐蔭横浜大、右サイドを楠が仕掛けると、東京国際大にファールがあり、エリア外右でフリーキックを得ます。

キッカーは山内、ニアで中野が競ると、ゴール前左、吉田がシュート。ボールはゴールのなかへ。0-1。

先制点は桐蔭横浜大に入ります。

 

高い位置で、両サイドのMFが意欲的にボールを奪いにいく姿勢を見せる桐蔭横浜大。

45分には、左サイドで水野がボールを奪い、そのクロスに、遠いサイド、山田が迫りますが、ミートしきれず。

アディショナルタイムは2分、48分には桐蔭横浜大、ふたたび楠の仕掛けから右コーナーキックに。

山内がボールを入れると、寺沼が頭で合わせますが、わずかに上。

前半はここでタイムアップ。0-1。桐蔭横浜大がリードして、ハーフタイムへ。

 

次第に空に雲が広がり始めたなかでの後半。

東京国際大は、3人を交代。竹間に代わり8重野祥輝、松本に代わり17板倉健太、靍見に代わり15村木龍晟。

落合がボランチ、八木橋が右MF、重野が左MF、村木が前線、板倉が右のCBに。

 

しかし、流れは桐蔭横浜大。立ち上がりには左サイドでのスローインの流れから、山内がエリア外左へ。

ミドルシュートを打つも右に。

さらにラインを上げ、前から連動して奪いにいく姿勢を見せ、高い位置で楠がカット。そこから寺沼を経由して左に展開。相手陣内で時間をつくっていきます。

東京国際大の浮き球に対し、中野が中央の山内につながるようにして対応するなどしていく桐蔭横浜大。

東京国際大も交代で入った重野がうまくボールをキープ。中央へ顔を出し、CBの間を突くスルーパスに、村木が抜け出しそうになる場面をつくりますが、オフサイドとなり、シュートまでは行けず。

 

すると13分、桐蔭横浜大は自陣で山内がボールをカット。楠から右サイドへ流れた寺沼、寺沼から、間を縫うようにして上がってきた楠とつながり、楠がエリア右へ。

楠のパスに、山田がエリア左でシュートを打つとこれが決まり、0-2。山田は2試合連続のゴール。桐蔭横浜大が突き放します。

 

冷たい雨が降り始めるなか、桐蔭横浜大は、14分には、中野の左サイドを突くパスに、山田が抜け出し、そのままエリア左へ。

東京国際大の体を張った守りが阻み、最後は林がセーブするも、素晴らしい連係と個の力からチャンスをつくっていきます。

 

15分には、左サイドで水野がカット。エリア外左から折り返すと、エリア左、飛び出した高吉がシュート。しかし、右に。

 

さらに右サイドに流れた山田がボールをおさめ、中央の寺沼を経由して左へ。水野が仕掛け、シュートを打ちますが、東京国際大はブロック。

一方の東京国際大も、村木、重野の連係から時間をつくり、秋元が左サイドからクロスを入れますが、桐蔭横浜大はクリア。

左コーナーキックとなり、八木橋が右足で精度の高いボールを入れていきますが、北村がパンチング。しのいでいきます。

さらに東京国際大が厚みのある攻めを見せる場面は続き、中央の落合の縦パスに、八木橋が前に動き出し、両サイドから迫力のある攻めを見せていきます。

しかし、桐蔭横浜大は、粘り強く、人をかけて、守り、最後のところで吉田がクリアするなど、しのいでいきます。

22分には、東京国際大、右に流れた佐川のパスに、重野が正面へ。縫うようにまたも仕掛け右へ流れていきます。これに対して桐蔭横浜大にファールがあり、フリーキックに。

エリア外右でのフリーキック、キッカーの佐川は左足で直接狙いますが、枠はとらえらえず。

さらに最終ラインでボールを動かしながら、攻めの糸口をさぐっていく東京国際大。

24分には、秋元のフィードを起点に、最後は重野が正面へ。縦に持ち上がる姿勢を見せていきますが、山田が下がり目でカバー。

桐蔭横浜大のコンパクトな守りが阻んでいきます。

 

さらに東京国際大が、人をかけ、前に出てくる時間が続きますが、桐蔭横浜大は、寺沼も自陣の低い位置でプレスバックにいくなどし、中央から仕掛けてくる重野に対しては、山内がボールを奪い、左サイドの水野へつなげ、水野は仕掛ける姿勢を見せながら、自分たちのスローインにするなど、うまく時間も使っていきます。

31分、桐蔭横浜大は水野に代わり22井出真太郎。32分には東京国際大は八木橋に代わり23平田晟也。

34分には桐蔭横浜大、さらに交代、楠に代わり7笠井佳祐。

35分には東京国際大、中央で落合、最終ラインの板倉とつながり、板倉から右サイドで受けた村木が仕掛け、クロス。これを桐蔭横浜大が跳ね返したところ、セカンドボールを拾った東京国際大は、秋元のパスに、落合が右サイドの高い位置へ。

正面へ持ち出し、シュートを打つも、中野がクリア。さらに間を佐川が抜け出して、シュートを打ちますが、ワンタッチあり、決まらず。

 

