フロンターレU12 – 8ブロック選抜 / 練習試合


1月に入り、6日の初蹴りを経て、フロンターレアカデミーの新たなシーズンへ向けての活動が始まっています。

1月14日は、等々力第一サッカー場では、川崎フロンターレU-12の五年生たちが、東京都の8ブロック選抜との練習試合に臨みました。



【川崎フロンターレU-12 練習試合 vs 8ブロック選抜】

1月14日(土) 午後0時14分キックオフ 等々力第一サッカー場 雨 15分×5 8人制


15分5本行われた練習試合。

1本目、フロンターレは、GK21酒寄壮、最終ラインは右から23土本琉斗、18新堀隼、15望月輝夢、中央に29時松隼跳、右にキャプテンの22志田龍彦、左に27渋谷昇汰、前線には14吉澤映杜。



冷たい雨がしとしとと降るあいにくのお天気。それでも、多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。


立ち上がり、テンポよくパス交換を繰り返し、前に出ていくのはフロンターレ。最終ラインの新堀隼も流れの中から前に出ていくなど、流動的に位置を入れ替えながら、ゴールに迫る場面をつくっていきます。

2分には、エリア外正面、志田がミドルシュート。枠はとらえられませんでしたが、ちゃんすをつくっていきます。

3分には、8ブロック選抜も11がボールをカット。エリア外左に抜け出すと、フロンターレにファールがあり、フリーキックに。

キッカーの11は右足で直接狙いますが、わくはとらえられず。


ふたたび、ボールを保持するフロンターレは、吉澤が右サイドに流れ、ボールをおさめると、志田や土本がそれを追い越し、厚みのある攻めを見せていきます。

5分には、時松が右サイドに開いて受け、エリア右への仕掛け。ゴール正面に折り返すと、吉澤がシュート。これが決まり、1-0。

フロンターレが、ゴールをものにします。


直後には、新堀隼が自陣から一気にエリア正面へ。シュートをGK2がはじいたところ、詰めた吉澤が押し込みますが、オフサイド。


一方の8ブロック選抜も、コンパクトな守りから、ボールを奪うと、正面の14につなげていきますが、志田が奪い返す好守。


9分には、8ブロック選抜、左サイドで11がボールをカット。うまく正面へパスを通し、17がループシュートで狙いますが、枠はとらえられず。

さらに12が左サイドでボールをカット。エリア左を突くパスを出していきますが、酒寄がエリア外に飛び出して、カバーする好守でしのいでいきます。



ふたたび、間に選手それぞれが顔を出し、ボールを出し入れしながら、前に出ていくフロンターレ。

奪われても、時松や志田が中へ寄って奪い返し、望月が出足の良さを見せ、ボールをカットするなどしていきます。

11分には、望月が自陣でカット。そこから吉澤へ。吉澤から正面やや右、志田につながり、志田はエリア正面やや右へ。シュートを打つっも左へ。


さらに中央やや右寄り、志田のパスに、望月がエリア内へ。ボールは足につかず、シュートにこそ持ち込めませんでしたが、意欲的な攻撃参加でゴールを狙っていきます。



13分には、中央の時松から右サイド、志田へ。志田のパスに、吉澤が正面へ抜け出しますが、シュートはGK2がセーブ。


15分には、エリア正面、うまく間で受けた渋谷が切り返し、シュート。GK2はセーブするも、こぼれ球を吉澤が決めて、2-0に。

直後には、右に開いた土本のパスに、エリア正面へ新堀隼が飛び出しますが、8ブロック選抜の守りが阻み、シュートにはつながらず。


1本目は2-0でタイムアップとなります。



2本目、フロンターレはGK19中島嵩登、最終ラインは右から18新堀隼、29時松隼跳、15望月輝夢、中央に14吉澤映杜、右にキャプテンの22志田龍彦、左に25永田怜大、前線には28我妻光。


1分には8ブロック選抜、中央の21から左へパスが通り、13がエリア左へ。しかし、フロンターレは粘り強い守りを見せ、しのいでいきます。

テンポよくうまくスペースに飛び出して、ボールを受けながら、前に出ていくフロンターレ。

3分には、左コーナーキックを得ると、永田が右足で遠いサイドへ入れたボール、吉澤がボレーシュートを打ちますが、枠はとらえられず。


フロンターレは、奪われても、望月がカバー。そこからふたたび攻めに転じ、右サイドで志田、我妻がかかわる一方で、吉澤がエリア正面へ、また、永田も斜めに正面への動き出しを見せるなどして、迫っていきます。


