フロンターレU15 – アントラーズノルテ / メトロポリタンリーグ


4月11日、茨城県日立市の折笠スポーツ広場では、関東ユース(U-15)サッカーリーグに続いて、川崎フロンターレU-15の2年生たちがメトロポリタンリーグ、鹿島アントラーズノルテジュニアユース戦に臨みました。

 

フロンターレは4日の前橋FC戦を2-0で制し、リーグ戦を白星で発進させています。

 

【川崎フロンターレU-15 メトロポリタンリーグ vs 鹿島アントラーズノルテジュニアユース】

4月11日午後4時16分キックオフ 折笠スポーツ広場 晴れ 35分ハーフ

 

フロンターレの先発は、GK21松澤成音、最終ラインは右から34平塚隼人、35楠田遥希、25林駿佑、30佐々木雄基、ボランチは32藤井漣祐、41小野口天、右に42恩田裕太郎、左に39ステンパールカ大翔、前線には10奥田悠真、38新堀翔。U-13所属の1年生、奥田が先発に入りました。

 

夕方に差し掛かり、日が陰ってきたため、やや肌寒さを感じる折笠スポーツ広場。立ち上がりからボールを握っていくのはフロンターレ。パス交換から次々にエリア内へ、小野口らが飛び出し、ゴールをおびやかしてきます。

 

3分には高い位置で、奥田がボールをカットし左へ展開。ステンパーが仕掛けていき、左コーナーキックに。このコーナーキック、頭で合わせたのは林。ゴールに決まり、1-0。先制点はフロンターレに入ります。

 

アントラーズノルテも23が下がり目で前を向き、その浮き球に前線の2が動き出しますが、松澤がクリア。攻撃の芽を摘んだフロンターレは、藤井や新堀、小野口らがボールを回していき、テンポよく縦にボールを入れていき、アントラーズノルテにボールが移ってもすぐさま取り返し、そこから攻めに転じていきます。

 

8分には藤井がボールをカット、スルーパスにステンパーがエリア内へ抜け出しますが、GK21が対応。さらに林から右の平塚、平塚から間に下りた新堀とボールを動かしていくフロンターレ。藤井の裏を突くパスに、ステンパーが左サイドを仕掛けていき、クロスを入れるなど、ゴールへ向かっていきます。

 

11分には、エリア正面やや下がり目の新堀から奥田とつながり、奥田の右サイドを突くパスに恩田が抜け出し、一気にエリア右へ。シュートは上にそれたものの、チャンスをつくっていきます。

 

最終ラインの楠田や林もボールに多く触れ、左右にボールを動かしていくフロンターレ。うまく間で藤井や新堀らが受けて攻めの機会をうかがい、アントラーズノルテにボールが渡っても、恩田が自陣のエリア近くをカバーするなど、切り替えの良さを見せていきます。

 

15分にはアントラーズノルテも右に開いた23のクロスに、27がエリア内へ抜け出しますが、これはオフサイド。

 

直後にはフロンターレ、スローインの流れから恩田が持ち出し、正面の奥田へつけると、奥田のパスに、新堀がエリア右へ。シュートは右へ。決定機をうまい連係でつくっていきます。

 

飲水タイムをはさんで、21分には高い位置で恩田がボールをカットし、一気にエリア内へ。シュートを打ちますが、GK21がセーブ。チャンスを決めきれなかったものの、フロンターレはさらにボールを奪ったところからすばやく前を向き、そこから攻めにつなげる場面をつくりだしていきます。

 

22分には左サイドでステンパーがボールをカット、新堀を経由して右の恩田へ。恩田のパスにエリア内へ奥田が抜け出しますが、これはオフサイド。直後にはアントラーズノルテがリスタートしようとしたところ、藤井が正面でボールを奪い取り、そのままエリア内へ。シュートを打つとこれが決まり、2-0。フロンターレが突き放します。

 

左サイドではさらにステンパーから受けた佐々木が高い位置へ仕掛け、最終ラインでは松澤や林、楠田がボールに多く触れながら、さらに攻めていくフロンターレ。平塚や藤井、小野口らもかかわりあいながら、ボールを動かしていきます。

 

24分には、エリア外左でアントラーズノルテにファールがあり、フリーキックに。新堀が直接狙いますが、右へ。さらに右に新堀が開く一方で、恩田が前に飛び出し、位置を流れのなかで入れ替えながら、最終ラインの楠田もよく縦にパスを入れるなどして、フロンターレは前に向かっていきます。

