フロンターレU10 – SCH.FC / 日産カップ中央大会3位決定戦


2月18日は、日産スタジアムの横、日産フィールド小机へ。日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権中央大会は最終日を迎え、低学年の部準決勝で横浜F・マリノスプライマリーに1-4で敗れた川崎フロンターレU-10は、SCH.FCとの3位決定戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-10 日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権中央大会低学年の部3位決定戦 vs SCH.FC】
2月18日(日)午前10時キックオフ 日産フィールド小机 晴れ 20分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GKは3陶山響が背番号1のユニホーム姿で務めることに。FPは最終ラインが右から7柏村涼太、6楠田遥希、5関徳晴、中盤は11平塚隼人、右は10新堀翔、左は4佐々木雄基、前線は8榎本司。

肌寒さこそあるものの、穏やかな気候の日産フィールド小机。多くの選手の家族らが見守るなか試合は始まりました。

立ち上がり、セットプレーや19がエリア左から折り返すなどSCHが攻勢に出るも、それをしのいだフロンターレ。榎本が左サイドへ流れ、ボールを受けて斜めに仕掛け、右サイドの高い位置へ上がった柏村にボールを送るなど、ラインを上げて両サイドを使って攻められるようになっていきます。

4分には楠田が中央を持ち上がり右へ。柏村がエリア右へ仕掛けて折り返すと、新堀がシュートを打ちますがGK1がキャッチ。さらに榎本の縦パスにエリア右へ柏村が抜け出すもシュートには至らず。

SCHも6分には23が左から仕掛けていきますが、柏村が戻り粘り強くついていき、シュートやクロスにはつながらせず。直後には8が高い位置でボールを奪い、エリア右へ9が抜け出していきますが、関がブロック。さらに9が右から仕掛けていきますが、フロンターレは佐々木も自陣まで戻りしのいでいきます。

SCHの攻勢をしのいだフロンターレは切り替えよく、GKの陶山も縦へ配球しながら再びSCHの陣内へ。平塚が前線へ飛び出したり、佐々木が左サイドから仕掛けていくなどしていきます。

11分うまくエリア右へ抜け出した榎本がシュートを打つと、こぼれ球に詰めた新堀のシュートが決まって1-0。先制点はフロンターレへ。

フロンターレはさらに左サイドを駆け上がる関が相手をひきつけて、佐々木が左サイドからエリア前へ仕掛け、シュートを打つも左に。13分には佐々木がエリア内へ仕掛けてこぼれ球を拾った新堀がダイレクトでシュートを打つも上に。

SCHも14分にはマイボールにすると、23が左から仕掛けていきますが、新堀がカット。ゴールへは近づかせず。

フロンターレは榎本が左へ流れ、佐々木が中央寄りに、平塚が前線へ顔を出すなどポジションを入れ換えながらゴールを狙いに。

17分には左コーナーキック、平塚が左足でボールを入れ、こぼれ球を新堀が拾い、右へ展開。柏村の折り返しにエリア右へ榎本が抜けてシュートを打つも上に。

さらに楠田のスルーパスに関が左サイドへ抜け出して、折り返すと、榎本がシュートを打つもGK1の正面へ。

SCHも19分には両サイドを使った攻めに出られるように。エリア右からの折り返しはフロンターレがクリア。エリア正面で拾った23がシュートを打つも上に。さらに23が左から仕掛けて、右へ展開すると折り返されますが、フロンターレも人をかけて守っていきます。

しかし20分右から折り返され、エリア正面で23がシュートを打つとこれが決まってしまい1-1。ほぼラストプレーで追い付かれるかたちでハーフタイムとなります。

後半1分フロンターレのゴールに迫ったのはSCH。左サイドの高い位置へ23が抜け出して折り返すと、8がシュート。これがゴールネットを揺らして、1-2。

フロンターレはさらに追加点を狙いに狙って攻勢に出てくるSCHに対して、柏村が中へ絞って縦パスをカットしたり、楠田がブロックをしたりとしのいでいきますがなかなか攻撃へは転じることができず。6分にはコーナーキックのこぼれ球をエリア正面でSCHの12が拾い、ミドルシュート。陶山は触ったもののゴールへ決まって、1-3。突き放されてしまいます。