5分には、エリア外正面、我妻がミドルシュートを打ちますが、GKがセーブ。

さらに7分には、うまく間で我妻が受け、後ろにボールを戻すと、エリア外から望月が狙いますが、わずかに左。


8分には、右コーナーキック、新堀隼が右足でボールを入れると、こぼれ球を拾い、ボールは正面の永田へ。永田は切り返してシュート。左にそれていきましたが、畳みかけていきます。


9分には、エリア外正面やや右で志田がファールを受け、フリーキックに。

キッカーの志田は右足で直接狙いましたが、わずかに上。



後ろから丁寧にボールを動かしていこうとする8ブロック選抜に対して、前から連動し、追っていくフロンターレは、うまくマイボールにし、そこから攻めにつなげていきます。

11分には、エリア外正面で我妻、吉澤の連係から奪い取ると、最後は志田がエリア右へ。シュートを打ちますが、右へ。


さらに中央へ寄った志田が前を向き、左へ。左サイド、永田が長い距離を走り、ボールをおさめると、前に持ち込む姿勢を見せ、エリア内へパスを出しますが、シュートにはつながらず。

直後にも、中央、下がり目のスペースで吉澤がボールを受け、その右サイドを突くパスに、新堀隼が動き出すなど、両サイドを使い、オーバーラップを見せながら、フロンターレは前へ出ていきます。


12分には、中央の吉澤のパスに、我妻がエリア正面へ。シュートを打つとこれが決まり、1-0。


中央で時松や志田らがかかわり、奪われても、切り替えの速さから奪い返していくフロンターレ。

ボールを保持する姿勢を見せていくと、14分には、中央の志田から左へパスが通り、エリア外左、永田が速いターンからミドルシュート。GKが見送るかたちで、ゴールネットを揺らし、2-0。

2本目は2-0でタイムアップとなります。



3本目、フロンターレはGK21酒寄壮、最終ラインは右から23土本琉斗、28我妻光、キャプテンの22志田龍彦、中央に15望月輝夢、右に18新堀隼、左に25永田怜大、前線には27渋谷昇汰。

相変わらず地面を濡らす雨のなか、前に出ていくのはフロンターレ。間にボールを差し込み、パス交換から前に出ていく姿勢を見せていきます。

2分には、正面、うまく間で受けた渋谷がシュートを打つとこれが決まり、1-0。

直後には、エリア正面やや右、うまく間で受けたのは新堀隼。速い振りでミドルシュートを打つと、ゴールネットが揺れ、2-0。


立て続けにゴールをものにします。


3分には、8ブロック選抜、13がエリア右へ抜け出しますが、シュートは酒寄がセーブ。


前からプレスをかけていく8ブロック選抜に対し、うまくボールをキープしながら、前にパスを通し、フロンターレは攻撃へつなげていきます。

4分には、新堀から左の渋谷、渋谷から中央、下がり目の我妻とつながり、我妻から受けた土本がエリア外右へ。仕掛けてシュートを打ちますが、ワンタッチあり、右へ。


5分には8ブロック選抜、ボールを奪い、右サイドを突くパスに、13が飛び出しますが、我妻がカバー。


7分にはさらに8ブロック選抜、中央からパスをつなげていきますが、土本がしぼってカット。そのパスに、新堀隼が正面へ。

シュートを打ちますが、ワンタッチあり、決まらず。


コーナーキックをしのぎ、そこから攻めに持ち込もうとしていく8ブロック選抜に対し、我妻がカバーし、そこからふたたびボールを保持していくフロンターレ。

8分には、8ブロック選抜、22が正面へ迫りますが、志田、我妻がカバー、ふたたびマイボールに。

さらに中央で望月がボールをカット、新堀隼へ預け、パス交換から前へ出ようとするなど、守備から攻撃への切り替えの速さを見せていきます。

10分には、中央でボールをカットした志田が、エリア外正面へ。ミドルシュートを打つと、これが決まり、3-0。


11分には、8ブロック選抜、左サイドを突くパスに、11が抜け出しますが、我妻が粘り強くカバー。

さらに正面やや右へパスが通り、22がエリア正面右へ。シュートを打ちますが、酒寄が足で止める好セーブ。守備でもいい場面を見せていきます。


13分には、フロンターレ、正面やや下がり目の新堀隼から、土本につながり、正面やや右で土本はループシュート。しかし、クロスバー。

14分には、左サイドからゴール前にパスが通り、これに反応したのは新堀隼。阻もうとしたGK1よりもわずかに先にさわり、ボールはゴールのなかへ。4-0。


さらにフロンターレは、右サイド、開いた土本が仕掛けて折り返し、また、正面で志田がわずかに右へそれるミドルシュートを打つなど、ゴールに迫る場面をつくっていきます。


3本目は4-0でタイムアップとなりました。




4本目、フロンターレはGK19中島嵩登、最終ラインは23土本琉斗、14吉澤映杜、中盤に20笠倉蓮央、29時松隼跳、右に27渋谷昇汰、左に25永田怜大、前線には26北田章将。