 

30分には、左サイド、佐々木から奥田とつなぎ、奥田のパスにステンパーがエリア左へ。GK21との1対1となり、シュートを打つとこれが決まり、3-0。テンポよくボールがつながっていき、フロンターレはさらに追加点をものにします。

 

直後には、中央のパス交換から新堀がスルーパス。抜け出した小野口がゴールを決めて4-0に。鮮やかな連係も見せて突き放していくフロンターレ。

 

アントラーズノルテは浮き球やクロスから打開を図りますが、フロンターレは楠田が奥田につながるようなかたちで対応し、それをさせず。いい距離感で試合を進めていきます。

 

39分にはさらに奥田から右サイドを突くパスが出ると、抜け出した恩田が仕掛けて、折り返し。新堀が走り込んだところ、アントラーズノルテはオウンゴール。5-0に。

 

フロンターレは直後のアントラーズノルテの23の仕掛けに対し、自陣近くで恩田が体を入れ、マイボールにするなど、守備でもしっかり献身的にプレーを重ねて、前半はタイムアップ。5-0でハーフタイムとなります。

 

 

 

後半、フロンターレはGKが松澤から33井澤明己に交代。また、小野口に代わり36平内一聖が出場してのスタート。

 

2分、フロンターレは奥田からまたも右サイドの裏を突くパスが出ると、これに反応した恩田が折り返し。これをステンパーが決めて、6-0。さらに突き放していきます。

 

フロンターレは平内や藤井が縦にボールをつけていき、アントラーズノルテの選手にボールが渡っても、楠田や藤井がはさみこむようにしてボールを奪い取り、交代で入った平内もアントラーズノルテが縦につけたボールに対して、足を伸ばし、シュートにつなげさせないなどして、流れを渡さずに時間をつくっていきます。

 

5分には、平塚が右サイドで切り返し、パス交換から高い位置へ。セカンドボールをものにし、エリア外右でミドルシュートを打ちますが、上に。直後には、高い位置でボールをカット。エリア右へ抜け出した平内がシュートを打ちますが、左へ。

 

8分には、アントラーズノルテ、左サイドのスローインから23がミドルシュートを打ちますが、これは右へ。

 

9分にはフロンターレ、中央でのパス交換から平内が前に持ち上がり、スルーパスを出すと奥田がエリア内へ抜け出しますが、シュートはGK21がセーブ。直後にも、フロンターレ、平内から右へ展開。折り返しがエリア内へ入ると、奥田がシュートを打ちますが、これは右へ。

 

12分には、さらに林のフィードに、恩田が反応、右サイドの高い位置へ。折り返しに正面へ奥田が迫りますが、恩田がオフサイドだったとの判定。長いボールもまじえ、揺さぶっていきます。

 

フロンターレは13分、佐々木に代わり26陶山響、奥田に代わり40木村重成、林に代わり24ペイシェンス海翔。木村が前線に入り、新堀が平内、藤井とともに中盤へ。

 

攻めの手を緩めないフロンターレ、15分には、ステンパーのスルーパスに木村がエリア内へ。1対1となりますが、GK21がこれを止める好守。さらに拾ったステンパーのパスに、またも木村が抜け出し、シュートを打ちますが、21がまたもセーブ。点差がついても試合を引き締まったものにしていきます。

 

しかし、次の1点もフロンターレへ。テンポよくボールを回し、平内が高い位置へ。スルーパスに抜け出したのはまたもや木村。エリア右でシュートを打つとボールはゴールのなかへ。7-0。

 

フロンターレはさらに陶山が前に持ち上がり、その浮き球のパスにステンパーが斜めにエリア内へ向かう動きを見せるなど、ゴールに迫っていきます。

 

アントラーズノルテもクロスを入れる場面をつくっていきますが、井澤がしっかりセーブしてシュートは打たせず。

 

24分には、フロンターレ、恩田のパスに右へ開いた木村が斜めにエリア内へ仕掛けてシュート。これはGK21がセーブし右コーナーキックに。ここでフロンターレはステンパーに代わり37山田留偉。

 

コーナーキック、平塚がゴールへ向かうボールを入れると、遠いサイド、押し込んだのは木村。8-0。フロンターレがさらに突き放していきます。

 