東京国際大の攻勢が続くなかで、40分には桐蔭横浜大、右サイドでボールを粘り強くキープ。そこから山内がエリア右へ抜け出し、折り返し。

左へ流れたボールを、拾った井出がクロス。ボールは正面やや右へ。山田が抜け出し、シュートを打ちますが、林が阻み、惜しくも得点とはならず。

桐蔭横浜大はここで山田に代わり6左部開斗。

さらに羽田に代わり24五十嵐聖己。

東京国際大は、久保田に代わり25橋辺海智が入り、前線へ。

東京国際大が、前線に人をかけるなか、フィードで寺沼や左部を走らせるなどし、再び相手陣内で時間をつくっていこうとするのは桐蔭横浜大。

44分には、正面で山内がボールを奪い、そのまま持ち上がり、右に展開。右からクロスが上がると、エリア外左、拾った井出がエリア内へ進入。

しかし、東京国際大の守りが阻んでいきます。

アディショナルタイムは4分。

46分、桐蔭横浜大は寺沼に代わり14白輪地敬大。

井出が前に持ち出す姿勢を見せるなど、高い位置でのプレーを試みる桐蔭横浜大。

重野の仕掛けに対しては、高吉、中野、五十嵐が連係して寄せに。前に行かせずに対応していきます。

 

48分には、東京国際大、右サイドでのスローインから、セカンドボールを拾い、重野が右クロス。

これを桐蔭横浜大がクリアし、左コーナーキックに。

キッカー、重野が右足で入れたボールは、板倉が遠いサイドで合わせ、枠をとらえるも、北村がセーブ。

試合はタイムアップとなり、0-2。準決勝へ進出したのは桐蔭横浜大となりました。

 

ゴールを決めるだけではなく、何度もプレスバックからマイボールにするなどした山田、正確なプレースキック、パスとドリブルで貢献した山内、そして、何度も体を張り、ボールを奪い取った高吉。

フロンターレU-18出身の3選手はもちろん、積極的な仕掛け、高い位置でボールを奪うなど、前線からの守備でも効いていた楠や水野、最終ラインを引き締めた中野や吉田などなど、桐蔭横浜大の選手たちがとてもいいコンディションで、この最後の大会に臨んでいることがうかがえる試合になりました。

12月25日の準決勝(カンセキスタジアムとちぎ、午後2時キックオフ)の相手は、関西学生サッカーリーグ1部を制した関西学院大。それぞれがいいプレーを見せて、元日の国立競技場で行われる決勝へ、進むことを願っています。

 

前半0-1 後半0-1 計0-2

得点:吉田和暉、山田新(桐蔭横浜大)

東京国際大の先発:21林祥太郎 4久保田真央 28松本翔 3山原康太郎(c) 5秋元拓巳 27靍見拳士朗 6熊坂光希 24竹間永和 19八木橋俊介 10落合陸 9佐川洸介

交代:竹間→8重野祥輝 松本→17板倉健太 靍見→15村木龍晟 八木橋→23平田晟也 久保田→25橋辺海智

控え:12志賀一允 2石川俊祐 13ッ湯沢拓士 14吉田桂介

 

桐蔭横浜大の先発:1北村海チディ 2羽田一平 3中野就斗(c) 4吉田和暉 13田中大生 5高吉正真 8山内日向汰 12楠大樹 10水野颯太 9山田新 11寺沼星文

交代:水野→22井出真太郎 楠→7笠井佳祐 山田→6左部開斗 羽田→24五十嵐聖己 寺沼→14白輪地敬大

控え:21西澤翼 30鍋田純志 15小関陽星 29笹沼航紀

 

(文中敬称略)

試合を前にした桐蔭横浜大の選手たち

バックスタンドにつどった、選手たちのもとへ
東京国際大も、多くの選手たちがスタンドから声援を送った

2回戦では同点ゴールを決めた山田新選手
桐蔭横浜大の先発メンバー
山内日向汰選手、水野颯太選手
控えの選手たちも円陣を組む
セットプレーのキッカーを務めた山内日向汰選手

山田新選手
水野颯太選手
右サイドでドリブル、また、ロングスローで起点になった楠大樹選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
高吉正真選手
山内日向汰選手
高吉正真選手
競り合う山原康太郎選手と山田新選手
山内日向汰選手。積極的に相手エリア付近へ仕掛けていった
高吉正真選手
山内日向汰選手
フロンターレのサポーターが幕を出した
山田新選手
高吉正真選手
山内日向汰選手
高吉正真選手
桐蔭横浜大がゴールに迫る
体を張り、球際の強さを見せた高吉正真選手
楠大樹選手が仕掛ける

フリーキックから吉田和暉選手が決め桐蔭横浜大が先制

山内日向汰選手のフリーキックがゴールに結びついた

佐川洸介選手と中野就斗選手が競り合う
前半は0-1
後半へ

山内日向汰選手

高吉正真選手
山内日向汰選手
積極的にシュートを打った
山田新選手
高吉正真選手
山内日向汰選手
山田新選手

楠大樹選手のパスから山田新選手が決め、桐蔭横浜大が突き放す

攻撃の起点となった山内日向汰選手を山田新選手がねぎらう

高吉正真選手も、シュートでゴールをおびやかした

高吉正真選手
山内日向汰選手
東京国際大は途中出場の重野祥輝選手が、起点となった

高吉正真選手
山内日向汰選手
水野颯太選手が仕掛ける
山田新選手

山内日向汰選手と東京国際大の村木龍晟選手

山田新選手

交代で下がるまで攻守に貢献した
山内日向汰選手

高吉正真選手

北村チディ海選手がシュートをセーブし、タイムアップ

「勝ちロコ」で喜びを分かち合う

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です