時松や笠倉が中央でかかわって、前に出ていくフロンターレ。相手ボール時には、北田が前からプレスをかけにいくなどしていきます。

2分には、時松の裏を突くパスに、正面やや左へ抜け出したのは永田。ふわりと浮かせたループシュートを打つと、これが決まり、1-0。

見事な連係と、最後のところでの個の力で得点をものにします。


相手にカットされても、中央で時松、笠倉、さらには渋谷もカバーし、そこから取り返していくフロンターレ。


笠倉から渋谷、渋谷からGKの中島、中島から吉澤とつながり、時松に預けた吉澤が前線へ顔を出すなど、位置を流動的に入れ替えながら、前に出ていき、下がり目で受けた北田のパスに、永田が左サイドの高い位置へ上がっていくなどしていきます。

8分には、中央、時松がうまく前に持ち出し、そのパスに渋谷が正面やや右へ。切り返してシュートを打ちますが、GK1がセーブ。

9分には、8ブロック選抜。正面やや右で5がカット。そのパスに、14がエリア内へ。決定的な場面でしたが、シュートは上。


10分には、フロンターレ、中央を吉澤が持ち上がり、そのパスに時松がエリア外正面へ。狭いところを持ち出して、ミドルシュート。しかし、上に。

11分には、中央で笠倉がカット。左サイド、永田へ預けると、永田のパスにエリア内へ抜け出しますが、惜しくも足にボールが付かず。

それでも、いい連係を見せていきます。


前に浮き球を入れ、前に出ていこうとする8ブロック選抜に対して、土本がしっかりつながるようなかたちで対応するなどし、そこからふたたびフロンターレは前へ出ていきます。

12分には、吉澤が、右サイド、渋谷へ預け、エリア右へ。ニアを狙いシュートを打ちますが、GK1がセーブ。


フロンターレは、さらに右サイド、渋谷から間で笠倉がうまく受けて、左サイド、オーバーラップした永田につなげ、両サイドを使いながら、ゴールを目指していきます。

13分には、正面、笠倉が前へ仕掛け、右コーナーキックに。

笠倉が左足でボールを入れると、正面でこぼれ球に詰めた永田が、ミドルシュート。GK1がセーブ。


直後には、正面で受けた渋谷がボールをキープ。リターンを受けた土本がミドルシュートを打ちますが、上に。


4本目は1-0でタイムアップとなります。



5本目、フロンターレはGK21酒寄壮、最終ラインは29時松隼跳、15望月輝夢、中盤はキャプテンの22志田龍彦、28我妻光、右に18新堀隼、左に25永田怜大、前線には14吉澤映杜。

だんだんと雨脚が弱まるなか、立ち上がりにはフロンターレ、自陣の中央、時松が持ち上がり、縦パスを出すと、正面の志田はスルー。右サイドから斜めの動き出しで正面やや右へ抜け出したのは、吉澤。