フロンターレはここで平塚に代わり28榎本司、楠田に代わり29佐藤壱隆。

 

31分にはフロンターレ、陶山が高い位置へ上がりスルーパス。エリア左へ木村が抜け出すもGK21がクリア。

 

フロンターレはさらに榎本が機を見て高い位置をうかがい、藤井や新堀、平内がうまく間でボールを動かしながらゴールを狙いに。32分には、アントラーズノルテのGK21がボールをエリア内で処理しようとしたところ、木村がプレスをかけ、あわやという場面をつくるなど、前線からの守備でも迫っていきます。

 

33分には右サイドからの攻めに。クロスを入れると遠いサイド、山田が飛び込みますがこれは左に。

 

直後には、アントラーズノルテ、15が仕掛けてエリア右へ。シュートは藤井がブロックし、右コーナーキックに。25が右足で入れたボール、アントラーズノルテは合わせますが、ライン上で榎本がクリアする好守でしのいでいきます。

 

フロンターレはさらにセカンドボールを多くものに。下がり目で前を向いた木村が山田を高い位置へ走らせていくなど、相手陣内で時間をつくっていきます。

 

35分には、恩田のスルーパスに、山田がエリア左へ。シュートはGK21がセーブ。

 

試合はまもなくタイムアップとなり、8-0。プレーのひとつひとつへのこだわりを感じさせられるかたちで、フロンターレは勝利をおさめました。

 

前半5-0 後半3-0 計8-0

 

得点:林駿佑、藤井漣祐、ステンパールカ大翔2、小野口天、オウンゴール、木村重成2

 

 

フロンターレの先発:21松澤成音、34平塚隼人、35楠田遥希、25林駿佑、30佐々木雄基、32藤井漣祐、41小野口天、42恩田裕太郎、39ステンパールカ大翔、10奥田悠真、38新堀翔

 

交代:松澤→33井澤明己 小野口→36平内一聖 林→24ペイシェンス海翔

奥田→40木村重成 佐々木→26陶山響 ステンパー→37山田留偉

平塚→28榎本司 楠田→29佐藤壱隆

 

(文中敬称略)

 

試合を前にした選手たち
松澤成音選手

松澤成音選手
楠田遥希選手
林駿佑選手
恩田裕太郎選手
小野口天選手
佐々木雄基選手
奥田悠真選手
ステンパールカ大翔選手

林駿佑選手が決めてフロンターレが先制

佐々木雄基選手
藤井漣祐選手
ステンパールカ大翔選手
ステンパールカ大翔選手
恩田裕太郎選手がシュート
楠田遥希選手
平塚隼人選手
新堀翔選手
平塚隼人選手
ステンパールカ大翔選手
飲水タイムへ
恩田裕太郎選手
藤井漣祐選手が決めて2-0

ステンパールカ大翔選手
松澤成音選手
楠田遥希選手
平塚隼人選手
新堀翔選手
奥田悠真選手
佐々木雄基選手
ステンパールカ大翔選手

3-0に

いち
小野口天選手もゴールを決める

平塚隼人選手
恩田裕太郎選手が抜け出す
オウンゴールで5-0

井澤明己選手
木村重成選手
佐藤壱隆選手
榎本司選手
平内一聖選手
山田留偉選手
ペイシェンス海翔選手

井澤明己選手
平内一聖選手
恩田裕太郎選手
ステンパールカ大翔選手が決め、6-0
藤井漣祐選手
新堀翔選手
平塚隼人選手
井澤明己選手
林駿佑選手
林駿佑選手
平内一聖選手
奥田悠真選手

林駿佑選手
陶山響選手
木村重成選手

木村重成選手
新堀翔選手
木村重成選手がシュート
7-0となる

ペイシェンス海翔選手
藤井漣祐選手
恩田裕太郎選手

木村重成選手が決め、8-0

榎本司選手
佐藤壱隆選手

陶山響選手
井澤明己選手

榎本司選手がクリア
ペイシェンス海翔選手
佐藤壱隆選手
山田留偉選手
8-0で勝利をおさめた
練習試合に出場した斎藤准也選手
練習試合にも出場した平内一聖選手
練習試合にも出場した佐藤壱隆選手
練習試合にも榎本司選手
斎藤准也選手

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です