フロンターレは新堀が左へ流れ、佐々木がエリア前へ移るなどして揺さぶりに。8分には関がボールをカットし一気に前に。シュートはブロックされ、左コーナーキック、平塚がボールを入れると、こぼれ球を佐々木がエリア内で拾いシュート。枠をとらえますが、GK1の好セーブに阻まれてしまいます。

10分には再びSCH。センターライン付近からのフリーキック、23が直接狙うと陶山はいったんは防いだものの、こぼれ球を9に押し込まれてしまい、1-4。

フロンターレも下を向くことなく、中央の佐々木からエリア右へ榎本が抜け出して折り返しを入れるなど、ゴールを狙いにいきます。

13分には榎本に代わり15吉田志生が入り、右へ。新堀が前線へ。

吉田のリターンを右で受けた柏村の縦パスにエリア新堀が抜け出すなどしていくと、13分には佐々木のパスに右へ抜け出した吉田がクロス。エリア内で新堀がシュートを打つも上に。15分には新堀が右からドリブルで仕掛けてリターンを佐々木がエリア正面で受けて、佐々木のパスにエリア右へ抜け出した吉田がシュートを打つも代わって入ったGK51のセーブに阻まれてしまいます。

フロンターレは楠田が中盤まで上がり、さらに人数をかけた攻めに出ていきます。18分には佐々木に代わり9ステンパールカ大翔。

ステンパーが入った直後には、関のパスにエリア右へ楠田が抜け出してシュートを打ちますが、GK51がまたもセーブ。さらに楠田、吉田とつないで、吉田のパスにエリア前に抜け出したステンパーがシュート。ついに決まって2-4に。

さらに楠田がミドルシュートを打つなどゴールへ迫り続けたフロンターレでしたが、試合はタイムアップ。2-4。4位でこの大会を終えることになりました。

前半1-1 後半1-3 計2-4
得点:新堀翔、ステンパールカ大翔

フロンターレの先発:1陶山響、7柏村涼太、6楠田遥希、5関徳晴、11平塚隼人、10新堀翔、4佐々木雄基、8榎本司
交代:榎本→15吉田志生 佐々木→9ステンパールカ大翔

大会を通して「うまいなあ!」と観戦していた他のチームや大人を驚かすようなプレーを見せていたことが印象的だったフロンターレの選手たち。これから大きな可能性を秘めている、と思います。学年がひとつ上がってさまさまなものを積み重ねてどうなっていくのか、とても楽しみにしています。

(文中敬称略)

メンディーサイモン友選手
試合を前にアップに励む

試合に臨む選手たち

榎本司選手
粘り強く守っていく

陶山響選手
こぼれ球に新堀翔選手が詰める

ゴールとなって1-0

榎本司選手
佐々木雄基選手がシュートに持ち込む
榎本司選手

新堀翔選手も自陣に戻ってボールを奪いにいく
榎本司選手
平塚隼人選手
コーナーキックを蹴る平塚隼人選手

右からの折り返しをシュートに持ち込まれる
1-1に

後半立ち上がりに勝ち越し点を決められる

楠田遥希選手
関徳晴選手
榎本司選手

1-3に。突き放されてしまう

平塚隼人選手

吉田志生選手
佐々木雄基選手
佐々木雄基選手
吉田志生選手
新堀翔選手
佐々木雄基選手
吉田志生選手
柏村涼太選手
楠田遥希選手
ステンパールカ大翔選手

反撃のゴールに
関徳晴選手
2-4でタイムアップ

大会を4位で終えた
表彰式に臨む佐々木雄基選手、榎本司選手、平塚隼人選手

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です