シュートは、左にそれましたが、テンポよく、つながり、いい連係を見せていきます。

3分には、右サイド、うまく間で新堀隼が受け、エリア内へボールを送ると、吉澤が倒れ込みながらもシュート。これが決まり、1-0。


さらに最終ライン、望月から時松とつながり、時松からやや下がり目で受けた吉澤が、エリア前にパスを出すと、我妻が飛び出しますが、惜しくもシュートまでは行けず。


フロンターレは、テンポよくパス交換から前に出る動きを続けていき、位置を入れ替えながら、ボールを動かしていきます。


8ブロック選抜も、5分には、GK24が左サイドを突く正確な浮き球を出すと、13が抜け出しますが、望月がカバー。


さらに浮き球を入れ、前へ出ようとする8ブロック選抜に対して、しっかり自分たちのボールになるようなかたちでフロンターレは対応していきます。

7分には、望月のパスを、正面で吉澤が受け、そのパスに、永田がエリア左へ。シュートを打つも、ワンタッチあり、決まらず。

さらに酒寄も組み立てに加わり、下がり目に吉澤が顔を出すなどしながら、前へ出ていくフロンターレ。

8ブロック選抜の、速い縦パスに対しては、時松が出足よくボールをカットするなどしていきます。


11分には、新堀隼に代わり26北田章将、我妻に代わり20笠倉蓮央、笠倉と時松が中盤、志田が最終ラインへ。


12分には、志田が最終ラインから前へ持ち上がり、左へパス。永田へつながり、永田の正面へのパスを受けたのは時松。

うまく間でおさめ、ミドルシュートを打つと、これが決まり、2-0に。


直後には、自陣で望月がボールをカット。そのまま、一気にエリア内へ。シュートを打ちますが、GK24が好セーブ。

13分には、左サイドで永田がカット。正面の吉澤へつながり、吉澤が後ろへ戻すと、笠倉がミドルシュートを打ちますが、上に。


さらに志田が中央を持ち上がり、左サイドを突くパス。抜け出した永田が、角度のないところからシュートを打ちますが、ここでもGK24が好セーブb。


さらに中央、吉澤が左サイドを突くパスを出すと、攻撃参加していた時松がシュート。GK24がここでもセーブ。

得点とはなりませんでしたが、見事な連係をここでも見せていきます。

5本目はタイムアップとなり、2-0。


この日の練習試合が終わりました。


U-12の選手として、最後のシーズンを迎える選手たち。

さまざまなポジションでピッチに立ち、攻守に大きな可能性を感じさせられるプレーを見せたことが、とても印象に残りました。


2023年、どんなサッカーを見せ、どんなチームになっていくのかあ、どんな選手になっていくのか、とても楽しみにしています。


①2-0
1本目のフロンターレのメンバー:21酒寄壮 23土本琉斗 18新堀隼 15望月輝夢 29時松隼跳 22志田龍彦(c) 27渋谷昇汰 14吉澤映杜

得点:吉澤映杜2

②2-0
2本目のフロンターレのメンバー:19中島嵩登 18新堀隼 29時松隼跳 15望月輝夢 14吉澤映杜 22志田龍彦(c) 25永田怜大 28我妻光

得点:我妻光 永田怜大

③4-0
3本目のフロンターレのメンバー:21酒寄壮 23土本琉斗 28我妻光 22志田龍彦(c) 15望月輝夢 18新堀隼 25永田怜大 27渋谷昇汰

得点:渋谷昇汰 新堀隼2 志田龍彦

④1-0
4本目のフロンターレのメンバー:19中島嵩登 23土本琉斗 14吉澤映杜 20笠倉蓮央 29時松隼跳 27渋谷昇汰 25永田怜大 26北田章将

得点:永田怜大 

⑤2-0
5本目のフロンターレのメンバー:21酒寄壮 29時松隼跳 15望月輝夢 22志田龍彦(c) 28我妻光 18新堀隼 25永田怜大 14吉澤映杜

交代:新堀隼→26北田章将 我妻→20笠倉蓮央

得点:吉澤映杜 時松隼跳

(文中敬称略)



この記事は、フロンターレに取材をお願いし、書かせていただきました。

 

試合を前にした選手たち
望月輝夢選手
酒寄壮選手
望月輝夢選手
時松隼跳選手
酒寄壮選手
志田龍彦選手
渋谷昇汰選手
望月輝夢選手、土本琉斗選手、新堀隼選手

酒寄壮選手
新堀隼選手

渋谷昇汰選手
志田龍彦選手
新堀隼選手
望月輝夢選手
時松隼跳選手
時松隼跳選手
土本琉斗選手
土本琉斗選手
吉澤映杜選手

土本琉斗選手
中島嵩登選手
中島嵩登選手
時松隼跳選手
志田龍彦選手

吉澤映杜選手

志田龍彦選手
我妻光選手
吉澤映杜選手

志田龍彦選手
我妻光選手
永田怜大選手

我妻光選手
吉澤映杜選手

我妻光選手

志田龍彦選手
我妻光選手
永田怜大選手
土本琉斗選手
酒寄壮選手
望月輝夢選手
望月輝夢選手
我妻光選手
渋谷昇汰選手
土本琉斗選手
志田龍彦選手
酒寄壮選手

新堀隼選手
望月輝夢選手
中島嵩登選手
永田怜大選手
土本琉斗選手
中島嵩登選手

永田怜大選手

笠倉蓮央選手
吉澤映杜選手
吉澤映杜選手
永田怜大選手
吉澤映杜選手
土本琉斗選手
笠倉蓮央選手
渋谷昇汰選手
志田龍彦選手
時松隼跳選手

望月輝夢選手

我妻光選手

永田怜大選手
望月輝夢選手
時松隼跳選手
永田怜大選手
酒寄壮選手
志田龍彦選手
時松隼跳選手

北田章将選手
北田章将選手
永田怜大選手

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です